就職活動
財務状況について質問されたときの答え方。
就職活動
中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
就職活動
志望企業の将来について質問されたときの答え方。
就職活動
企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
就職活動
企業選びの基準について質問されたときの答え方。
就職活動
企業での女性の役割について質問されたときの答え方。
就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り0
8

企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。

企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

「当社を知ったきっかけを教えてください」

面接官が参考にしたいため、質問しているだけと思うかもしれません。

もちろん参考にしていることもあるでしょうが、本当の意図は別のところにあります。

この質問の意図は、情報収集能力の確認です。

応募者がどんな手段を使い、どれだけ手間暇をかけたのかを知るのが狙いなのです。

まず、入社意欲を疑われる回答は好ましくありません。

 

たとえば「企業研究をしているとき、偶然見つけました」「たまたま先輩から勧められました」などです。

いきさつに明確な方針や方向性が感じられなければ、応募者の評価が下がる可能性もあります。

面接官が知りたいのは、情報収集能力なのですから、その点が伝わるように答えましょう。

少しでも熱意や意欲が伝わるように話すのが得策です。

情報収集の手段、情報に敏感であること、探すまでに費やした時間や努力など、具体的に説明します。

「自分に合った企業を手間暇かけて探した末、ようやく出会った」

そんな熱意の伝わるニュアンスを伝えると、面接官の印象にも残ります。

まとめ

企業と時事問題に関する面接の定番質問 その8
  • その企業を知ったきっかけについて質問されたときは、情報収集能力をアピールしながら答える。
内定の有無を質問されたときの答え方。

もくじ
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問
企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  1. 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
  2. 企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
  3. 他社との違いを質問されたときの答え方。
  4. 企業説明会の感想について質問されたときの答え方。
  5. 他社の選考状況について質問されたときの答え方。
  6. OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
  7. インターンシップについて質問されたときの答え方。
  8. 企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
  9. 内定の有無を質問されたときの答え方。
  10. 志望順位について質問されたときの答え方。
  11. 企業のイメージについて質問されたときの答え方。
  12. 志望企業の将来について質問されたときの答え方。
  13. 志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。
  14. 財務状況について質問されたときの答え方。
  15. 面接対策について質問されたときの答え方。
  16. 中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
  17. 店舗の印象について質問されたときの答え方。
  18. 応募数を質問されたときの答え方。
  19. 通勤時間が長いと言われたときの答え方。
  20. 紹介者との関係について質問されたときの答え方。
  21. 入社意思を確認されたときの返事。
  22. 新聞の購読状況について質問されたときの答え方。
  23. ニュースの情報源を質問されたときの答え方。
  24. 志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。
  25. 話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。
  26. 気になるニュースについて質問されたときの答え方。
  27. 景気低迷について意見を求められたときの答え方。
  28. 少子高齢社会について質問されたときの答え方。
  29. 環境問題について質問されたときの答え方。
  30. 業界の10年後について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品