人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
面接官は、社長かもしれない。
就職活動
なぜ尊敬する人に「親」とは答えていけないのか。

面接対策
30ポイント

お気に入り3 読んだ
14

面接官は、
ではない

接官は、敵ではありません。

そう見えるだけです。

そもそも敵なら、あなたのために、わざわざ面接の時間を作るはずがありません。

面接官は、敵ではなく、味方です。

忙しい中をわざわざ時間を割いて、面接をしてくれているのです。

あなたへの強い興味の表れです。

面接官は、あなたのことを「もっとよく知りたい」と思っています。

怖そうな面接官を見て「自分は嫌われている」と勘違いしないことです。

怖そうに見える面接官でも、あなたをよく知るため、わざと演じているにすぎません。

期待を抱きながら、心の中では「あなたのことをもっとよく知りたい」と思っています。

圧迫面接をされたときも「いじめられている」と思わないことです。

答えにくい質問も威圧的な発言も、裏を返せば「あなたをもっとよく知りたい」というアプローチです。

面接官は、あなたの表面だけでなく、心の奥まで知りたがろうとしています。

あなたのことをもっと知るために、わざわざ手間のかかることをしているのですから、むしろ感謝なのです。

面接対策のポイント その14

  • 面接官は、
    ではなく、
    味方える

同じカテゴリーの作品