人生の教科書



読み上げ動画・音声
暮らし
ただやる気になるだけでは、意味がない。
暮らし
おみくじの凶は、身を引き締める意味。
ストレス対策
誘いを断れば、ストレスが減り、時間が増え、お金も節約できる。
暮らし
ときめきは、神様からのお告げ。

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り2 読んだ
4

「界面活性剤」とは、
どういう意味

腐剤」「香料」「ビタミンC誘導体」などの言葉は、文字列を見れば、何となく意味が分かります。

名前に意味が含まれているので、詳しく知らなくても、効果が分かるのです。

 

しかし、そんななかひときわ小難しいキーワードを見かけることがあります。

その代表的な1つは「界面活性剤」です。

言葉を聞いても、意味を連想しづらいですね。

「なんだろう?」と思います。

クレンジング料の成分表示で、よく見かける言葉です。

どういう成分なのでしょうか。

美容知識の1つとして、あらためて勉強しましょう。

界面活性剤とは、本来混ざり合わないはずの水と油を、混ざり合わせるようにした物質です。

料理の経験がある女性なら、油を水で落とせないのは直感的に理解できるでしょう。

マスカラやアイメイクなどには、汗で落ちにくいように油分が使われています。

水で洗っても落ちやすくするようにするため、油を浮かせる界面活性剤が使われるのです。

界面活性剤の最大のメリットは、頑固なメイクもきれいに落とせることです。

油分を含んだメイクを、効率よく落とすことができるようになります。

 

ただし、デメリットもあります。

油を水と一緒に洗い流してしまうことは、乾燥もしやすいということです。

皮脂も油の一種です。

敏感肌や乾燥肌の人は、肌が突っ張るため、使用を控えたほうがいい場合があります。

この辺りの判断は、メイクの度合い、肌の質、界面活性剤の量によって異なるため、個人差があります。

メリットとデメリットを理解した上で、化粧品選びの目安にしてみましょう。

スキンケアの悩みが解決するポイント その4

  • 界面活性剤メリットデメリットを、
    把握する

同じカテゴリーの作品