スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り1 読んだ
3

クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、
洗顔料は不要になるの?

クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、洗顔料は不要になるの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

クレンジング料の中で最も強力なのは、オイルタイプです。

油は油と混ざる性質があるため、オイルタイプを使えば、きれいに落とせます。

 

しかし、物によっては、メイクだけでなく、毛穴の汚れまで落とすことができるクレンジング料まであるというから驚きです。

そんなとき、ふと、素朴な疑問が浮かびます。

クレンジングで毛穴の汚れまで落とせるなら、洗顔料を使った洗顔は不要ではないかと思うのです。

いいえ、これはよくありません。

やはり、洗顔料による洗顔は必要です。

そもそもクレンジング料で、毛穴の汚れまで落とすべきではありません。

メイクと一緒に毛穴の汚れまで落とそうとすると、ごしごしした動きになりやすく、肌への大きな負担になります。

クレンジングの本来の目的は「メイクを落とすこと」です。

あくまでメイク落としですから、毛穴の汚れを落とすと言っても、程度がしれています。

あまりごしごしすると、せっかく浮いたメイクの一部が毛穴の奥に入り込み、再び肌を汚してしまうこともあります。

クレンジングで欲張るのは、肌を傷めるもとです。

たとえ、強力なタイプのクレンジング料であろうと、メイクが浮けば、さっと洗い流しましょう。

当たり前に、当たり前のことをするだけです。

メイクを落とすのは、クレンジング料の専門です。

皮脂や毛穴の汚れを落とすのは、洗顔料の専門です。

それぞれの役割に応じた使い方をすることで、最も肌をきれいにすることができるのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その3
  • クレンジング料を使っても、きちんと洗顔料で洗顔する。
「界面活性剤」とは、どういう意味?

もくじ
スキンケアの悩みが解決する30のポイント
クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、洗顔料は不要になるの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

  1. メイクが濃いと、色素が染み込んでしみになることはあるの?
  2. 洗顔料で顔を洗えば、クレンジングは不要では?
  3. クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、洗顔料は不要になるの?
  4. 「界面活性剤」とは、どういう意味?
  5. メイクをしていない状態で、クレンジングはしたほうがいいのか。
  6. 旅行先で、クレンジング料を忘れた。
    どうやってメイク落としをすればいい?
  7. 洗顔料だけでメイクが落ちるような気がする。
    クレンジングは本当に必要なの?
  8. 手に取りすぎた化粧水や乳液は、もったいないから容器に戻してもいいの?
  9. 安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。
    どちらのほうが、効果が高いの?
  10. 化粧水は、冷蔵庫に保管しておいたほうがいいの?
  11. コラーゲンがたっぷり含まれたものがある。
    これを口にすれば、肌がふっくらになるの?
  12. 化粧水と乳液。
    お金をかけるならどちら?
  13. 重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか?
  14. 人の皮膚が呼吸するのは、真っ赤な嘘。
  15. 乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
  16. 洗顔料で見かける「弱酸性」には、どういう効果があるの?
  17. 「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。
  18. 低刺激の化粧品のほうが、肌に健康的なの?
  19. 化粧品に入っている防腐剤は、肌への影響は?
  20. 脂性肌なら、乳液はいらないの?
  21. 「鉱物由来の油」と「植物由来の油」。
    安全性や効き目に違いはあるの?
  22. 乳液の上に化粧下地をつけると、べたつき感が出やすい。
    軽くする方法は?
  23. 泡を使って洗顔するのは分かっているけど、泡立ちにくい洗顔料もある。
    どうやって泡立てればいいの?
  24. 敏感肌は、化粧品を使わないほうがいいのか。
  25. 「活性酸素」は、肌にいいものなの?
  26. 美容液は、乳液の前につけるの。
    後につけるの?
  27. なぜ化粧品の値段は、差が大きいの?
  28. 化粧品をつけたときに肌がひりひりするのは、化粧品の品質が悪いから?
  29. ヒアルロン酸配合とセラミド配合の化粧品の違いとは。
  30. 普通肌、乾燥肌、脂性肌。
    一番老化しやすい肌はどれ?

同じカテゴリーの作品