人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
乾燥肌は、敏感肌にもなりやすい。
スキンケア
肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。
あなたはどのタイプ?
スキンケア
脂性肌の人は、一度、脂性乾燥肌ではないかと疑ったほうがいい。
スキンケア
乾燥肌でも、にきびはできる。
メイク
乾燥肌でメイクが崩れやすい。
粉っぽくならないメイク方法は?
スキンケア
重度の乾燥肌や敏感肌の場合、どのような洗顔がおすすめですか?

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り2 読んだ
30

普通肌
乾燥肌
脂性肌
一番老化しやすいはどれ?

然ですが、問題です。

普通肌、乾燥肌、脂性肌。

この中で、最も老化しやすいのはどの肌質でしょうか。

正解は、ずばり、乾燥肌です。

単に乾燥肌のことを「乾燥しているだけの肌」と思っていませんか。

にきびがなければ、乾燥肌でも美しく見えるだろうと思うのは、早まった考えです。

乾燥していることは、肌の老化を早める要因になります。

そのメカニズムを少し詳しくお話しましょう。

まず肌が乾燥するのは、肌表面の水分量が少なくなっている状態です。

肌が乾燥すると、肌が硬くなります。

肌が硬くなると、新陳代謝が滞り始めます。

新陳代謝が滞ると、弾力の元になるコラーゲンやエラスチン繊維の生成が減ってしまいます。

弾力が失われやすいため、しわにもなりやすくなるのです。

乾燥によって肌が硬くなれば、新陳代謝も乱れます。

老廃物やメラニン色素などの排出もスムーズに行われないため、色素が肌に残りやすく、しみやくすみにも悩まされやすくなります。

乾燥肌は、しわもしみもくすみも発生しやすく、肌の老化を早めやすいのです。

誤解を恐れず言ってしまうと、生まれつき乾燥肌の人は、生まれつき老けやすいわけです。

おっと、ショックを受けて終わりではありません。

実はこの話には、もう1つ大切なポイントが隠されています。

この事実の裏には、逆に老けにくくなるポイントも隠されています。

乾燥が肌の老化を早めやすい要因なら、肌から乾燥を守ることが、肌の老化を防ぐ要因にもなるわけです。

保湿は乾燥肌の人に限らず、すべての人に必要です。

肌に油分を与えすぎることはあっても、水分を与えすぎることはありません。

赤ちゃんや子供の肌は、ふっくらとしていますが、十分に水分が保たれているからです。

すべての人に、十分な水分補給が必要です。

みずみずしい肌は、若々しく見られるためポイントです。

できるだけ多くの水分を補給すれば、いつまでも若々しさを保てます。

スキンケアの悩みが解決するポイント その30

  • 乾燥肌でなくても、
    十分水分補給する

同じカテゴリーの作品