人生の教科書



気力

テンションを上げる
30の方法

  • テンションを上げるのは、
    運や偶然に任せるものではない。
テンションを上げる30の方法

もくじ

1
★5

テンションを上げるのは、運や偶然に任せるものではない。

テンションを上げる方法と聞けば、運や偶然に任せるようなイメージを持たれがちです。 たまたま天気がよくて、テンションが上がった。 おみくじを引いたら「大吉」が出たので、嬉しくなった。 人から言われた褒め言葉で、気持ちが舞い上がった。 日常の予期しないタイミングでテンションが上がることが多いため、運や偶然による影響と思われやすい。 もちろん日常生活の中で、偶然テンションが上がることもありますが、それがすべてではありません。 テンションは、自分の意思で上げることが可能です。 むしろテンションとは本来、運や偶然に任せて上げるものではなく、自分の意思で上げるべきもの。 テンションは、自分の内側から発生しているものですから、自分でコントロールすることが可能です。 テンションを上げたいときに上げることができれば、これからの人生は楽しい時間が待っているでしょう。 自分の意思でどんどんテンションを上げていきましょう。 物事に取り組むとき、テンションが低い状態より高い状態のほうが、成功率も達成率も高くなります。 たとえば、自分の好きなことに取り組めば、自然とテンションを上げることができるでしょう。 テンションが上がるような方法を自ら実践して、気分を高めることができます。 さあ、積極的にテンションを上げていきましょう。 その気になれば、今からテンションを上げることも可能です。 「いつも元気だね」「いつも明るいね」と言われる人を目指そうではありませんか。 テンションは、運や偶然に任せるより、積極的に自分の意思で上げていく。

2
★2

きちんと食事をとることが、テンションを上げる大前提。

テンションを上げたければ、まず元となるパワーが必要です。 そのパワーはどこから取り入れるかというと、やはり食事です。 おなかがすいた状態で気分を高め、エネルギッシュに動き回るのはなかなか難しい。 空腹状態では、やる気も集中力も根気も出にくくなり、本来の力すら発揮できません。 体力も精神力も、その根源は食事からとるエネルギーです。 どんなに鍛えた肉体や心があっても、その元になる食事がなければ、力も強さも発揮できません。 腹ごしらえを省略しないことです。 テンションを上げたければ、まずきちんと食事をとっておくことが大切です。 私たちは、食べた食事からエネルギーを摂取して、さまざまな力に変換しています。 気力・体力・精神力。 やる気・根気・元気。 きちんと食事をとっておくことで、テンションを上げるための下準備が整います。 下準備が整っているからこそ、テンションを上げたい場面で、うまく上げることができるようになる。 特に大切なのが、朝食です。 1日の最初に食べる食事は、特に価値が高い。 朝にきちんと食事をとると、日中全体の活動によい影響を及ぼします。 おいしい食事を食べるからこそ「やるぞ。今日も頑張ろう!」という気持ちにつながり、スタートダッシュができます。 もちろん食べ過ぎには注意が必要ですが、目安としては、6割から8割くらいがいいでしょう。 きちんと食事をとることが、テンションを上げる大前提です。 まずきちんと食事をとっておく。

3
★0

テンションを上げる方法は、人によって異なる。

「これをすれば、必ずテンションが上がる」 そんな方法はあるのでしょうか。 実のところ、テンションを上げる方法は、人によって異なります。 コーヒーを飲むとテンションが上がるという人もいるでしょう。 一方でコーヒーが苦手な人なら、コーヒーを飲んでも効果は乏しいはずです。 かえって体調を崩してしまうかもしれません。 100メートルを全力疾走すると、テンションが上がるという人もいるでしょう。 一方で低血圧の人にとって100メートルの全力疾走は、体質に合わない人もいるはずです。 かえって気分を悪くさせることもあるはずです。 効果の有無や大小は、個人差があります。 大切なことは、自分に合った方法を見つけておくということです。 自分に合った方法は、誰かが教えてくれるわけではなく、自分で見つけるしかありません。 最初はえり好みせず、宝物を探すような気持ちで、さまざまな方法を試してみることが大切です。 探し続けていれば「これは自分にとって効果的」と実感できる方法が見つかります。 自分に合った方法を見つけることができれば、強力な武器を手に入れたようなもの。 テンションが上がる方法を組み合わせれば、相乗効果によってさらに効果が高まるでしょう。 いつでも方法を試すことで、自分のパワーを最大限に発揮しやすくなります。 自分に合った方法を見つけ、上手に取り入れることが大切です。 テンションを上げる、自分なりの方法を見つけておく。

4
★3

テンションを上げることによる、3つの効果。

テンションを上げると、どんな効果があるのでしょうか。 テンションを上げることによる効果について確認していきましょう。 (効果1)実力を発揮しやすくなる テンションを上げておくメリットは、実力を発揮しやすくなる点です。 たとえば、仕事に取り組む前にテンションを上げておくと、気持ちが引き締まって、気合が入ります。 集中力や注意力が高まる。 やる気や根気が出やすくなる。 肉体的にも力が入りやすくなります。 心身の状態が強化されることで、本来の実力を発揮しやすくなり、仕事の質を高める効果があります。 テンションを極限まで高めれば、時には実力以上の力を発揮することも可能になります。 (効果2)仕事がスムーズかつ効率的になる テンションは、低い状態より高い状態のほうが、心と体の状態が強化されます。 テンションを上げることで、一時的に気力・体力・精神力が向上する。 自分の能力が活性化され高まると、必然的に仕事の進み具合も早くなります。 結果として仕事がスムーズになり、効率もよくなります。 時間対効果を上げるなら、テンションを上げるのがうってつけです。 (効果3)物事を楽しく取り組めるようになる テンションを上げると、物事を楽しく取り組めるようになります。 たとえば、勉強です。 勉強に取り組むとき、テンションが低い状態より高い状態のほうが、より楽しく感じるでしょう。 試験に合格して喜んでいる場面を思い浮かべながら勉強すると、わくわくしながら勉強ができます。 「今取り組んでいることには意味がある」と分かれば、勉強も、娯楽のように楽しみながら取り組めるでしょう。 テンションを上げる効果を確認する。

5
★7

テンションを上げる最もシンプルな方法は、興味関心のあることに取り組むこと。

テンションを上げる最もシンプルな方法があります。 興味関心のあることに取り組むことです。 興味関心のあることは、それに触れること自体が喜びであり楽しみです。 もともと心が強く引かれることに取り組めると分かれば、それだけで嬉しくなり、自然とテンションが上がります。 冒険をするような気持ちになり、胸の鼓動が高鳴り、心がわくわくしてくるでしょう。 むしろテンションを上げないように抑えるほうが難しい。 テンションの上がり方は、何をするかで決まります。 テンションを上げる工夫も大切ですが、まず興味関心のあることに触れるほうが、方法としてはシンプルです。 自然と胸の鼓動が高鳴り、エンジンがかかった状態で取り組めるはずです。 あなたにとって興味関心のあることは何ですか。 テンションを上げたければ、まず興味関心のあることに取り組みましょう。 興味のある本を読む。 見たい映画を鑑賞する。 行きたい場所に行く。 やりたい仕事に取り組む。 好きな人に電話をする。 お気に入りの場所に行く。 どきどきする胸の鼓動を抑えないでください。 素直にどきどきして、好きなことに飛び込んでいきましょう。 今すぐ至福の時間を過ごせるでしょう。 興味関心のあることに取り組む。

6
★4

まず小さな仕事を1つ終わらせる。

テンションを上げるために、まず小さな仕事を1つ終わらせましょう。 最初から大きな仕事に取り組むと、終わるまでに多大な時間や労力が必要です。 仕事を始める前から「大変そうだ」「つらい」「逃げ出したい」などストレスを感じ、憂鬱な気分になるでしょう。 今日中に終わらない仕事かもしれません。 ひどいと、数日では終わらないこともあるでしょう。 これでは、テンションが上がるどころか、下がってしまいます。 仕方ない状況もありますが、長丁場になる仕事から取り組むのは注意が必要です。 最初は小さな仕事から取り組みましょう。 米粒のような小さな仕事でかまいません。 仕事と呼ぶほどでもない、ささいな雑用でもいい。 気合も集中も必要なく、着手してすぐ終わるような小さな仕事が最適です。 小さな仕事なら、今すぐ動き始めることができるはずです。 「よし。終わった!」 小さな仕事が1つ終われば、達成感が得られます。 もちろん大きな仕事ほど、大きな達成感を得られますが、小さな達成感でも十分強い。 小さな仕事でも、終わったときの達成感はやはり快感です。 誰かに認められ、褒められたような感覚が得られ、心がうきうき弾みます。 もし仕事が長丁場になると分かっているなら、取り組む順番を工夫します。 たとえば、大きな仕事を取り組む前に、わざとごみ掃除のような小さな仕事を挟むと、達成感を得やすくなるでしょう。 達成感が得られるとテンションは上がり、気持ちよく次の仕事に移れます。 まず小さな仕事を1つ終わらせて、達成感を得る。

7
★10

とにかく行動を始めることで、テンションは上がる。

テンションを上げたければ、とにかく行動を始めることです。 元気もやる気がなくてもかまいません。 体がだるくて大いに結構。 面倒に感じても、自分に鞭を打ち、最初に一歩を踏み出しましょう。 テンションが上がってから行動するのではありません。 行動するから、テンションも上がるのです。 行動すること自体が、テンションを上げる起爆剤です。 とにかく体を動かせば、現実に変化が生まれ、気持ちに刺激が加わります。 五感から刺激を受けるようになり、意識がはっきりしてくる。 気が乗らなくても、体を動かしていくうちに、だんだん気持ちが盛り上がっていきます。 じわじわ元気・やる気・集中力が出てくる。 その結果、テンションも上がるのです。 テンションが低いときほど、最初の行動が一番大変です。 重い腰を上げるのは、大きなパワーが必要です。 逆に考えると、最初の面倒さえ乗り越えられれば、後は楽になります。 自動的に体が動き始め、心が温まっていきます。 気づけば、テンションも上がっているでしょう。 「テンションとはそういうものだ」と思うことです。 勉強にせよ、スポーツにせよ、仕事にせよ、何でもそうです。 テンションが低くて悩んでいますか。 まず行動を始めましょう。 「テンションが低いからこそ、とりあえず行動」と思うくらいでちょうどいい。 とにかく行動を始めることで、自然とテンションは上がっていきます。 やる気がなくても、とにかく行動を始める。

8
★3

仕事を達成している姿を思い浮かべると、テンションが上がる。

テンションを上げるための最も健全な方法があります。 仕事を達成して、大喜びしている自分を想像することです。 あなたの夢は何ですか。 今あなたが歩んでいる道の先には、どんな光景が広がっていますか。 喜びと感謝に満ちた将来を想像しましょう。 たとえば仕事なら、大きな契約を取れ、上司から褒められている様子を想像します。 受験なら、合格通知を受け取り、親・先生・友達たちから祝ってもらっている様子を思い浮かべます。 スポーツなら、大事な試合で勝って、表彰台に上がって胸を張っている様子を思い浮かべます。 余裕があれば、1つの場面だけでなく、たくさんの場面を思い浮かべるといいでしょう。 仕事を達成して喜んでいる光景なら、どんな様子でもかまいません。 できるだけ音や色もある状態で、現実と見間違えてしまうほど生々しく想像するのがポイントです。 想像する光景が鮮明であればあるほど「絶対実現させたい!」という気持ちが強まります。 いてもたってもいられなくなる。 その瞬間、心に火がつき、ぐっとテンションが上がるのです。 想像力は人に備わっている、素晴らしい能力の1つです。 明るい未来を想像すれば、勇気が2倍になり、不安が半減します。 恐怖を吹き飛ばし、大胆になれます。 将来達成している自分を想像して、テンションを上げようではありませんか。 自由に想像しましょう。 想像は頭の中の世界ですから、誰かに盗み見される心配もありません。 思い浮かべたその光景が、いずれ現実になるのです。 仕事を達成して、大喜びしている自分を想像する。

9
★1

テンションが上がるから、スピードが出るのではない。
スピードを出すから、テンションが上がる。

テンションを上げたければ、スピードを意識しましょう。 少しアクセルを踏むイメージで、自分に適度な負荷を与えます。 テンションとスピードは相関関係があり、連動しています。 スピードを出すことは、テンションを上げる効果があります。 スピードを意識すると、速さに順応しようとして、脳が活性化されます。 五感が研ぎ澄まされ、集中力や注意力が向上する。 早く体を動かすことで、適度な興奮作用も生まれます。 心拍数が上がり、体温も上がり、いつも以上に力が入りやすくなる。 心と体を活性化させる効果が得られ、結果としてテンションも上がります。 スピードが速ければ速いほど、テンションも上がりやすくなります。 たとえば、本を書くときも、ゆっくりより早く書こうとするほうが、調子もアイデアも出やすくなります。 スピードによって脳が活性化されることで、直感やひらめきが生まれやすくなります。 もちろんスピードの出しすぎには注意が必要ですが、適度の範囲なら、あなたのテンションの向上に貢献するでしょう。 さて、早速今から取り組んでみませんか。 たとえば、今日の仕事を「少し早めに終わらせよう」と目標を立て、スピードを意識しながら取り組んでください。 あくまで「少し早めに」という点がポイントです。 頑張れば到達できそうな目標があると、現実的な感覚が得られ、テンションも上がりやすくなります。 「10分早く終わらせる」「3時間以内に終わらせる」など、具体的な数値を掲げた目標があればさらに効果的です。 テンションが上がるから、スピードが出るのではありません。 スピードを出すから、テンションが上がるのです。 スピードを意識する。

10
★1

ハイテンポの音楽は、テンションを上げる力がある。

テンションを上げるためには、音楽の力を借りるのも効果的です。 聴くと、自然と元気が出る音楽はありませんか。 明るくてリズムがよく、心地よい曲です。 音楽には、人の心に直接働きかける作用があります。 くよくよして落ち込んでいるとき、音楽から勇気をもらった人も多いのではないでしょうか。 もちろんテンションを上げるときも、音楽の力は効果的です。 特にハイテンポの音楽には、テンションを上げやすい効果があります。 ハイテンポの音楽を聴いているだけでも効果的です。 リズム感のいい音楽は、聴いているだけでも心が躍ってきます。 テンポに合わせて体を少し動かしてみると、音楽との一体感が得られ、ますますテンションが上がりやすくなるでしょう。 現代社会は、電子機器が発達しています。 スイッチを入れるだけで音楽が流れ始める電子機器があれば、テンションを上げやすい環境と言えます。 選曲しておき、テンションを上げたいときに活用するといいでしょう。 一般的にテンションを上げやすいテンポは、120から140BPM(Beats Per Minute)と言われています。 つまり、1分間の拍子が120回から140回ある音楽ということです。 迷ったときの目安にしてみるといいでしょう。 積極的なスイッチが入り、心の状態を上向きにさせてくれるでしょう。 ハイテンポの音楽を聴いて、心の状態を上向きにさせる。

11
★4

テンションに弱気は不要。
「必ずテンションを上げる」と強気になることが大切。

「テンションを上げることができるのだろうか」 テンションを上げようとするとき、不安が頭をよぎるかもしれません。 「本当にうまくいくのか分からない」 「かえってテンションを下げてしまうかもしれない」 「失敗したらどうしようか」 テンションを上げるためには、心をコントロールすることになります。 心は物ではなく、目に見えるものでもなく、不確かな印象があるのかもしれません。 どことなく自信がなかったり、弱気になったりすることもあるのではないでしょうか。 しかしテンションを上げるなら、弱気は不要です。 「テンションを上げることができるのだろうか」と弱気になっていると、本当にうまくいかなくなります。 火がつこうとしている心に水をかけることになり、冷やしてしまいます。 「テンションを上げることができるのだろうか」と思うのではありません。 「必ずテンションを上げる」と思いましょう。 根拠はなくていいのです。 とにかく「必ずテンションを上げる」と思い込むことが、テンションを上げるための基本であり王道です。 根拠はないが、とにかく「上げる」と言い切ってしまう。 「意地でもテンションを上げてやる」と思うくらいでちょうどいい。 自分の心は自分で温める。 強気になっていれば、それだけ心が熱くなり、テンションも上がりやすくなります。 「意地でもテンションを上げてやる」と思って、強気になる。

12
★7

テンションを上げる、魔法の一言。
「私の人生はどんどんよくなる」。

テンションを上げるための魔法の一言があります。 「私の人生はどんどんよくなる」です。 たった一言ですが、心に火をつける力は絶大です。 この一言を自分に言い聞かせるだけで、簡単にテンションを上げることができます。 もちろん「私の人生はどんどんよくなる」と思うだけでは不十分です。 自分の人生がどんどんよくなっている様子を想像しながら「私の人生はどんどんよくなる」と思うことが大切です。 想像力を働かせて、自分の人生がこれからどんどんよくなっている様子を想像してください。 知識が増え、博識になっていく。 能力が高くなり、成長していく。 さまざまな経験ができ、どんどん視野と見識が広がっていく。 友達との友情が深まって、ますます人付き合いがスムーズになる。 希望の進路に進み、新しい友達が増え、人生が豊かになっている様子を考えましょう。 たとえトラブルが続いていたとしても、発想の転換です。 トラブルがあったおかげで成長ができ、これからどんどんよくなっていくと考えていけばいい。 運の悪い出来事があれば「厄払いができた」と思えばいい。 思うようにいかないことがあれば「今までの人生は準備期間。これからが本番」と思えばいい。 自分の人生がどんどんよくなっている様子を想像していると、希望の光が見えてきます。 歩んでいる道の先に光が見えると、そこへ向かって進みたい気持ちが強くなります。 時間は早く過ぎてしまいますが「常に人生は本番」という気持ちを持って、楽しみながら毎日を過ごしましょう。 自分の人生がどんどんよくなっている様子を想像しながら「私の人生はどんどんよくなる」と自分に言い聞かせる。

13
★4

テンションを上げるスイッチは、運動にある。

テンションを上げるためには、運動がおすすめです。 運動なら何でもOKです。 即効性を求めるなら、100メートルダッシュです。 全力で100メートルを走る。 何も考えず、無我夢中で走る。 走り終わった頃には、息切れしながらテンションも上がっているでしょう。 体の血流量が増すことで、脳を巡る血も増えます。 運動による適度な興奮作用によって、短時間であっても、ぐっとテンションが上がるのです。 もう少し穏やかな方法がよければ、ジョギングやランニングです。 マイペースで楽しみながら走っていると、だんだんポジティブな気持ちが強くなります。 数キロを走れば気持ちよく汗をかくことができ、ストレス解消にもなります。 周りの景色を楽しみながら走れば、よい気分転換にもなります。 ジョギングやランニングは、持久力や心肺能力を高めて、健康増進にもつながります。 もっと穏やかな方法がよいなら、ウォーキングです。 早歩きでもよし。 散歩のようなゆっくりしたペースでもよし。 体の筋肉の3分の2は、下半身にあります。 歩くことで、体全身の筋肉を効率よく動かすことができるため、運動の効率が抜群です。 自分にとって心地よいペースで歩くだけでも、十分テンションを上げる効果があります。 ちなみにハイテンポの音楽を聴きながら運動をすれば、相乗効果によってますます効果的です。 早速体を動かして、運動を楽しもうではありませんか。 テンションは、誰かに上げてもらうものではなく、自分で上げるもの。 難しいことは考えず、今すぐ積極的に体を動かしましょう。 テンションを上げるスイッチは、運動にあるのです。 積極的に運動する。

14
★2

いつもテンションの高い人に連絡を取って、テンションを分けてもらう。

あなたの知人や友達に、いつもテンションの高い人はいませんか。 いつも楽しそうに話をする人。 いつも元気でポジティブな人。 いつも何かに挑戦している人。 意識をして心がけている人もいれば、生まれ持った性格という人もいるでしょう。 なかなか自分でテンションを上げにくいなら、テンションの高い人からパワーを分けてもらうのも得策です。 テンションの高い人には、プラスのエネルギーに満ちあふれています。 明るい性格の人は、日頃から心が明るくなるような行動や考え方を実践しています。 意識をしている場合もあれば、無意識にしている場合もあります。 人の心を温めるのは、人の心です。 いつもテンションの高い人と接していれば、相手の熱気が自分にも伝わってきます。 いつも前向きな人は、あなたの話を聞いても、ポジティブな言葉で励ましてくれるでしょう。 気づけば、自分のテンションも高くなっているはずです。 いつも頼ってばかりではいけませんが、落ち込んで息苦しいときは、素直に頼ってみるのも悪くありません。 気持ちが明るくなれば、会話の最後は「元気を分けてくれてありがとう」という感謝で締めくくりましょう。 感謝を伝えると、さらにテンションが高くなります。 元気なれば、その勢いが消えないうちに次の行動をすること。 心の火が消えないうちに、自分からアクションを起こして、火を大きくしていきましょう。 いつもテンションの高い人と接して、パワーを分けてもらう。

15
★13

笑顔、笑顔、また笑顔。
とにかく笑顔を心がける。

テンションを上げるためには、笑顔を心がけることが大事です。 楽しいことがあって笑うのでもいいですが、楽しいことがなくても、表情だけはいつも笑顔を心がけたい。 実のところ脳は、しっかりしているようで、意外と曖昧なところがあります。 表情が笑顔になっていると「今この人は楽しい出来事に喜んでいるのだろう」と脳が錯覚します。 すると、脳の中で幸せ物質と言われている「ベータエンドルフィン」という物質を分泌するようになります。 ベータエンドルフィンは、モルヒネの何倍もの快感作用がある強力な物質です。 笑顔になっているだけでだんだん幸せな気分が高まり、テンションも上がっていくのです。 この効果は、口の広角を少し上げるだけでも有効であることが確認されています。 にっこりした表情でも、笑顔は笑顔。 テンションが上がってから笑うのではありません。 笑うからテンションが高くなります。 笑顔になっていると、よい意味で脳を騙せます。 むすっとした表情で、この文章を読んでいませんか。 もちろん大げさな笑顔は不要ですが、少し口角を上げてにっこりするだけなら、今すぐできるはずです。 笑顔、笑顔、また笑顔。 とにかく笑顔を心がけましょう。 口元は習慣です。 少し口角を上げた口元を普段から意識して習慣にしてしまえば、いつも明るい気分を保てます。 むすっとした表情より、にっこりした表情のほうが、あなたの雰囲気もよくなります。 普段から少し口角を上げた表情を心がける。

16
★2

テンションが低くなりそうなことは、前もって避ければいい。

あなたにとって、テンションが低くなることは何ですか。 テンションが低くなりそうなことは、前もって避けることが大切です。 もちろんテンションの低い状態から上げていくことも重要です。 テンションは、自分でコントロールできる要素。 自分の意思で気持ちを盛り上げていけば、どんな状況でも怖くないでしょう。 しかし、それ以上に大切なのは、そもそもテンションが低くなりそうなことを前もって避けることです。 テンションが下がりそうなことを避ければ、落ち込んだり不快になったりする状況を避けられます。 自分の人生経験を振り返り、どんな状況だとテンションが低くなりやすいか、思い出してみてください。 自分のことですから、完全でなくて、ある程度なら見当がつくはずです。 心当たりが見つかれば、無理のない範囲で避けるように心がけましょう。 たとえば、人間関係で苦手な人がいるなら、できるだけ自然を演じながら避けるようにします。 会話で触れてほしくない話題になりそうなら、さりげなく話をそらします。 仕事で不得意な作業があるなら、許す範囲で得意な人や外注にお願いする方法もいいでしょう。 もちろん都合があって、どうしても避けられない状況もあるでしょう。 理想的な話なので、避けられない状況もあるはずですが、できる範囲で心がけます。 あくまで常識の許す範囲ですが、心がけは無駄にならないはずです。 テンションが低くなりそうな状況を避けられれば、気分の落ち込みも避けられます。 テンションが低くなりそうなことは、前もって避ける。

17
★1

のりのいい歌を歌うと、テンションが上がる。

のりのいい歌を歌うことも、テンションを上げる効果があります。 お気に入りの音楽の中で、のりがいい歌はありますか。 音楽なら何でもいいわけでなく「のりのよい」という点がポイントです。 音楽のリズムがあなたの心と調和することで、心が温まり、気持ちが高揚しやすくなります。 声を出せば、元気が出ます。 歌うことは声を出すことになるため、体の内側から気力が湧き出やすくなります。 特に自分のお気に入りの歌なら、好きな感情も加わるため、ますます気持ちが高揚しやすくなるでしょう。 のりのいい歌を歌うことは、ハイテンポの音楽を聴くのと同じ効果にもなるため、ますますテンションが上がるのです。 「これを聴くと元気が出る」という音楽があれば、1曲歌ってみましょう。 歌うときも、淡々とした調子で歌うより、感情移入をしながらのりのりで歌うほうが効果的です。 思いきり歌いたければ、カラオケボックスです。 密室なら、振り付けも加えながら大声で思いきり歌えます。 カラオケボックスに行くのが大げさなら、自分の部屋やお風呂場など、1人になれる場所で歌えばいい。 自分の部屋ですから、何をしても自由です。 恥ずかしさがあるなら、ハミングで歌うだけでもいいのです。 ハミングなら、移動中や買い物中など、ちょっとした時間で歌えます。 ハミングであっても、喉を使って歌っていることになり、頭の中では音楽が再生されています。 1曲を歌い終わるころには、すでにテンションが上がっているはずです。 のりのいい歌を歌う。

18
★8

あなたの手のひらは、心に火をつける道具でもある。

テンションを上げるポイントは、あなたの手にあります。 ぎゅっと握り拳を作りましょう。 握り拳も、軽く握るのではなく、強く握るようにします。 そして自分に言い聞かせるように「やるぞ!」と言うだけでいいのです。 これだけで、すぐテンションが上がります。 手のひらには、たくさんの感覚神経が集中しています。 ぎゅっと握り拳を作ることで、手の圧迫感が脳に伝わります。 その瞬間、気持ちが引き締まってテンションも上がるのです。 自分に言い聞かせることで、暗示をかける効果もあります。 もし「やるぞ!」と声を出すのが恥ずかしいなら、心の中で思うだけでもかまいません。 心の中で思うだけでも、やはり自分への宣言になっているので効果があります。 「やるぞ」という部分は「頑張るぞ」「集中するぞ」「今日中に終わらせるぞ」など言い換えてもかまいません。 いつでもどこでもできる上、時間もかかりません。 たとえば、仕事を始める前に、握り拳を作って「やるぞ」と言ってから取り組みます。 すぐテンションが上がり、いつもより調子よく進めることができるでしょう。 握り拳は、片手ではなく両手で作ると、さらに効果的です。 あなたの手のひらは、心に火をつける道具でもあるのです。 握り拳を作って「やるぞ!」と自分に言い聞かせる。

19
★0

貧弱な肉体では、テンションも上がりにくい。
気力は、丈夫な肉体から生まれる。

普段から体を鍛えておきましょう。 肉体とテンションにつながりがあるのかと思いますが、大いにあります。 貧弱な肉体では、テンションを上げたくても、上げにくくなります。 テンションを上げるとはいえ、その土台は肉体です。 気力は体から生まれますが、肝心の筋肉量が少ないと、気力も生まれてきません。 気力は、丈夫な肉体から生まれます。 普段から体を鍛え、できるだけ丈夫な肉体を心がけましょう。 日頃からバランスのよい食事と適度な運動を心がけます。 「いつか運動不足を解消しないといけない」と思ったままでは、いつまでも解消できません。 もちろん本格的なトレーニングでもいいですが、簡単な筋トレでもいいのです。 腕立て伏せ・腹筋運動・スクワット程度なら、今すぐできるはず。 筋肉量が多ければ多いほど、いざというとき、気力も生まれやすくなる。 しっかり筋力をつけておけば、気力が出やすくなるだけでなく、ストレスにも強くなります。 年に一度は、健康診断を受けているはずです。 もし健康診断の結果で悪いところが見つかれば、放置せず、できるだけ早めに解決するよう心がけましょう。 健康への配慮は、緊急ではないですが重要なこと。 丈夫な肉体という土台がしっかりしていれば、必要なときにテンションを上げやすくなります。 普段から運動やトレーニングを心がけ、体を鍛えておく。

20
★3

締め切りは、誰かに作ってもらうのではなく、自分で作るもの。

テンションを上げたければ、自主的に締め切りを作りましょう。 もちろん締め切りは、絶対作らなければいけないものではありません。 「締め切りのないほうが気楽でいい」という人は、無理に作る必要はないでしょう。 自分のペースで気ままに進めるのもよし。 縛られることもなく自由に仕事を進めるのも、1つの楽しみ方です。 しかし、テンションを上げて仕事をしたいなら、締め切りの利用価値があります。 締め切りを作ると、必然的に残り時間ができます。 残り時間が適度なタイムプレッシャーを生み出し「頑張ろう」という気持ちをかき立ててくれます。 「もたもたしていられない」と思うことで、気持ちが引き締まり、前に進みたい気持ちが強くなります。 もし締め切りがない仕事なら、自分から締め切りを作るようにしましょう。 締め切りは、誰かに作ってもらうものではなく、自分で作るもの。 締め切りは、振り回されるのではなく、利用してください。 たとえ締め切りのない仕事でも、自主的に締め切りを作ったほうが賢明です。 すでに締め切りがあっても、程度が緩いと感じるなら、自主的に前倒しに変更するといいでしょう。 仕事の完了が、遅くなって困ることはあっても、早くなって困ることはありません。 自分で自分に適度なストレスを与えることで、成長を促すことにもつながります。 手帳やカレンダーに書き込むだけで、締め切りの出来上がりです。 自主的に締め切りを作る。

21
★2

ちょうどいい締め切りの作り方。

テンションを上げるためには、締め切りが有効です。 締め切りを作ることで、適度なタイムプレッシャーが生まれるため、気持ちを引き締める効果が出ます。 たとえ締め切りのない仕事でも、自主的に締め切りを作ることで、テンションを上げて仕事に取り組めるようになるでしょう。 さて、問題なのは、締め切りの作り方です。 基本的に作り方は自由ですが、意味も理由もなく、自由すぎるのもよくありません。 締め切りは、作り方が重要です。 制約があまり緩いと、締め切りの意味がなく、普通に仕事をするのと同じになります。 逆に制約が厳しすぎても、そもそも達成が困難であるため、ストレスと自己嫌悪を増やすだけになってしまうでしょう。 締め切りは、緩すぎても厳しすぎても不適切。 適度なタイムプレッシャーには、適度な締め切りが必要です。 では、どの程度が適切なのか。 締め切りは「少し頑張れば間に合いそう」という目安で作るのがポイントです。 数字で表現するなら、1.1~1.2倍程度の努力で達成できそうな目安です。 あくまで無理をしない程度であることがポイントです。 「少し頑張れば間に合いそう」という目安で締め切りを作れば、適度なタイムプレッシャーを楽しみながら仕事に取り組めます。 この心がけは、勉強でもスポーツでも仕事でも共通です。 少し頑張ることで、1段ずつ階段を上るような、自然な成長が実現できます。 締め切りの作り方で、タイムプレッシャーも成長もテンションも決まるのです。 締め切りは「少し頑張れば間に合いそう」という目安で作る。

22
★3

どんなに興味がないことでも、プラスになったり役立ったりすることがあるはずだ。

興味のない勉強。 やりたくない仕事。 苦手な人との面会。 気が乗らないことに取り組むとき、どんな気持ちになっていますか。 「嫌だな」 「逃げ出したい」 「どうせつまらないだろう」 そう思いながら取り組むと、ますますつまらなく感じるようになるでしょう。 たしかに興味関心のないことは、テンションが上がるどころか下がりやすい。 しかしそれでは、芸も進歩もありません。 「つまらないに決まっている」と思っているだけでは、何の解決にもならない。 気が乗らないことでも、楽しむつもりで取り組んでください。 ポイントは「発想の転換」です。 どんなに興味がないことでも、プラスになったり役立ったりすることがあるはずです。 たとえば、興味のない勉強なら「自分の視野や見識が広がる機会」と思えばいい。 やりたくない仕事なら「楽しいところを見つける挑戦」と思えばいい。 苦手な人と接するなら「自分の忍耐力を鍛えるチャンス」と思えばいい。 細かい考えが煩わしいなら「とにかく自分を鍛えるチャンス」と、大まかに考えてかまいません。 つまらないことの中にも、興味関心のかけらが1つくらいあるはず。 小さなことでもいいので、意味や価値を見つけてください。 すべて自分の都合のよいように解釈していい。 自分の都合のよいように解釈すれば、無意味や無価値と思えることでも、意味と価値が見いだせます。 物事の見え方は、あなたの考え方と受け止め方によって変わります。 気が乗らないことでも、とにかく楽しむつもりで取り組むこと。 好都合に解釈すれば、気が乗らないことでも楽しい気持ちが湧いてきて、テンションも上がってきます。 気が乗らないことでも、楽しむつもりで取り組む。

23
★1

カフェインの入った飲み物を飲んで、テンションを上げる。

カフェインには、脳の中枢神経の働きを活発にさせる効果があります。 いわゆる、興奮剤のような働きがあることで有名です。 そのためカフェインの入った飲み物を飲むことも、テンションを上げることに有効です。 たとえば、コーヒーです。 150ミリリットルのドリップコーヒーには、およそ120ミリグラムのカフェインが含まれています。 朝起きて頭がぼうっとしているとき、コーヒーを飲んで眠気が吹き飛んだ経験をした人も多いのではないでしょうか。 お茶にもカフェインが含まれていることで知られています。 150ミリリットルの紅茶や緑茶には、およそ30ミリグラムのカフェインが含まれています。 中でも玉露には多くのカフェインが含まれ、コーヒーと同じくらいのカフェインが含まれています。 カフェイン入りの栄養ドリンクを飲んでみるのもいいでしょう。 栄養ドリンクには「おいしくない」という印象を持たれがちですが、実際は飲みやすいタイプもたくさんあります。 栄養とカフェインの両方を効率よく摂取したいとき、栄養ドリンクも選択肢の1つになるでしょう。 ただし、カフェインの入った飲み物は、適量を守ることが大切です。 カフェインは、脳を覚醒させる効果がある一方、利尿作用もあります。 カフェインの覚醒作用や利尿作用によって、睡眠を阻害されることもあるため注意が必要です。 一般的にカフェインは、就寝の6時間前から控えるのがよいとされています。 適度を守りながら活用すれば、テンションを上げる便利な道具になるはずです。 カフェインの入った飲み物を飲む。

24
★1

栄養ドリンクを一気飲みする。

栄養ドリンクを飲むことも、テンションを上げる効果があります。 栄養ドリンクは、少量であっても多くの栄養素が含まれています。 栄養がたっぷり入った飲み物を飲むことで「体に栄養をチャージした」という実感が得られるでしょう。 心に火がついて気合も入り、これから大きな戦いに挑む気持ちが高まるはずです。 もちろん気持ちの問題もあるかもしれません。 しかし、生き生きした気持ちにさせてくれるだけでも、栄養ドリンクの価値はあると言えるでしょう。 栄養ドリンクにもさまざまな種類があります。 栄養の種類だけでなく、味わい・大きさ・デザインなど多種多様です。 自分に合った栄養ドリンクを見つけておき、テンションを上げたいときに活用するといいでしょう。 栄養ドリンクの中には、カフェインが含まれているものもあります。 カフェインの入った栄養ドリンクの場合、栄養と覚醒作用が同時に得られ、相乗効果が発揮されるでしょう。 たとえば「カフェインをとりたいがコーヒーは苦手」という人にとっては、カフェインの含まれた栄養ドリンクが有効です。 栄養ドリンクは、値段も少々高めですが「テンションを上げる作用もある」と思えば、値段の価値はあるでしょう。 ●栄養ドリンクの飲み方 栄養ドリンクの飲み方も大切なポイントです。 ちびちび少しずつ飲むのもいいですが、より効果を高めたければ、ぐいっと一気に飲むのが一番。 一気に飲むと、勢いによってますますテンションが上げやすくなります。 栄養ドリンクは、ここ一番の大切な味方になるはずです。 栄養ドリンクを一気飲みする。

25
★2

日頃から睡眠をたっぷりとっておく。

睡眠不足とテンション。 それぞれ無関係に思えますが、実際には深いつながりがあります。 寝不足で疲れがたまったままでは、テンションを上げたくても上げにくくなります。 寝不足は、頭の働きが鈍くなっている状態です。 頭の中に、もやがかかったような状態では、仕事も思うようにははかどらないでしょう。 眠くてたまらないとき、テンションを上げようとしても、現実的になかなか難しい。 眠いときには、眠い。 明るいことを考えたくても、眠気と倦怠感が邪魔します。 脳が睡眠を欲している状態でテンションだけ上げようとしても、なかなかスムーズにできません。 あなたの睡眠時間はどのくらいですか。 人によって十分な睡眠時間は異なりますが、一般的に7時間から8時間程度が理想とされています。 少なくとも6時間以上の睡眠時間は確保しておきたいところ。 睡眠時間が少ないと、起きている時間が長くなるため効率がよさそうですが、誤解です。 睡眠時間が短すぎると、睡眠不足によって頭の働きが鈍くなり、かえって仕事の作業効率も悪くなります。 寝ることも仕事の一部と考えましょう。 余裕があれば、昼食の後に軽い仮眠をとるのもいい方法です。 たった15分程度の仮眠でも、脳の疲れを軽減される効果が確認されています。 昼食後の仮眠は、生活環境によって難しいこともあると思いますが、できる範囲で心がけてみてください。 テンションを上げたいなら、あらかじめたっぷり睡眠をとっておくことが大切です。 7時間から8時間程度を目安に、睡眠時間をとっておく。

26
★1

かんきつ系の香りには、テンションを上げる作用がある。

テンションを上げるなら、香りの力を借りるのもよい方法です。 それは、かんきつ系の香りです。 たとえば、オレンジ・レモン・グレープフルーツの香りです。 かんきつ系の香りの成分には、気持ちを爽快にさせたりリフレッシュさせたりする効果があることで知られています。 また脳の働きを活性化させ、やる気や集中力を高めたり、精神的な疲れを取り除いたりする効果もあります。 アロマの専門店でエッセンシャルオイルを購入して、アロマセラピーを楽しむのもいいでしょう。 香りを楽しみながらテンションも上げることができ、一石二鳥です。 もっと手軽にかんきつ系の香りを楽しみたければ、食事に取り入れるのも1つの方法です。 たとえば、おやつにオレンジを食べてみる。 いつも飲んでいるお茶にレモンを加え、レモンティーにする。 飲み物の隠し味に、グレープフルーツを使ってみる。 かんきつ系の香りを生活に取り入れることで、テンションを上げやすくなるでしょう。 かんきつ系の香りを嗅ぐ。

27
★1

いつも同じ服ばかり着ていると、なかなかテンションが上がらない。

「テンションを上げようとしても、なかなか上がらない」 その原因は、着ている服にあるのかもしれません。 いつも同じ服ばかり着ていませんか。 クローゼットの扉を開け、どんな服があるか振り返ってみてください。 最近買った服はなく、何年も前に買った服ばかりになっていませんか。 たしかに同じ服なら、着慣れているため、安心感があります。 自分の好みはそうそう変わるものではないので、好みの服を買えば「そればかりを着続けたい」と思いがちです。 お気に入りの服なら、自信や勇気をもたらしてくれるでしょう。 もちろんそうした素晴らしさもありますが、一方でテンションを上げにくくなる副作用もあります。 いつも同じ服の繰り返しでは、パターンが一定になります。 人間は、慣れる生き物。 どんな刺激も、繰り返されれば慣れてしまいます。 新鮮な刺激が得られにくくなり、いつの間にか心の倦怠感に影響している場合があります。 たまには違った服を着てみましょう。 あまり着ていない服を着てみたり、上下の組み合わせを変えたりなどです。 手持ちの服が古いものばかりなら、新しい服を買ってみるのもおすすめです。 服は消耗品です。 今まで着たことがないタイプの服を買って着てみると、新しい雰囲気を楽しめます。 「新品」の服には、初々しい雰囲気が漂っています。 新しいものに触れると、服から元気をもらえ、気持ちがしゃきっとします。 新品の服を着るだけで、その服から新鮮な力が得られ、テンションもぐっと上がるでしょう。 たかが服、されど服。 服には、人の心に直接影響をもたらす働きがあります。 さて突然ですが、今あなたが着ている服はいかがでしょうか。 今来ている服は、いつ買ったものですか。 同じ服ばかりになっていませんか。 どきっとすれば、そろそろ新しい服を買うタイミングなのかもしれません。 たまには違った服を着てみる。

28
★4

自己啓発書で、ポジティブな言葉のシャワーを浴びよう。

テンションを上げるために、前向きな自己啓発書の力を借りてみませんか。 自己啓発書には、ポジティブな言葉がたくさん詰まっています。 「自己啓発書に頼ったら負け」 「自己啓発書なんて単なる気休め」 「宗教のようで読むのが怖い」 自己啓発書に対して嫌悪感を持っていませんか。 もちろんすでに心が元気で快活なら、わざわざ頼る必要はないでしょう。 心が元気なら、早く行動に移して、現実で結果を出すのが一番です。 しかし、元気がないときや人生に迷っているときは、やはり自己啓発書は有効です。 サプリメントが体に栄養を与えるものなら、自己啓発書は心に栄養を与えるもの。 自分に足りない考え方や価値観があれば、それを補うものとして自己啓発書は役立ちます。 現実を変えるには行動を変える必要があり、行動を変えるには心を変える必要があります。 その心を変える道具として、自己啓発書は有用でしょう。 物事をポジティブにとらえたり、明るい生き方を学んだりするために、自己啓発書は頼りになる存在です。 自己啓発書を読んでポジティブな言葉のシャワーを浴びれば、気持ちが高ぶってテンションも上がるでしょう。 「頑張ろう」という気持ちが高ぶることで、行動が変わり、現実も変わります。 もちろん自己啓発書に頼ってばかりはいけませんが、元気になるまでの一時期間なら問題ありません。 読むだけで元気になれるのですから、これほど簡単な方法もないのです。 自己啓発書を読んで、心のエンジンをかける。

29
★1

大勢の人が集まるところに行くと、テンションが上がる。

大勢の人が集まるところに行くと、テンションが上がります。 人が集まっているところには、熱気・活気・元気があり、多くのエネルギーが集まっています。 その中に飛び込むと、自分にもエネルギーが伝わり、テンションが高くなります。 自分でテンションを上げることも大切ですが、人からもらうのもよい工夫です。 飲み会・合コン・パーティー。 「どんな出会いがあるだろうか」「どんな話を楽しめるだろうか」とわくわくしながら参加しましょう。 賑やかな場に飛び込んでわいわい騒ぐことも、よい気分転換になります。 もう少し形式的な集まりがいいなら、交流会・勉強会がおすすめです。 各地で主催する交流会・勉強会に参加すれば、さまざまなテーマを考えながら、人と接することができるでしょう。 交流会に参加すると、さまざまな考えや価値観を持った人と出会え、よい勉強になるはずです。 同じ目的・目標を持った人同士なら、年齢や世代が離れていても、仲良くなりやすい傾向があります。 勉強にもなり人脈も増え、一石二鳥です。 人と関わるのが苦手な人も、たまには自分を変えるつもりで参加してみてはいかがでしょうか。 苦手なことでも「勉強になることを吸収しよう」という意識があると、感じ方が変わります。 人間関係に対する意識が高くなり、有意義な時間を過ごせるでしょう。 みんなで賑やかに話した後は、元気も充電されているはずです。 大勢の人が集まる場所に行く。

30
★9

時間は、ダイヤモンドより貴重。
「今」という時間こそ、チャンスである。

「常に今がチャンス」という気持ちを持つことで、テンションを上げることができます。 「今しなくてもいい」 「後からしよう」 「今しなくても、またチャンスが巡ってくるだろう」 そう思っていると、怠けた気持ちがさらに怠けます。 惰性は、どんどん悪化する特徴があります。 惰性が次の惰性を呼び、身も心もどんどんだらしなくなる一方。 最終的には、外に出ることさえおっくうになってしまうでしょう。 「常に今がチャンス」という気持ちを持ち続けることです。 仕事を頑張るのも、今がチャンス。 人と出会ったときも、誰かと話をするときも、今がチャンス。 何をするにも「今がチャンス」と思うことです。 貴重な資源に触れている実感が強くなり、テンションが上がります。 人生は、長いようで短い。 去年1年間を思い出してください。 おそらく実感としては「あっという間に1年が終わった」と思うところではないでしょうか。 去年がそうであるように、きっと今年もそうなります。 1週間・1カ月・1年は、瞬く間に過ぎていくでしょう。 時間は、ダイヤモンドより貴重です。 ダイヤモンドは失っても手に入りますが、時間は失ったら取り戻せません。 「今」という時間こそ、チャンスです。 平凡な今の時間さえ「チャンス」と思わなければ、人生に対して失礼です。 1分1秒を大切にしましょう。 「常に今がチャンス」という気持ちを持ち続けることで、生き方のテンションも高くなります。 「常に今がチャンス」という気持ちを持ち続ける。

同じカテゴリーの作品