人生の教科書



スキンケア
ぬるま湯の適正温度は、肌質によって異なる。
スキンケア
肌に合った洗顔料を選ぶ目安。
スキンケア
洗顔料だけでメイクが落ちるような気がする。
クレンジングは本当に必要なの?
スキンケア
「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。
スキンケア
肌荒れの原因は、きれいに洗えるはずのシャワーが原因かもしれない。
スキンケア
洗顔料で顔を洗えば、クレンジングは不要では?
スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り2 読んだ
13

重度の乾燥肌や敏感肌の場合、
どのような洗顔がおすすめですか?

重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

重度の乾燥肌や敏感肌の人がいます。

洗顔料はもちろん、化粧水も乳液も受け付けないのです。

そういう人は、どう顔を洗えばいいのでしょうか。

「洗顔といえば、洗顔料を使う」という固定観念がありませんか。

洗顔料は使う必要はありません。

ぬるま湯だけOKです。

実のところ、ぬるま湯だけで、肌の汚れを落とせます。

人間の肌は時間が経つと、古い角質は新陳代謝によって、自動的に剥がれ落ちるようになっています。

そもそも昔は、洗顔料なんてありませんでした。

顔を洗うときも、水だけで洗うのが普通でした。

現代の洗顔料は、どちらかと言えば、無理やり汚れを落としている状態です。

「きれいであるほどよい」という考えが一般的になり、顔を洗うときには洗顔料を使うのが当然になっています。

もちろん洗顔料でしっかり汚れを落としても、化粧水で保湿して、乳液でカバーするので問題はありません。

あくまでこれは普通肌だから、通用する話です。

現代人は、清潔に敏感すぎるのかもしれませんね。

もし、重度の乾燥肌や敏感肌の場合、考え方を改め、ぬるま湯だけで洗顔してみましょう。

洗顔料は、一切使わないのです。

温かいお風呂や半身浴だけでも結構です。

ぬるま湯は、いらなくなった肌の角質を柔らかくして、浮かせる効果があります。

基本的な汚れは、それだけで十分落とすことができるのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その13
  • 重度の敏感肌は、
    ぬるま湯だけで顔を洗う。
人の皮膚が呼吸するのは、真っ赤な嘘。

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品