人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
メイクをしていない状態で、クレンジングはしたほうがいいのか。
スキンケア
洗顔料だけでメイクが落ちるような気がする。
クレンジングは本当に必要なの?
スキンケア
人の皮膚が呼吸するのは、真っ赤な嘘。
スキンケア
肌に悩みがある人が陥りやすい「念入り」という悪循環。

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
1

メイクいと、
色素んでしみになることはあるの?

ーブルクロスの上にこぼしたコーヒーは、時間が経つにつれて、落ちにくくなります。

染み込んでしまい、洗っても取れなくなります。

メイクも似たような状態です。

「メイクの色素が肌に染み込むことはないだろうか」と、不安になったことはありませんか。

リキッドタイプのファンデーションは、水分量が多いため、肌に染み込んでも不思議ではないと思います。

結論から言えば、メイクが肌に染み込むことはありません。

メイクの染料は、肌に染み込めるほど、小さな分子ではないからです。

化粧水や乳液は、あらかじめ分子を小さくしているため、よく染み込みます。

たとえ染み込んだとしても、きちんとクレンジングと洗顔をすれば、きれいに落とせます。

ましてや、染み込んだメイクの一部がしみになることもありません。

そもそも染み込んだメイクとしみとは、別のものです。

しみは、メラニン色素が肌の中で色素沈着を起こしているものであり、メイクの色素が残ったものではありません。

常に肌は新陳代謝を繰り返し、下から上へと角質が押し上げられています。

色素が深く染み込んだとしても、いずれ自然と剥がれ落ちます。

メイクの色素が染み込んで、しみに変わる心配はありません。

 

ただし、分厚いメイクやメイクの落とし忘れなどの影響で、しみができやすくなることなら、考えられます。

肌は呼吸をしませんが、長時間のメイクは、多少は肌に負担をかけるものです。

負担の大きさによっては、肌の新陳代謝が乱れ、肌に何らかの不調を来す場合があるのです。

いくらメイクの色素がしみにならないとはいえ、メイクを落とさない理由にはなりません。

寝る前には、きちんとクレンジングをして、メイクを落としておくことが大切なのです。

スキンケアの悩みが解決するポイント その1

  • には、
    クレンジングできれいにメイクとす
洗顔料で顔を洗えば、クレンジングは不要では?

もくじ
(スキンケアの悩みが解決する30のポイント)

同じカテゴリーの作品