人生の教科書



読み上げ動画・音声
メイク
酸欠状態の肌を回復させるポイントは、バスタイムにある。
メイク
自己満足のメイクが、必ずしもきれいとは限らない。

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り2 読んだ
14

皮膚呼吸するのは、

  • を、きちんと呼吸させないと!」

夜、寝る前にはメイクを落とします。

メイクを落とす理由を、肌に呼吸をさせるためと思っている女性がいます。

呼吸をさせないと新陳代謝が低下して、肌がぼろぼろになると思います。

世間でよく耳にする話ですが、大きな誤解があります。

実のところ、肌が呼吸するのは、嘘です。

大嘘です。

肌は呼吸しません。

呼吸は、皮膚ではなく、肺で行われます。

本当に肌が呼吸しているなら、水泳で水に浸かる時間が長いほど、肌もぼろぼろになるはずです。

プロの水泳選手ともなれば、年中、水に浸かっているような状況ですから、肌は大変なことになっているでしょう。

 

しかし、実際はそうではありませんね。

長時間、水に浸かっていても、肌は何も影響ありません。

  • 「では、ばんそうこうを貼った後に肌が白くなるのはなぜ?」

ばんそうこうを貼った後に肌が白くなるのは、呼吸ができないからではありません。

ばんそうこうを貼っていると、体温調節のため皮膚から出る水分の蒸発ができないためです。

皮膚が湿ってふやけているだけであり、皮膚呼吸とは関係ありません。

  • 「でも、メイクをしたまま寝たとき、翌日肌がぼろぼろになったことがある」

もし、メイクをしたまま寝た翌日に、肌の異変が感じられたなら、原因は乾燥です。

ファンデーションやパウダーなどが肌の水分を吸収してしまい、乾燥が進んでしまったのです。

よく化粧品会社で「皮膚呼吸を促そう」という言葉が見られるのは、一種の宣伝です。

好ましい皮膚の状態のたとえとして、うたっているだけです。

したがって、皮膚呼吸のことは忘れ、寝る前には化粧水や乳液などでしっかり保湿は必要です。

たっぷり保湿をすることで、睡眠中に肌の奥まで浸透して、翌日の朝はぴちぴちになっているのです。

スキンケアの悩みが解決するポイント その14

  • 皮膚呼吸誤解を、

同じカテゴリーの作品