就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り1
25

話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。

話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

時事についての質問は、その企業が属する業界に関する内容が多く見られます。

 

しかし、あくまで傾向です。

実際、面接では、企業が属する業界以外についても質問される可能性があります。

食の安全問題、大企業の経営破綻、製品のリコール問題などです。

意外な業界事情についての質問が来ると、どう意見を述べていいのか分からず、言葉に詰まることも多いでしょう。

最近、話題になっているニュースについては、就職に関係ない業界であっても、念のため、確認しておくのが安心です。

この質問の意図は、普段からニュースを確認して、主要な社会問題に関心を寄せているかどうかの確認です。

関心のある業界だけのニュースだけでなく、幅広くニュースを確認しているかどうかが分かります。

そのため、記事の内容をそのまま答えるような説明では、不十分です。

面接官が求めているのは、あくまで意見。

その時事問題について、自分なりの考え方・価値判断・見通しなどを、具体的に述べましょう。

 

ただし、完全に無知の問題なら、無理をして答えたところで、面接官にすぐばれます。

ばれて信用を落とすくらいなら「勉強不足で分からない」と正直に答えるのも、1つの選択です。

 

さて、うまく答えるポイントがあります。

自分がその業界にいるものと仮定して話す方法です。

自分に関係ない業界でも、その業界にいると思って、答えてみましょう。

自分とは無関係な業界でも、関係していることを想像すれば、重大な問題を身近に感じられるようになります。

その結果、真剣な様子や熱心さが伝わり、表情や話し方などが印象的になるのです。

まとめ

企業と時事問題に関する面接の定番質問 その25
  • 話題のニュースについて意見を求められたときは、自分なりの考え方・価値判断・見通しなどを具体的に述べる。
気になるニュースについて質問されたときの答え方。

もくじ
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問
話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  1. 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
  2. 企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
  3. 他社との違いを質問されたときの答え方。
  4. 企業説明会の感想について質問されたときの答え方。
  5. 他社の選考状況について質問されたときの答え方。
  6. OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
  7. インターンシップについて質問されたときの答え方。
  8. 企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
  9. 内定の有無を質問されたときの答え方。
  10. 志望順位について質問されたときの答え方。
  11. 企業のイメージについて質問されたときの答え方。
  12. 志望企業の将来について質問されたときの答え方。
  13. 志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。
  14. 財務状況について質問されたときの答え方。
  15. 面接対策について質問されたときの答え方。
  16. 中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
  17. 店舗の印象について質問されたときの答え方。
  18. 応募数を質問されたときの答え方。
  19. 通勤時間が長いと言われたときの答え方。
  20. 紹介者との関係について質問されたときの答え方。
  21. 入社意思を確認されたときの返事。
  22. 新聞の購読状況について質問されたときの答え方。
  23. ニュースの情報源を質問されたときの答え方。
  24. 志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。
  25. 話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。
  26. 気になるニュースについて質問されたときの答え方。
  27. 景気低迷について意見を求められたときの答え方。
  28. 少子高齢社会について質問されたときの答え方。
  29. 環境問題について質問されたときの答え方。
  30. 業界の10年後について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品