就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

お気に入り0 読んだ
16

中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。

中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

「大企業ではなく、中小企業である当社を選んだ理由を教えてください」

応募者の志望動機を、さらに突き詰める質問です。

大企業を目指さない理由についての確認です。

多くの場合「応募しても不採用が確実」という理由が大半でしょう。

 

しかし、別の意味があれば、参考にしたい狙いがあります。

多くの人が大企業に憧れるものですが、あえて中小企業を志望した理由を知ることで、応募者の考え方を探ります。

正直に答えるのが基本とはいえ、安易な志望理由は不適切です。

「大企業は無理そうだから」

「中小企業のほうが受かりやすそうだから」

「ほかの企業は選考で落とされ、御社しかないから」

いくら正直な答えでも、これでは面接官をがっかりさせます。

能力の高い応募者でも、抵抗感を抱くでしょう。

答え方としては、誠実な気持ちが感じられる回答が適切です。

「業務内容が魅力的で、自分に合っていると感じたから」

「社長の人間性が素晴らしく感じたから」

「自分の力を発揮しやすい環境が整っているから」

「社員の意見やアイデアを積極的に取り入れる社風にひかれたから」

中小企業ならではの、ポジティブな志望理由を述べて、面接官に熱意と意欲を伝えましょう。

まとめ

企業と時事問題に関する面接の定番質問 その16
  • 中小企業の志望理由について質問されたときは、安易な志望理由ではなく、ポジティブな志望理由を答える。
店舗の印象について質問されたときの答え方。

もくじ
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問
中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  1. 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
  2. 企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
  3. 他社との違いを質問されたときの答え方。
  4. 企業説明会の感想について質問されたときの答え方。
  5. 他社の選考状況について質問されたときの答え方。
  6. OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
  7. インターンシップについて質問されたときの答え方。
  8. 企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
  9. 内定の有無を質問されたときの答え方。
  10. 志望順位について質問されたときの答え方。
  11. 企業のイメージについて質問されたときの答え方。
  12. 志望企業の将来について質問されたときの答え方。
  13. 志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。
  14. 財務状況について質問されたときの答え方。
  15. 面接対策について質問されたときの答え方。
  16. 中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
  17. 店舗の印象について質問されたときの答え方。
  18. 応募数を質問されたときの答え方。
  19. 通勤時間が長いと言われたときの答え方。
  20. 紹介者との関係について質問されたときの答え方。
  21. 入社意思を確認されたときの返事。
  22. 新聞の購読状況について質問されたときの答え方。
  23. ニュースの情報源を質問されたときの答え方。
  24. 志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。
  25. 話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。
  26. 気になるニュースについて質問されたときの答え方。
  27. 景気低迷について意見を求められたときの答え方。
  28. 少子高齢社会について質問されたときの答え方。
  29. 環境問題について質問されたときの答え方。
  30. 業界の10年後について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品