人生の教科書



愛の伝わるスキンシップがあれば、回数は少なくてもいい。
子育て
子供にも家族運営に参加させる。
子育て
子供に共感してから、叱る。
子育て
子供は親に触れているとき、一番安心する。

子育て上手な父親になる
30の方法

お気に入り5 読んだ
29

子供の話に、
小難しい評価や感想はいらない。
単に共感するだけでいい。

子供の話に、小難しい評価や感想はいらない。単に共感するだけでいい。 | 子育て上手な父親になる30の方法

心理学から言えば、人が誰かに話しかける目的の大半は「共感してもらいたいから」とのことです。

話を聞いて、納得してもらったり、一緒に気持ちを分かち合ったりしたい。

あなたにも当てはまるのではないでしょうか。

仕事のような特別な用事がある場合を除いて、考えてみましょう。

普段の日常生活の中、何気なく友達に話しかけたり電話したりするとき、どのような心理状態ですか。

「自分の話を聞いてもらいたい。分かってもらいたい」という気持ちがあるはずです。

明確に「私の話を分かって」と言葉を口にすることはありません。

それとなく「聞いてよ。今日こんなことがあってね」という話をしていることでしょう。

共感をしてもらいたいから、話しかけています。

幼い子供でも同じです。

子供が親に話しかける理由の大半も「共感してもらいたいから」です。

  • 「今日、学校でこんなことがあったんだよ」

  • 「友達とこんな遊びをしたよ」

  • 「道端で、こんな物を見つけた」

そういうとき、親は子供たちの話を聞いて、評価や感想をいうのではありません。

単に、共感する言葉をかけてあげればいい。

  • 「それは大変だったね」

  • 「つらかったね」

  • 「そうだね、なるほど」

すると、子供は自分の気持ちを理解してくれたと感じ、ぱっと笑顔になります。

特に男性である父親は、子供からの話に難しく身構えて考えてしまいがちです。

「何か気の利いた返事をしてやろう」と、力を込めすぎていませんか。

アドバイスや感想を、無理に考える必要はありません。

単純に「そうか、なるほど」と共感すればいいのです。

まとめ

子育て上手な父親になる方法 その29
  • 子供の話に共感する。
家の手伝いは、言い換えれば「体育の授業」である。

もくじ
(子育て上手な父親になる30の方法)

同じカテゴリーの作品