テンションを上げる
30の方法

  • テンションを上げるのは、
    運や偶然に任せるものではない。
テンションを上げる30の方法

テンションを上げるのは、運や偶然に任せるものではない。

テンションを上げる方法と聞けば、運や偶然に任せるようなイメージを持たれがちです。
たまたま天気がよくて、テンションが上がった。
おみくじを引いたら「大吉」が出たので、嬉しくなった。

テンションを上げるのは、運や偶然に任せるものではない。

きちんと食事をとることが、テンションを上げる大前提。

テンションを上げたければ、まず元となるパワーが必要です。
そのパワーはどこから取り入れるかというと、やはり食事です。
おなかがすいた状態で気分を高め、エネルギッシュに動き回るのはなかなか難しい。

きちんと食事をとることが、テンションを上げる大前提。

テンションを上げる方法は、人によって異なる。

「これをすれば、必ずテンションが上がる」
そんな方法はあるのでしょうか。
実のところ、テンションを上げる方法は、人によって異なります。

テンションを上げる方法は、人によって異なる。

テンションを上げることによる、3つの効果。

テンションを上げると、どんな効果があるのでしょうか。
テンションを上げることによる効果について確認していきましょう。
(効果1)実力を発揮しやすくなる

テンションを上げることによる、3つの効果。

テンションを上げる最もシンプルな方法は、興味関心のあることに取り組むこと。

テンションを上げる最もシンプルな方法があります。
興味関心のあることに取り組むことです。
興味関心のあることは、それに触れること自体が喜びであり楽しみです。

テンションを上げる最もシンプルな方法は、興味関心のあることに取り組むこと。

まず小さな仕事を1つ終わらせる。

テンションを上げるために、まず小さな仕事を1つ終わらせましょう。
最初から大きな仕事に取り組むと、終わるまでに多大な時間や労力が必要です。
仕事を始める前から「大変そうだ」「つらい」「逃げ出したい」などストレスを感じ、憂鬱な気分になるでしょう。

まず小さな仕事を1つ終わらせる。

とにかく行動を始めることで、テンションは上がる。

テンションを上げたければ、とにかく行動を始めることです。
元気もやる気がなくてもかまいません。
体がだるくて大いに結構。

とにかく行動を始めることで、テンションは上がる。

仕事を達成している姿を思い浮かべると、テンションが上がる。

テンションを上げるための最も健全な方法があります。
仕事を達成して、大喜びしている自分を想像することです。
あなたの夢は何ですか。

仕事を達成している姿を思い浮かべると、テンションが上がる。

テンションが上がるから、スピードが出るのではない。
スピードを出すから、テンションが上がる。

テンションを上げたければ、スピードを意識しましょう。
少しアクセルを踏むイメージで、自分に適度な負荷を与えます。
テンションとスピードは相関関係があり、連動しています。

テンションが上がるから、スピードが出るのではない。スピードを出すから、テンションが上がる。

ハイテンポの音楽は、テンションを上げる力がある。

テンションを上げるためには、音楽の力を借りるのも効果的です。
聴くと、自然と元気が出る音楽はありませんか。
明るくてリズムがよく、心地よい曲です。

ハイテンポの音楽は、テンションを上げる力がある。

テンションに弱気は不要。
「必ずテンションを上げる」と強気になることが大切。

「テンションを上げることができるのだろうか」
テンションを上げようとするとき、不安が頭をよぎるかもしれません。
「本当にうまくいくのかわからない」

テンションに弱気は不要。「必ずテンションを上げる」と強気になることが大切。

テンションを上げる、魔法の一言。
「私の人生はどんどんよくなる」。

テンションを上げるための魔法の一言があります。
「私の人生はどんどんよくなる」です。
たった一言ですが、心に火をつける力は絶大です。

テンションを上げる、魔法の一言。「私の人生はどんどんよくなる」。

テンションを上げるスイッチは、運動にある。

テンションを上げるためには、運動がおすすめです。
運動なら何でもOKです。
即効性を求めるなら、100メートルダッシュです。

テンションを上げるスイッチは、運動にある。

いつもテンションの高い人に連絡を取って、テンションを分けてもらう。

あなたの知人や友人に、いつもテンションの高い人はいませんか。
いつも楽しそうに話をする人。
いつも元気でポジティブな人。

いつもテンションの高い人に連絡を取って、テンションを分けてもらう。

笑顔、笑顔、また笑顔。
とにかく笑顔を心がける。

テンションを上げるためには、笑顔を心がけることが大事です。
楽しいことがあって笑うのでもいいですが、楽しいことがなくても、表情だけはいつも笑顔を心がけたい。
実のところ脳は、しっかりしているようで、意外と曖昧なところがあります。

笑顔、笑顔、また笑顔。とにかく笑顔を心がける。

テンションが低くなりそうなことは、前もって避ければいい。

あなたにとって、テンションが低くなることは何ですか。
テンションが低くなりそうなことは、前もって避けることが大切です。
もちろんテンションの低い状態から上げていくことも重要です。

テンションが低くなりそうなことは、前もって避ければいい。

のりのいい歌を歌うと、テンションが上がる。

のりのいい歌を歌うことも、テンションを上げる効果があります。
お気に入りの音楽の中で、のりがいい歌はありますか。
音楽なら何でもいいわけでなく「のりのよい」という点がポイントです。

のりのいい歌を歌うと、テンションが上がる。

あなたの手のひらは、心に火をつける道具でもある。

テンションを上げるポイントは、あなたの手にあります。
ぎゅっと握り拳を作りましょう。
握り拳も、軽く握るのではなく、強く握るようにします。

あなたの手のひらは、心に火をつける道具でもある。

貧弱な肉体では、テンションも上がりにくい。
気力は、丈夫な肉体から生まれる。

普段から体を鍛えておきましょう。
肉体とテンションにつながりがあるのかと思いますが、大いにあります。
貧弱な肉体では、テンションを上げたくても、上げにくくなります。

貧弱な肉体では、テンションも上がりにくい。気力は、丈夫な肉体から生まれる。

締め切りは、誰かに作ってもらうのではなく、自分で作るもの。

テンションを上げたければ、自主的に締め切りを作りましょう。
もちろん締め切りは、絶対作らなければいけないものではありません。
「締め切りのないほうが気楽でいい」という人は、無理に作る必要はないでしょう。

締め切りは、誰かに作ってもらうのではなく、自分で作るもの。

ちょうどいい締め切りの作り方。

テンションを上げるためには、締め切りが有効です。
締め切りを作ることで、適度なタイムプレッシャーが生まれるため、気持ちを引き締める効果が出ます。
たとえ締め切りのない仕事でも、自主的に締め切りを作ることで、テンションを上げて仕事に取り組めるようになるでしょう。

ちょうどいい締め切りの作り方。

どんなに興味がないことでも、プラスになったり役立ったりすることがあるはずだ。

興味のない勉強。
やりたくない仕事。
苦手な人との面会。

どんなに興味がないことでも、プラスになったり役立ったりすることがあるはずだ。

カフェインの入った飲み物を飲んで、テンションを上げる。

カフェインには、脳の中枢神経の働きを活発にさせる効果があります。
いわゆる、興奮剤のような働きがあることで有名です。
そのためカフェインの入った飲み物を飲むことも、テンションを上げることに有効です。

カフェインの入った飲み物を飲んで、テンションを上げる。

栄養ドリンクを一気飲みする。

栄養ドリンクを飲むことも、テンションを上げる効果があります。
栄養ドリンクは、少量であっても多くの栄養素が含まれています。
栄養がたっぷり入った飲み物を飲むことで「体に栄養をチャージした」という実感が得られるでしょう。

栄養ドリンクを一気飲みする。

日頃から睡眠をたっぷりとっておく。

睡眠不足とテンション。
それぞれ無関係に思えますが、実際には深いつながりがあります。
寝不足で疲れがたまったままでは、テンションを上げたくても上げにくくなります。

日頃から睡眠をたっぷりとっておく。

かんきつ系の香りには、テンションを上げる作用がある。

テンションを上げるなら、香りの力を借りるのもよい方法です。
それは、かんきつ系の香りです。
たとえば、オレンジ・レモン・グレープフルーツの香りです。

かんきつ系の香りには、テンションを上げる作用がある。

いつも同じ服ばかり着ていると、なかなかテンションが上がらない。

「テンションを上げようとしても、なかなか上がらない」
その原因は、着ている服にあるのかもしれません。
いつも同じ服ばかり着ていませんか。

いつも同じ服ばかり着ていると、なかなかテンションが上がらない。

自己啓発書で、ポジティブな言葉のシャワーを浴びよう。

テンションを上げるために、前向きな自己啓発書の力を借りてみませんか。
自己啓発書には、ポジティブな言葉がたくさん詰まっています。
「自己啓発書に頼ったら負け」

自己啓発書で、ポジティブな言葉のシャワーを浴びよう。

大勢の人が集まるところに行くと、テンションが上がる。

大勢の人が集まるところに行くと、テンションが上がります。
人が集まっているところには、熱気・活気・元気があり、多くのエネルギーが集まっています。
その中に飛び込むと、自分にもエネルギーが伝わり、テンションが高くなります。

大勢の人が集まるところに行くと、テンションが上がる。

時間は、ダイヤモンドより貴重。
「今」という時間こそ、チャンスである。

「常に今がチャンス」という気持ちを持つことで、テンションを上げることができます。
「今しなくてもいい」
「後からしよう」

時間は、ダイヤモンドより貴重。「今」という時間こそ、チャンスである。

同じカテゴリーの作品

1:08:23
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION