人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
合コン
「また一緒に話をしよう」という言葉は、リトマス試験紙だ。
体臭対策
汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。
仕事効率化
挨拶は、まず自分から。
体臭対策
実は「汗かき」という明確な定義はない。

のにおいをえる
30対策

お気に入り3 読んだ
7

種類は、
リトマス試験紙確認できる

汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。 | 汗のにおいを抑える30の対策

には、2種類あります。

においにくいよい汗と、においやすい悪い汗です。

もともと肌は、弱酸性です。

健康な肌は、ペーハー値が4.5から6.0の弱酸性です。

なぜ、肌は弱酸性なのか。

肌は、外部の細菌やカビなどの侵入や繁殖を防ぐため、弱酸性の状態を保つ仕組みになっています。

よい汗は、塩分を含んでいるため、肌を弱酸性に保てます。

汗をかいたとしても、弱酸性のおかげで菌が繁殖しにくくなり、汗もにおいにくくなります。

さらさらした、水のような汗になるのです。

 

一方、悪い汗は、ミネラル分を多く含んでいるのが特徴です。

汗に含まれるミネラル分が多くなると、肌が弱アルカリ性に傾き、殺菌力が低下します。

菌が繁殖しやすくなると、菌から異臭が発生し、においやすくなります。

どろどろした、滑りのある汗になるのです。

 

さて、こうした違いを見た目だけでは判断するのは困難です。

ここで、簡単に区別できる方法があります。

リトマス試験紙です。

リトマス試験紙とは、酸性とアルカリ性の判別に使われる特殊な紙です。

汗をかいたとき、その汗にリトマス試験紙を当ててみましょう。

青色のリトマス試験紙が赤色になれば、弱酸性ですから、よい汗です。

赤色のリトマス試験紙が青色になれば、弱アルカリ性ですから、悪い汗です。

興味があれば、ぜひ試してみましょう。

汗のにおいを抑える対策 その7

  • 種類を、
    リトマス試験紙確認してみる
いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。

もくじ
(汗のにおいを抑える30の対策)

同じカテゴリーの作品