人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
19

化粧品っている防腐剤は、
への影響は?

粧品の成分表示を見ると「防腐剤」が入っていることに気づきます。

防腐剤とは、微生物の活動や増殖を抑え、腐敗を防ぐ薬剤のことです。

体によいのか悪いのかと聞かれれば、もちろん悪い影響があります。

なくせばいいと思いますが、そう単純にはいきません。

もし化粧品の中に防腐剤が入っていなければ、どうなるでしょうか。

化粧品の中で菌があっという間に繁殖して、品質が落ちてしまいます。

状況によっては、たった3日で菌が大量に繁殖して、品質がだめになってしまこともあるのです。

品質が落ちるだけならまだいいほうです。

劣化した化粧品が、逆に皮膚に悪影響を与える可能性もあります。

防腐剤は肌に悪影響があるとはいえ、防腐剤がなければ、もっと悪影響が出てしまうのが現実です。

そういう事情を考えると、防腐剤の存在を完全否定するわけにもいかないのです。

化粧品業界で使われる防腐剤は、十分に安全性が確認されたものが使われています。

肌に安全な種類が厳選され、影響の出ない量の範囲内で使われています。

古くから使われている実績もありますから、ひどく神経をとがらせる必要はないでしょう。

ないほうが望ましい防腐剤ですが、化粧品の品質を保つために、やむなく必要とされます。

大切なことは「パッケージに書かれた使用量」を正しく守ることです。

パッケージに書かれた使用量は、化粧品の効果だけではありません。

防腐剤が肌に悪影響を出ない量の目安でもあります。

防腐剤を必要以上に恐れず、パッケージに書かれた使用量を、正しく守りましょう。

スキンケアの悩みが解決するポイント その19

  • 防腐剤する誤解
脂性肌なら、乳液はいらないの?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品