人生の教科書



スキンケア
化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
スキンケア
乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
スキンケア
化粧水をつけて、すぐ乳液を塗らない。
スキンケア
洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。
スキンケア
脂性肌なら、乳液はいらないの?
スキンケア
忙しい朝くらいは、化粧水を省いても大丈夫?
スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り6 読んだ
12

化粧水と乳液。
お金をかけるならどちら?

化粧水と乳液。お金をかけるならどちら? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

スキンケアの2大道具と言えば、化粧水と乳液です。

理想をいえば、どちらにもお金をかけられればベストですね。

 

しかし、経済的に厳しい人は、どちらに予算をかけるべきか迷います。

あなたは、どちらに予算をかけていますか。

化粧水は、水みたいなので効果がよく分かりません。

 

一方、乳液は塗った直後から肌がなめらかになる変化が感じられます。

実感できる効果の違いから、乳液に予算をかけている人が多いのではないでしょうか。

あなたなら、どちらにお金をかけますか。

実のところ、お金をかけるなら、断然化粧水です。

乳液の役目とは、洗顔で失われた油分を補うこと。

肌の水分量をとどめておくために、乳液は欠かせません。

 

しかし、乳液の効果は、スキンケアの後、せいぜい1時間ほどです。

 

では、1時間後はどうなるのかというと、乳液の代わりに、皮脂が分泌されるのです。

この天然の皮脂こそ、最高の乳液です。

世界中のどんな高級な乳液も、この皮脂にはかなわないのです。

私たちは最初から、最高級の乳液を手にしています。

その一方、化粧水は違います。

「化粧水は水みたい」と思って、感触だけで判断するのはよくありません。

水のような化粧水ですが、実は高度な成分と技術が使われています。

化粧水は、保湿成分の品質が重要です。

コラーゲンよりヒアルロン酸のほうが保湿力も強く、ヒアルロン酸よりセラミドのほうが保湿力もあります。

保湿力が高いほど高価ですが、保湿効果は抜群です。

さらに肌の奥まで浸透するよう、ナノテクノロジーを使って、低分子化されています。

見た目も感触も水のようですが、使われている成分や技術が違うのです。

安物の化粧水より、高級な化粧水を使ったほうが、効果も高くなります。

成分も技術にも、差が現れやすい化粧水だからこそ、お金をかけるべきなのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その12
  • 乳液より化粧水に、
    お金をかける。
重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品