スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り5 読んだ
9

安物の化粧水をたっぷり使うのと、
高価な化粧水を少しずつ使う。
どちらのほうが、
効果が高いの?

安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。どちらのほうが、効果が高いの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

答えは単純です。

理想を言えば、もちろん高価な化粧水をたっぷり使うのがベストです。

高価である理由はさまざまですが、たしかな効き目のある成分や技術に、手間暇がかかっていることに間違いありません。

高価な物をたっぷり使うことで、高い効果が得られるでしょう。

 

ただし、1つ問題があります。

予算がかかることです。

いいと分かっていても、経済事情により、なかなか現実的に難しい場合があります。

もし高価な化粧水を買う余裕がないときは、安物の化粧水をたっぷり使うようにしましょう。

化粧水が安物であろうと高価であろうと「たっぷり使うこと」は必須です。

もちろん効果も大切ですが、それ以上に大切なのは、量です。

どんなに効果の高い化粧水でも、使う量が少なければ、意味がありません。

使う量が少なくて、顔に塗り足りない部分ができるのでは、化粧水の意味がありません。

量が少ないと、保湿の効果も半減します。

目安としては、顔全体が塗れた状態になる程度です。

びしょびしょになるほどたっぷり使ってこそ、化粧水の十分な効果が期待できるのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その9
  • 高価な化粧水をたっぷり使うのが難しいなら、安物の化粧水をたっぷり使う。
化粧水は、冷蔵庫に保管しておいたほうがいいの?

もくじ
スキンケアの悩みが解決する30のポイント
安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。どちらのほうが、効果が高いの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

  1. メイクが濃いと、色素が染み込んでしみになることはあるの?
  2. 洗顔料で顔を洗えば、クレンジングは不要では?
  3. クレンジングでしっかり汚れが落ちれば、洗顔料は不要になるの?
  4. 「界面活性剤」とは、どういう意味?
  5. メイクをしていない状態で、クレンジングはしたほうがいいのか。
  6. 旅行先で、クレンジング料を忘れた。
    どうやってメイク落としをすればいい?
  7. 洗顔料だけでメイクが落ちるような気がする。
    クレンジングは本当に必要なの?
  8. 手に取りすぎた化粧水や乳液は、もったいないから容器に戻してもいいの?
  9. 安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。
    どちらのほうが、効果が高いの?
  10. 化粧水は、冷蔵庫に保管しておいたほうがいいの?
  11. コラーゲンがたっぷり含まれたものがある。
    これを口にすれば、肌がふっくらになるの?
  12. 化粧水と乳液。
    お金をかけるならどちら?
  13. 重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか?
  14. 人の皮膚が呼吸するのは、真っ赤な嘘。
  15. 乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
  16. 洗顔料で見かける「弱酸性」には、どういう効果があるの?
  17. 「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。
  18. 低刺激の化粧品のほうが、肌に健康的なの?
  19. 化粧品に入っている防腐剤は、肌への影響は?
  20. 脂性肌なら、乳液はいらないの?
  21. 「鉱物由来の油」と「植物由来の油」。
    安全性や効き目に違いはあるの?
  22. 乳液の上に化粧下地をつけると、べたつき感が出やすい。
    軽くする方法は?
  23. 泡を使って洗顔するのは分かっているけど、泡立ちにくい洗顔料もある。
    どうやって泡立てればいいの?
  24. 敏感肌は、化粧品を使わないほうがいいのか。
  25. 「活性酸素」は、肌にいいものなの?
  26. 美容液は、乳液の前につけるの。
    後につけるの?
  27. なぜ化粧品の値段は、差が大きいの?
  28. 化粧品をつけたときに肌がひりひりするのは、化粧品の品質が悪いから?
  29. ヒアルロン酸配合とセラミド配合の化粧品の違いとは。
  30. 普通肌、乾燥肌、脂性肌。
    一番老化しやすい肌はどれ?

同じカテゴリーの作品