人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
化粧水と乳液。
お金をかけるならどちら?
スキンケア
乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
スキンケア
化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
スキンケア
脂性肌なら、乳液はいらないの?
スキンケア
化粧水をつけて、すぐ乳液を塗らない。
スキンケア
手に取りすぎた化粧水や乳液は、もったいないから容器に戻してもいいの?

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り1 読んだ
22

乳液化粧下地をつけると、
べたつきやすい
くする方法は?

キンケアもメイクも、きちんとしようとする人に起こりがちな悩みがあります。

顔が重くなりやすい悩みです。

たっぷり化粧水と乳液をつけて、スキンケアをします。

さらに化粧下地から順番にメイクを重ねていけば、最終的に分厚い層が出来上がります。

スキンケアもメイクも、美しく決まるのはいいのですが、気持ちいいものではありません。

独特の重みや、つけ心地の悪さがあります。

いかにも「顔に塗りものを乗せています」という感じです。

 

さて、困りました。

この重みを少しでも軽くさせるために、2種類の解決法があります。

(解決法1)
乳液をしっかりつけることで、化粧下地の量を減らす

どんな解決法であろうと、保湿は常に手を抜いてはいけません。

そのために、乳液を多めにつけておきましょう。

乳液を多めにつけると保湿効果が高くなりますから、化粧下地の量を減らせばいいのです。

(解決法2)
保湿効果の高い化粧下地を使うことで、乳液の量を減らす

化粧下地の中には、保湿効果を備えたものがあります。

化粧下地の保湿効果に頼れば、乳液の量も減らすことができるため、全体的な量を減らせます。

スキンケアの悩みが解決するポイント その22

  • 何重にもるべたつきになる場合は、
    保湿効果化粧下地使って、
    乳液らす
泡を使って洗顔するのは分かっているけど、泡立ちにくい洗顔料もある。
どうやって泡立てればいいの?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品