スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り2 読んだ
27

なぜ化粧品の値段は、
差が大きいの?

なぜ化粧品の値段は、差が大きいの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

化粧品の値段は、かなり上下差があるのが特徴です。

ワインのように、安物から高級品までピンキリです。

「どうせブランドだから高いのだろう。宣伝広告費の影響だろう」

そう決め付けるのは、早計です。

意味もなく値段設定がされているわけではありません。

価格が高いのには、もちろん理由があります。

 

たしかに一般的に値段が高いといえば、ブランド力や広告宣伝費などが思い浮かびます。

高額化粧品も、ブランド価値を高めるため、広告宣伝に力を入れている理由もありますが、高額になる本当の理由があります。

一番の違いは、やはり成分、製法、研究などのコストです。

高級な化粧品には、なかなか手に入りにくい厳選された希少成分が、ふんだんに使われています。

なかなか手に入りにくい成分でも、営業担当の努力によって実現しています。

成分ばかりだけでなく、技術にも力が入っています。

技術開発には、設備投資や多くの人手も必要です。

特許を取得した特殊な技術が使われていることも少なくありません。

きちんとした効果のある化粧品を作るためには、数多くの手間暇が必要です。

化粧品のポテンシャルを、最大限に高めようとすればするほど、値段も高くなりやすいのです。

もちろん効果と価格は常に正比例するわけではありませんが、一般的には、やはり高いだけの価値はあると考えていいでしょう。

高額化粧品を見たとき、その化粧品ができるあがるまでの様子を想像してみましょう。

美しくなりたいと女性の願いに応えるべく、開発者たちが集まって、挑戦と失敗を繰り返しながら製品を研究している様子です。

事実として、そういう状況があります。

ワンランク上の高額化粧品は、そうした開発者たちの熱い思いが結集しています。

それが、高額である本当の理由なのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その27
  • 高価な化粧品の価値を知る。
化粧品をつけたときに肌がひりひりするのは、化粧品の品質が悪いから?

もくじ
スキンケアの悩みが解決する30のポイント
なぜ化粧品の値段は、差が大きいの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

  1. メイクが濃いと、色素が染み込んでしみになることはあるの?
  2. 洗顔料で顔を洗えば、クレンジングは不要では?
  3. クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、洗顔料は不要になるの?
  4. 「界面活性剤」とは、どういう意味?
  5. メイクをしていない状態で、クレンジングはしたほうがいいのか。
  6. 旅行先で、クレンジング料を忘れた。
    どうやってメイク落としをすればいい?
  7. 洗顔料だけでメイクが落ちるような気がする。
    クレンジングは本当に必要なの?
  8. 手に取りすぎた化粧水や乳液は、もったいないから容器に戻してもいいの?
  9. 安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。
    どちらのほうが、効果が高いの?
  10. 化粧水は、冷蔵庫に保管しておいたほうがいいの?
  11. コラーゲンがたっぷり含まれたものがある。
    これを口にすれば、肌がふっくらになるの?
  12. 化粧水と乳液。
    お金をかけるならどちら?
  13. 重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか?
  14. 人の皮膚が呼吸するのは、真っ赤な嘘。
  15. 乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
  16. 洗顔料で見かける「弱酸性」には、どういう効果があるの?
  17. 「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。
  18. 低刺激の化粧品のほうが、肌に健康的なの?
  19. 化粧品に入っている防腐剤は、肌への影響は?
  20. 脂性肌なら、乳液はいらないの?
  21. 「鉱物由来の油」と「植物由来の油」。
    安全性や効き目に違いはあるの?
  22. 乳液の上に化粧下地をつけると、べたつき感が出やすい。
    軽くする方法は?
  23. 泡を使って洗顔するのは分かっているけど、泡立ちにくい洗顔料もある。
    どうやって泡立てればいいの?
  24. 敏感肌は、化粧品を使わないほうがいいのか。
  25. 「活性酸素」は、肌にいいものなの?
  26. 美容液は、乳液の前につけるの。
    後につけるの?
  27. なぜ化粧品の値段は、差が大きいの?
  28. 化粧品をつけたときに肌がひりひりするのは、化粧品の品質が悪いから?
  29. ヒアルロン酸配合とセラミド配合の化粧品の違いとは。
  30. 普通肌、乾燥肌、脂性肌。
    一番老化しやすい肌はどれ?

同じカテゴリーの作品