就職活動
企業選びの基準について質問されたときの答え方。
就職活動
志望企業の将来について質問されたときの答え方。
就職活動
企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
就職活動
企業が内定を取り消す、6つのパターン。
就職活動
同じ企業への再応募はできるのか。
就職活動
応募数を質問されたときの答え方。
就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り0
5

他社の選考状況について質問されたときの答え方。

他社の選考状況について質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

「ほかにどんな企業を受けていますか」

「現在の就職活動の状況を教えてください」

ほかに受けている企業を見て、企業選びの基準を知るための質問です。

応募者の就職の方向性が定まっているなら、ほかに応募する企業にも一貫性が出ます。

受けている企業の共通点を探ることで、応募者が目指している方向性を確かめます。

同じ業界なら、正直に話せます。

どんな企業を受けているのか、具体的な企業名まで聞かれたときも、正直に答えていいでしょう。

もし他社と志望度を質問された場合は、もちろん面接を受けている企業が本命であることを伝えましょう。

 

さて、受けている企業の業種に一貫性がなければいいのですが、それが難しい事情の人もいるはずです。

就職活動が異なる業界に及ぶことは珍しくありません。

別の業界を受けているなら、理由をきちんと説明した上で、話す必要があります。

面接官も応募者に事情があることを理解するはずですから、合理的な理由があれば、納得してくれるでしょう。

 

ただし、説明に自信がなければ、伏せておくのも選択肢です。

説明が曖昧になると、応募者のポリシーははっきりしないと判断されやすくなります。

誤解を解こうとして話すと、話が余計にこじれる可能性もあります。

まとめ

企業と時事問題に関する面接の定番質問 その5
  • ほかに受けている企業について質問されたときは、正直に答えつつ、本命であることをしっかり伝える。
OB・OG訪問について質問されたときの答え方。

もくじ
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問
他社の選考状況について質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  1. 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
  2. 企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
  3. 他社との違いを質問されたときの答え方。
  4. 企業説明会の感想について質問されたときの答え方。
  5. 他社の選考状況について質問されたときの答え方。
  6. OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
  7. インターンシップについて質問されたときの答え方。
  8. 企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
  9. 内定の有無を質問されたときの答え方。
  10. 志望順位について質問されたときの答え方。
  11. 企業のイメージについて質問されたときの答え方。
  12. 志望企業の将来について質問されたときの答え方。
  13. 志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。
  14. 財務状況について質問されたときの答え方。
  15. 面接対策について質問されたときの答え方。
  16. 中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
  17. 店舗の印象について質問されたときの答え方。
  18. 応募数を質問されたときの答え方。
  19. 通勤時間が長いと言われたときの答え方。
  20. 紹介者との関係について質問されたときの答え方。
  21. 入社意思を確認されたときの返事。
  22. 新聞の購読状況について質問されたときの答え方。
  23. ニュースの情報源を質問されたときの答え方。
  24. 志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。
  25. 話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。
  26. 気になるニュースについて質問されたときの答え方。
  27. 景気低迷について意見を求められたときの答え方。
  28. 少子高齢社会について質問されたときの答え方。
  29. 環境問題について質問されたときの答え方。
  30. 業界の10年後について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品