人生の教科書



体臭対策
汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。
ビジネスマナー
なぜ、汗とほこりは、スーツの大敵なのか。
転職・退職
退職を切り出すのは、まず誰にすべきか。
スキンケア
「鉱物由来の油」と「植物由来の油」。
安全性や効き目に違いはあるの?
スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
16

洗顔料で見かける
「弱酸性」には、
どういう効果があるの?

洗顔料で見かける「弱酸性」には、どういう効果があるの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

化粧品売り場で「弱酸性」と表示されている化粧品を見かけることがあります。

簡単な説明を読んでみると「肌に優しい」と書かれている。

抽象的な説明です。

肌によさそうなのは分かりますが、どういう理屈でいいのか分かりません。

この弱酸性とは、どういう意味なのでしょうか。

私たちの肌は弱酸性です。

なぜ肌が弱酸性であるかというと、菌の繁殖を抑え、保護する意味があるからです。

肌のペーハー値は6前後であり、菌から守る働きがあります。

 

一方、洗顔料は、弱アルカリ性が一般的です。

洗顔料によってペーハー値は異なりますが、7から9くらいです。

石鹸は、もう少し強いアルカリ性であり、ペーハーは10前後です。

シャンプーもボディーソープも、弱アルカリ性が定番です。

肌は弱酸性であるにもかかわらず、なぜ弱アルカリ性を使っているのかというと、角質を効率よく取り除くためです。

弱酸性の角質は、弱アルカリ性に触れると、中和反応が生まれます。

この中和反応によって、角質が剥がれ落ちやすくなるのです。

弱アルカリ性が肌にダメージを与えるとはいえ、角質を適度に取り除くために必要な刺激です。

きれいに角質を取り除くなら、弱酸性より、弱アルカリ性が好ましいのです。

特に肌に問題を抱えていないかぎり、弱酸性をうたう化粧品は、考慮しなくてもいいでしょう。

 

では、弱酸性の洗顔料がどういう人に役立つのかというと、乾燥肌や敏感肌の人です。

角質を効率よく取り除くことができる弱アルカリ性では、刺激が強すぎます。

できるだけ刺激の小さな洗顔料が求められ、弱酸性の洗顔料なのです。

肌と同じペーハーの洗顔料を使うことで、乾燥や炎症を抑えながら顔を洗えます。

乾燥肌や敏感肌にとって「肌に優しい」というわけなのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その16
  • 乾燥肌や敏感肌は、
    弱酸性の洗顔料を使う。
    それ以外の人は、
    弱アルカリ性の洗顔料を使う。
「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品