気力

心に火をつける
30の言葉

  • 今この瞬間を、
    人生のターニングポイントにしませんか。
心に火をつける30の言葉

もくじ
  1. 今この瞬間を、人生のターニングポイントにしませんか。

    人生のターニングポイントとは、どのようなときでしょうか。
    やはり人生の大きな出来事を思い浮かべるのではないでしょうか。
    尊敬する人に出会ったとき、結婚したとき、仕事で大成功を収めたときなどです。

  2. メンタルブロックを、ぶち壊せ。

    人生は本来、うまくいくようにできています。
    にもかかわらず、なぜ自分の人生がうまくいかないのかというと、自分で自分にブレーキをかけているからです。
    「どうせ、自分にできるはずがない」

  3. 変化することが、成長すること。

    成長とは、何でしょうか。
    成長とは、昨日より大きく育つことです。
    言い方を変えれば、変化することです。

  4. 楽なところにいるかぎり、人は強くなれない。

    強くなりたいにもかかわらず、楽なところを好んでいませんか。
    矛盾しています。
    楽なところは安全ですが、雑菌がいません。

  5. 失敗を、成功で取り戻そうとするな。
    失敗したら、失敗で取り戻せ。

    失敗をしたら、成功で取り戻そうとしてはいけません。
    失敗をして元気がないときに、無理に成功しようとすると、つまずきます。
    人生は、掛け算です。

  6. 今、あなたがしていることは、下積みである。

    今、あなたがしていることは、下積みです。
    人生がうまくいくために必要な下積みを、少しずつ積み重ねているところです。
    今日の下積みの結果は、はっきり目に見えるものではありません。

  7. 下積みは、苦しんだり我慢したりするものではない。
    楽しむものだ。

    人生のあらゆる行動は、下積みです。
    人生に、1つの無駄もありません。
    下積みといえば、暗い印象があるのではないでしょうか。

  8. 健康なのに体がだるいのは、疲れているからではなく、動いていないから。

    「体が重くてだるい」
    体に倦怠感があって悩まされることがあります。
    重力が1.5倍になったかのように、体全身が重く感じられます。

  9. なぜ、人の目は、前にしかないのか。

    人の目は、前にしかありません。
    生物の進化の過程で、目が後ろにあっても、不思議ではありません。
    目が後ろにあったほうが、後ろから迫る危険を察知して、避けることができるはずです。

  10. どんな人にも、天という、偉大な味方がついている。

    どんな人にも、偉大な味方がついています。
    上を見上げてみましょう。
    視界いっぱいに広がる、大きな空がありますよね。

  11. 自己責任ほど、楽な生き方はない。

    責任という言葉には、重みがあります。
    ある行為の結果として負わなくてはならない、責めや償いです。
    責任があると思うと、尻込みします。

  12. 本を読みながら思いついたことは、すぐ実行に移す。

    本を読んでいるとき「なるほど」と、うなることがあります。
    アイデアがひらめいたり、方法が分かったりなどです。
    この瞬間が大切です。

  13. 「学校に行かなければ勉強できない」と思う人は、学校に行っても勉強できない。

    「学校に行かなければ勉強できない」と思うのは、その程度です。
    「学校に行かなければ勉強できない」と思う人は、学校に行っても勉強しません。
    勉強するかどうかを、学校に委ねています。

  14. 世界で最も利率の高い銀行は、自分の頭の中である。

    銀行は、お金を預けて増やすところです。
    預ける金額が多いほど、銀行がうまくお金を運用して、元手を増やしてくれます。
    お金が増える割合を、利率といいます。

  15. やらされていると思ったら負け。
    「自分からやっている」と思い込んだ人の勝ち。

    やらされることは、やる気が起きません。
    強制ほど、つまらないものはありません。
     

  16. 今あなたは、落ち込まない練習をしている。

    いくら練習しても、うまくできないときがあります。
    うまくできないと、落ち込むことでしょう。
     

  17. 「普通になりたい」と思うのは、個性を殺すこと。

    「これが普通です」
    「普通になりたいです」
    「普通が一番です」

  18. 敵だと思う人は、実はお手伝いさん。

    あなたが敵だと思う人は、敵ではありません。
    敵だと思うから、敵になります。
     

  19. 有名なミュージシャンほど、冷たくされた経験がある。

    有名なミュージシャンは、無名のころ、冷たくされた経験を持っています。
    無名のころは、コンサートの前座で、場を温めるために演奏します。
     

  20. 「しんどい」と思ったら、力の入れすぎ。
    力を抜くほうが、前によく進む。

    「しんどいなあ」
    そう思ったら、力の入れすぎです。
    予定を入れすぎていたり、無理をしすぎていたりします。

  21. 疲れを感じるのは、好きではないことをしているから。

    あなたが疲れているのは、仕事が忙しいからではありません。
    疲れを感じている本当の理由は、好きではないことをしているからです。
    疲れは、好きではないことをしているときに、感じるものです。

  22. 本音を隠したままでは、本気は伝えられない。

    本音を隠したままでは、本気を伝えることはできません。
    本音を隠している時点で、本気ではありません。
    やましいことを隠しながら発する言葉は、必ず相手に伝わります。

  23. 仕事が大きいかどうかではない。
    仕事がきちんとできるかどうかだ。

    私たちは、できるだけ大きな仕事をしたいと思います。
    大きな仕事ほど、やりがいがあります。
    大きな仕事ほど、達成したとき、褒められるでしょう。

  24. 呼吸の深さと人生の豊かさは、比例する。

    人の体には「勝手に動いているもの」があります。
    心臓の動き、胃や腸の活動、汗や皮脂の分泌などです。
    自分で「動かそう」と思わなくても、勝手に動いていますね。

  25. ペンギンのように、海を泳ぐ鳥だっている。
    人間も、もっと自由に生きていいよね。

    知られていませんが、ペンギンは、鳥類です。
    つまり、鳥です。
    鳥といえば、空を飛ぶイメージがありますが、ペンギンのように、空を飛べない鳥もいます。

  26. 悪口ばかり言う人は、人間だけでなく、神様も苦手。

    悪口ばかり言う人は、苦手ですよね。
    「自分も言われるのではないか」と思い、接しにくいです。
    接するときに緊張して、リラックスできません。

  27. 人生は、金づちで釘を打つようなもの。

    木の柱に金づちで、釘を打ったことはありますか。
    釘を打つだけと思いますが、ジレンマがあります。
    釘を打つ力が弱いと、うまく刺すことができません。

  28. 中途半端の失敗は、気分が悪い。
    全力の失敗は、気分がいい。

    失敗をすれば、気分が悪くなります。
    悔しくなったり、いらいらしたりします。
     

  29. 信念を持ちつつも、時には融通の利く人が、本当にかっこいい。

    頑固になるのも、考えものです。
    信念と頑固は、表裏一体です。
    信念があるのは素晴らしいですが、信念にこだわりすぎると、頑固になります。

  30. 虹は、いろいろな色があるから美しい。
    いろいろな色があるあなたも、きっと美しく見える。

    虹は、たくさんの色が集まった束です。
    赤色、黄色、緑色、紫色、青色など、さまざまな色が束になっています。
    なぜ、虹は美しいのでしょうか。

同じカテゴリーの作品