人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
手作り化粧品に挑戦するなら、デメリットもきちんと把握しておくこと。
ストレス対策
緑を部屋に置けば、疲れが取れる。
暮らし
植物の成長は、時間がかかるからこそいい。
草をおいしそうに食べている。
野菜が食べたいの?

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り1 読んだ
21

「鉱物由来油」
「植物由来油」
安全性いはあるの?

粧品に使われる油には、2種類あります。

鉱物由来の「鉱物油」と、植物由来の「植物油」です。

「鉱物」と聞くと、肌に悪いような印象があります。

一方「植物」と聞くと、自然で肌に優しい印象があります。

そうしたキーワードの印象だけで決めるのは早合点です。

ポイントは「どのくらい安全なレベルまで精製されているか」です。

鉱物由来でも、十分に精製されていれば、安全です。

医療関係で頻繁に使われるワセリンも、実は鉱物油です。

ワセリンは世界中で使われ、十分な安全性が実証されています。

赤ちゃんに使うベビークリームにも、鉱物油が含まれています。

つまり、赤ちゃんのような弱い肌でも、安全に使用できるということです。

逆に、植物由来でも、精製の品質が悪ければ肌に悪影響があります。

一昔前なら、精製の品質を確かめる必要がありましたが、今現在、精製技術は十分に発達しました。

ブランドやメーカーから販売されている化粧品なら、鉱物由来や植物由来でも、十分に安全なレベルまで精製されています。

品質チェックが何重にも行われているはずですから、安全品質については問題ないと考えていいでしょう。

むしろ大切なのは、使い心地や相性です。

油の種類によっては、使い心地や肌へのなじみに違いがある場合があります。

こればかりは、使ってみないと分かりません。

自分に合うかどうかを知るためには、やはり実際に使ってみるのが一番です。

アレルギー肌や敏感肌の人なら、なおさら事前のチェックが必要です。

鉱物油と植物油だけで善しあしを判断するのではありません。

試供品を使ったり、パッチテストをしたりなど、実際に使った上で総合的に判断しましょう。

スキンケアの悩みが解決するポイント その21

  • 鉱物油植物油だけで品質判断せず、
    実際使ったで、
    しあしをかめる

同じカテゴリーの作品