人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
敏感肌は、化粧品を使わないほうがいいのか。
スキンケア
低分子の化粧品は、むらができないように注意すること。
スキンケア
自分の肌の特徴を、説明できますか。
スキンケア
化粧品をつけたときに肌がひりひりするのは、化粧品の品質が悪いから?
スキンケア
化粧品に入っている防腐剤は、肌への影響は?
スキンケア
「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
18

低刺激化粧品のほうが、
健康的なの?

刺激用の化粧品。

そのパッケージには「肌に優しい」と書かれています。

「肌に優しい」と書かれていれば、敏感肌だけでなく、普通肌にとっても、健康的ではないのかと思いますね。

値段も高めであるため、少し高級なイメージもあります。

結論から言えば、敏感肌用の化粧品は、普通肌の人も使えます。

 

ただし、使うことはできますが、おすすめはしません。

敏感肌用の化粧品は、あくまで刺激に弱い人向けに作られたものです。

敏感肌は、角質層が薄いため、あらゆる刺激に敏感に反応しやすい状態です。

敏感肌用の化粧品は、角質層が薄くても刺激が大きすぎないよう、刺激の弱い成分が厳選されています。

さらに配合される成分は、少なめにしたり薄めたりされています。

角質が薄い敏感肌の人だからこそ、ちょうどよい状態です。

成分の濃度が低くても、角質が薄いため、適度な効き目になるのです。

価格も少し高めなのは、研究、テスト、製造などに、手間暇がかかっているためです。

それを普通の肌の人が使ってしまうと、どうでしょうか。

低刺激で濃度も低いため、成分が肌の奥まで届かず、水をつけているだけのような状態になりかねません。

問題は発生しませんが、化粧品としての効果も小さくなることでしょう。

敏感肌用の化粧水は、あくまで敏感肌だからこそ、効き目があります。

普通肌の人は、一般的な化粧品を使うようにしましょう。

スキンケアの悩みが解決するポイント その18

  • 普通は、
    一般的化粧品使

同じカテゴリーの作品