読み上げ動画・音声
就職活動
面接官は、社長かもしれない。
就職活動
面接官は、敵ではない。
就職活動
面接官が優しくても、油断しない。
就職活動
分からない質問は、無理に答えないことも礼儀。
就職活動
緊張は、自白すると、半減する。
就職活動
余裕があれば演じてほしい、面接官の役。

面接対策
30ポイント

お気に入り4 読んだ
その27

面接官えているかにしても、
仕方ない

面接官が何を考えているか気にしても、仕方ない。 | 面接対策の30のポイント

接官が何を考えているか、気にしないことです。

気にしても、仕方ないからです。

考えたとしても、相手の考えていることですから、分かりません。

自分が「言いすぎたかな」と思っても、面接官はさほど気にしていないこともあるでしょう。

自分では普通に発言したつもりでも、面接官のアピールになっていることもあります。

面接官が何を考えているのか予想することはできますが、そうしたことに集中力を使うのはもったいない。

集中すべき点ではありません。

そういうことに時間や体力を使っていると、肝心の面接の集中力が欠けてしまいます。

面接では、ありのままの自分を出すだけです。

マナーや礼儀を守ります。

聞かれたことには、前向きに答えることを意識しながら、正直に答えるだけです。

時には、強気の発言も必要ですが、基本的に「正直」という姿勢でいけば、うまくいくでしょう。

面接官の考えていることは、気になっても、気にしないことです。

面接で集中すべきは、自分の対応なのです。

面接対策のポイント その27

  • 面接官えているか、
    にしないようにする

次の記事

いらいらした瞬間とは、結果を分ける瞬間。

もくじ
(面接対策の30のポイント)

同じカテゴリーの作品