人生の教科書



スキンケア
安物すぎる化粧品には、手を出すな。
暮らし
傘を持ち歩くのが面倒だと思うのは、安い傘を使っているせいだ。
メイク
自信があるから上質な手鏡を使うのではない。
上質な手鏡を使うから自信がついてくる。
ファッション
品格の低い物を持つと、持つ人の品格まで下げてしまう。
スキンケア
化粧水と乳液。
お金をかけるならどちら?
スキンケア
乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
スキンケア

スキンケアの悩みが解決する
30のポイント

お気に入り5 読んだ
9

安物の化粧水をたっぷり使うのと、
高価な化粧水を少しずつ使う。
どちらのほうが、
効果が高いの?

安物の化粧水をたっぷり使うのと、高価な化粧水を少しずつ使う。どちらのほうが、効果が高いの? | スキンケアの悩みが解決する30のポイント

答えは単純です。

理想を言えば、もちろん高価な化粧水をたっぷり使うのがベストです。

高価である理由はさまざまですが、たしかな効き目のある成分や技術に、手間暇がかかっていることに間違いありません。

高価な物をたっぷり使うことで、高い効果が得られるでしょう。

 

ただし、1つ問題があります。

予算がかかることです。

いいと分かっていても、経済事情により、なかなか現実的に難しい場合があります。

もし高価な化粧水を買う余裕がないときは、安物の化粧水をたっぷり使うようにしましょう。

化粧水が安物であろうと高価であろうと「たっぷり使うこと」は必須です。

もちろん効果も大切ですが、それ以上に大切なのは、量です。

どんなに効果の高い化粧水でも、使う量が少なければ、意味がありません。

使う量が少なくて、顔に塗り足りない部分ができるのでは、化粧水の意味がありません。

量が少ないと、保湿の効果も半減します。

目安としては、顔全体が塗れた状態になる程度です。

びしょびしょになるほどたっぷり使ってこそ、化粧水の十分な効果が期待できるのです。

まとめ

スキンケアの悩みが解決するポイント その9
  • 高価な化粧水をたっぷり使うのが難しいなら、
    安物の化粧水をたっぷり使う。
化粧水は、冷蔵庫に保管しておいたほうがいいの?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品