人生の教科書



スキンケア
たくさん笑うほど、しわも病気も、予防できる。
スキンケア
体のさびは、抗酸化物質によって遅らせることができる。
体臭対策
においやすさには、個人差がある。
健康
ウォーキングは、免疫力を高める手軽な方法。
スキンケア
衰えた肌は、ウォーキングによって再活性がされる。
犬のぼけは、脳細胞の死滅によって生じる。
スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
25

「活性酸素」は、
肌にいいものなの?

「活性酸素」は、肌にいいものなの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

美容関連の雑誌では「活性酸素」というキーワードをよく目にします。

「活性」という前向きな言葉が含まれているので、肌をよさそうな気がしますが、そうではありません。

実は、逆です。

毒なのです。

活性酸素とは、電子のペアの1つがなくなった酸素のことです。

これは細胞にとって毒です。

電子のペアがなくなると、原子が不安定になり、暴走を始めます。

そばにある細胞の分子から電子を奪うため、さらに細胞の傷を広げてしまうのです。

私たちは、生きるために酸素が必要です。

呼吸をするたびに、空気を吸って酸素を取り入れます。

呼吸で取り込んだ酸素のおよそ2パーセントが、活性酸素に変化すると言われます。

細胞の傷が増えるというのは、細胞が正常な働きをしなくなること。

これが「細胞のさび」といわれる状態です。

生きているかぎり、活性酸素の影響を受けるものであり、このことで人は、老化していくのです。

 

しかし、活性酸素が発生するのは、呼吸をするときだけではありません。

普段より大量の活性酸素ができる瞬間が、呼吸以外にも、確認されています。

ストレスを感じているときです。

悩んでいるとき、怒っているとき、興奮しているとき、悲しんでいるときなどです。

すでに体の中で安定している細胞が、ストレスの影響を受けると、特殊な変化をします。

原子核の周りある電子のペアの1つがなくなってしまうのです。

こうなると大変です。

原子が不安定になり、暴走を始めます。

そばにある細胞の分子から電子を奪うため、さらに細胞の傷を広げてしまうのです。

ストレスを受けると老けやすいのは、本当の話です。

生きるために呼吸をすることは誰も避けられませんが、大きなストレスなら、努力しだいで避けることができます。

現代社会では、完全にストレスからは逃げられません。

せめて気の持ちようを変えたり、定期的に気分転換をしたりなど、ストレスをためすぎないように心がけましょう。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その25
  • 活性酸素の意味を、
    理解する。
美容液は、乳液の前につけるの。
後につけるの?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品