気力

メンタルを鍛える
30の方法

読んだ お気に入り6
4

メンタルを鍛えるなら、
できるだけ好きなことに打ち込むのが近道。

メンタルを鍛えるなら、できるだけ好きなことに打ち込むのが近道。 | メンタルを鍛える30の方法

メンタルを鍛えるなら、できるだけ好きなことを選びましょう。

嫌いなことより好きなことに取り組んだほうが、スムーズにメンタルトレーニングができます。

 

たとえば、我慢に関して2つのパターンがあるとします。

  1. 嫌いなことで我慢
  1. 好きなことで我慢

同じ我慢でも、それぞれ感じ方が違います。

ストレスに耐えやすいのは、好きなことです。

嫌いなことは最初から心理的な抵抗があるので、心の摩擦が生まれやすい状態です。

小さな我慢でも、大きなストレスに感じます。

なかなかやる気が出にくい上、疲れも感じやすい。

もちろんこれらもメンタルを鍛える意味では有効ですが、あまりエネルギーの消耗が激しいと、挫折も早くなります。

ずっと嫌いなことばかり接していると、心理的抵抗は悪化する一方になります。

最終的に見るのも聞くのも触れるのも嫌になるのです。

 

一方、好きなことは違います。

好きなことは、自分との相性がいいため、ストレスにも耐えやすくなります。

最初から興味関心があるので、努力しなくても、自然と気力が出ます。

好きなことだからこそ、集中力も忍耐力も根気も発揮しやすくなり、ストレスに耐えやすくなる。

時にはストレスさえ、快感になるときがあります。

ストレスに耐えやすくなるから、メンタルもしっかり鍛えやすくなるのです。

メンタルを鍛えるなら、嫌いなことより好きなことに打ち込むのが得策です。

しかも、できるだけ大好きなことに打ち込むことです。

自由に仕事の種類を選べない状況もありますが、できるだけ調整してみてください。

まとめ

メンタルを鍛える方法 その4
  • 打ち込むなら、できるだけ嫌いなことより好きなことを選ぶ。
体を鍛えることは、メンタルも鍛えること。
丈夫な体から、強いメンタルが生まれる。

もくじ
メンタルを鍛える30の方法
メンタルを鍛えるなら、できるだけ好きなことに打ち込むのが近道。 | メンタルを鍛える30の方法

  1. メンタルとは何か。
  2. メンタルトレーニングの基本は、今この瞬間に集中すること。
  3. 慣れるにつれて、集中できる時間を長くしていく。
  4. メンタルを鍛えるなら、できるだけ好きなことに打ち込むのが近道。
  5. 体を鍛えることは、メンタルも鍛えること。
    丈夫な体から、強いメンタルが生まれる。
  6. 基本を淡々と続けることも、立派なメンタルトレーニング。
  7. いきなり難しすぎることに挑戦すると、挫折を招く。
  8. 支えになる言葉を読むだけで、メンタルが鍛えられる。
  9. 「私ならできる」と言い聞かせる。
    暗示には、潜在的な力の発揮を促す効果がある。
  10. 何事も前向きに考えるプラス思考を身につける。
  11. 悪い結果を責任転嫁する癖があるかぎり、メンタルは強くならない。
  12. 調子に乗っているタイミングを見逃すな。
  13. メンタルの成長は、きれいな直線を描かない。
  14. 「練習だから」という一言を、逃げ口にしていないか。
  15. 困難を乗り越える作品を見て、前向きな刺激を受ける。
  16. 自分の手柄を人に譲ることで、メンタルを鍛える。
  17. ストレッチ体操には、不安定なメンタルを正常に戻す効果がある。
  18. 自律神経のバランスが、メンタルのバランスになる。
  19. 結果を期待しすぎると、メンタルが不安定になる。
  20. 人からの評価を気にしない。
  21. 大舞台は、一気にメンタルを鍛えるチャンス。
    大舞台でしか鍛えることができないメンタルもある。
  22. 「私は運がいい」と思うだけで、心は強くなる。
  23. メンタルの強さには、上限がない。
  24. メンタルトレーニングに想像力を生かすと、成功への近道になる。
  25. 回転寿司店は、メンタルを鍛えることができるトレーニング場。
  26. 追い詰められたとき、開き直ると、底力が出る。
  27. 横柄や自分勝手は、強い心と似て非なるもの。
  28. 何事も、メンタルを鍛える修行。
  29. メンタルトレーニングをサボると、どうなるのか。
  30. メンタルを鍛えてからが、新しいスタートの始まり。

同じカテゴリーの作品