スキンケア

美しくつやのある肌になる
30の方法

  • できるだけ早い時期に、
    美肌になる方法を身につける。
美しくつやのある肌になる30の方法

もくじ
  1. できるだけ早い時期に、美肌になる方法を身につける。

    男性のくせに、肌についての話をするのは、場違いかもしれません。
    私は、小学6年生のころから22歳のころまで、大変ひどいにきびに悩まされ続けた経験があります。
    にきびは思春期なら、誰にでも起こることです。

  2. 美肌は、5つのバランスが大切。
    食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。

    私が学生時代、肌の調子が悪かった原因を紹介します。
    学生時代のまだ肌のケアに不慣れな私は、調子の悪い肌を見て、悩みました。
    肌ばかりを気にしていました。

  3. 睡眠不足は、肌の大敵。

    私はアメリカ留学中に「胃腸炎」という炎症のため、病院に入院したことがありました。
    当時は、まだ19歳であり、顔中ににきびがありました。
    入院と言っても重傷ではなかったため、1日半で退院できました。

  4. 私たちの体は、口にしたものからできている。

    人間は生きていくために、食べることが必要です。
    人であるかぎり、食べるという行為は必須です。
    食べることができなければ、エネルギーやビタミンを摂取することができないため、生きていくことはできません。

  5. おやつは、お菓子より果物にする。

    午後の3時といえば、何を連想しますか。
    食いしん坊の私は、真っ先に「おやつ」が思い浮かびます。
    そうです、午後の3時といえば、おやつの時間です。

  6. ストレスの小さな道を選ぶ。

    私の日常には「肌が荒れる道」があります。
    そういう名前が本当に付いている道ではありません。
    私が勝手に付けた名前であり、道です。

  7. 脂っこい食事を控えめにする。

    油分は、多すぎても少なすぎてもいけません。
    適度さが重要です。
    まず、脂っこい食事を食べるとどうなるでしょうか。

  8. 脂っこい食事を取った直後に、お風呂に入る。

    脂っこい食事は、肌の大敵です。
    天ぷら・唐揚げ・中華料理など、油分の多い食事の後、一時的に皮脂の分泌量が急増します。
    急増することで、油が毛穴に詰まりやすくなり、肌荒れの原因となります。

  9. 爪を切った後は、やすりを忘れない。
    手袋を着けて寝る。

    ある真夏の朝です。
    蒸し暑い朝、いつものように起きると、枕に血が付いていました。
    「なんだ、なんだ? どうした?」

  10. 吹き出物は、どんなに気になっても触らない。

    「おや。こんなところに吹き出物があるぞ」
    いつの間にか顔に吹き出物ができていることに気づきました。
    その瞬間、手で触り、大きさや固さなどを確認しようとしました。

  11. 汗を流す手段を、サウナだけに頼らない。

    あなたは汗を流すために、どのような方法で実現させていますか。
    若い人に人気なのは「サウナ」です。
    特に運動が苦手な女性には、大人気です。

  12. 喉の渇きを潤すために、甘いジュースには手を出さないほうがいい。

    あなたは喉が渇いたときに、何を飲んでいますか。
    おいしいからと言って、甘いジュースに手を出していませんか。
    ジュースには、砂糖が大量に含まれていることを忘れていませんか。

  13. 乾燥しやすいお風呂上がりは、乾燥対策を徹底する。

    1日の中で、人の体が最も乾燥しやすい瞬間は、いつだと思いますか。
    実は、お風呂上がりです。
    お風呂に入った後は、肌は水分でみずみずしく潤っているのは、たしかです。

  14. ビタミンC・E・B類は、美肌に効果がある。

    美肌に効果的なビタミンがあります。
    ・ビタミンC
    ・ビタミンE

  15. 錠剤によるビタミン摂取より、野菜を食べるほうがいい。

    「ビタミンCは美肌によい」
    「ビタミンEは酸化防止作用がある」
    「ビタミンB類と摂取すれば、太りにくい体質に変わる」

  16. 紫外線は、美肌の大敵。

    二の腕の裏側を見てみましょう。
    ほかの皮膚の部分より、白く、つやがあり、きめも細かいはずです。
    明らかにほかの肌より、美しいことでしょう。

  17. 紫外線対策をしすぎても、引きこもりにならないこと。

    紫外線は、美肌の大敵です。
    紫外線は、皮膚組織を破壊し、新陳代謝のサイクルを狂わせます。
    その結果、しみやそばかすの原因になるのは、疑いのない事実です。

  18. 大きな鏡を部屋に置く。

    私がある日、銭湯に行ったときのことです。
    その銭湯では、大きな鏡が置いてありました。
    人の身長をはるかに超える、大きさです。

  19. 悪口や批判を言うと、老いやすくなる。

    性格が悪い人の顔には、特徴があります。
    眉間にしわが寄って、口はへの字になっています。
    誰かを見下している表情をしています。

  20. 笑顔になると、肌の状態さえもはっきり見える。

    モデル雑誌の女性は、なぜ輝いて見えるのでしょうか。
    単純な話です。
    はじけるような笑顔になっているからです。

  21. お化粧は、美しさと醜さが重なる行為。

    女性には、お化粧は難しい問題です。
    美しくなろうとする行為でありながら、肌の状態を悪くさせる行為でもあるからです。
    美しくなるために、お化粧をします。

  22. 睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。

    睡眠前のマッサージは、ぜひおすすめです。
    特に寝る前です。
    寝る前にするマッサージは、リラックス効果があり、1日の疲れを取り、癒してくれます。

  23. 適度なアルコールは、美肌の助っ人。

    アルコールは、意外な効用をもたらします。
    お酒を飲んだ次の日、肌の調子がよくなったことはありませんか。
    私もお酒は、ときどき飲みますが、明らかに肌の調子の変化が実感できます。

  24. 睡眠中に、美しくなる。

    美肌もまた、睡眠なしでは語れません。
    睡眠中は、肌を休める時間であり、新陳代謝が活発になる時間です。
    「成長ホルモン」が大量に分泌されるおかげで、肌が潤いを取り戻すからです。

  25. 不規則な生活をやめる。

    不規則な生活は、肌に悪い影響を与えます。
    寝る時間と起きる時間が不規則になると、さまざまなバランスを崩してしまうからです。
    成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるというお話をすでにしました。

  26. 喫煙は、健康においても美容においても、1つもいいことはない。

    タバコは、百害あって一利なしです。
    健康においても美容においても、喫煙は1つもいいことはありません。
    お酒は適量なら、健康にいい影響を与えます。

  27. ダイエットのしすぎは、逆効果。

    若い時期は、ダイエットに挑戦する人が多いのではないでしょうか。
    もちろん太りすぎを直すために挑戦するダイエットは、美容にも健康にも有効です。
    無駄な脂肪や太りすぎは、生活習慣病を引き起こす要因になります。

  28. 見えないストレスだからこそ、肌の状態で確かめる。

    私が新人のころ、毎日残業で夜遅くまで仕事をしていた時期がありました。
    新人ですから、人一倍、仕事をたくさん経験して、早く成長したい気持ちがありました。
    そういう気持ちもあって、毎日残業をして、無理な仕事をしていた時期がありました。

  29. 休日くらいは、たっぷり睡眠を取る。

    あなたは、休日、どう過ごしていますか。
    たまった洗濯をしたり、食事に必要な買い物をしたりなどでしょう。
    好きな人とデートをしている人もいるのではないでしょうか。

  30. 恋をすると、美しくなる。

    好きな人がいないと、私たちはだらだらします。
    私は高校1年と2年のころ、男子ばかりというクラスに所属していました。
    校内に女子もいますが、圧倒的に男子が多い高校でした。

同じカテゴリーの作品