執筆者:水口貴博

子どもの才能を伸ばす
30の習慣

13
6

子どもの見方や感じ方を、
最大限尊重する。

子どもの見方や感じ方を、最大限尊重する。 | 子どもの才能を伸ばす30の習慣

私が小学生のころ、同じクラスに登校拒否をする、Mさんという女の子がいました。

初めは毎日、普通に通っていました。

じわじわ来なくなったのではなく、ある日を境に急に、学校に来なくなりました。

その境に何かあったのか。

私は同じクラスで、席も近かったので、そのきっかけを知っています。

まだ低学年でしたが、はっきり覚えています。

ある日、絵を描く授業がありました。

先生が、本物の花を用意して、見ながら絵を描くというテーマでした。

みんな、花を見ながら、絵を描きます。

それぞれが個性ある花を書いていました。

個性とはいえ、小学生の低学年ですから、うまいというほどの絵ではありません。

私も含め、まあ、小学生らしい絵を描いていました。

そんな中、Mさんだけは一風変わった絵を描いていました。

漫画のような花の絵を描いていました。

それを見て先生は怒ります。

「漫画を書く時間じゃありません!」

「きちんと花をよく見て書きなさい!」

その女の子は大泣きしてしまいました。

私もまだ子どもでしたが「そんなに怒らなくてもいいのに」という強い叱り方でした。

先生が大きな声で叱るので、ほかの生徒も絵を描くのをやめ、Mさんの周りに集まっていました。

そういう状況はよくありませんし、そういう状況にさせるような先生もよくありません。

Mさんとしては、下手な絵で先生に叱られ、下手な絵をみんなに見られ、ひどく傷つき、すっかり自信をなくしたのでしょう。

それ以来、Mさんは登校拒否になってしまいました。

子どもなりに、絵を見てどう感じるかは、人それぞれです。

おそらくMさんとしては、漫画のように花が見えたのでしょう。

Mさんは静かで真面目な人です。

決してふざけて描いているような絵ではありませんでした。

Mさんなりに、見たまま描いたら、漫画のようになってしまったのでしょう。

しかし、先生は、Mさんがふざけていると勘違いして、ひどく叱ります。

それはよくありません。

そういうふうに見えたから、そういう絵も受け入れられるはずです。

どう見え、どう感じるのかは、本人にしかわからないことです。

赤いバラの花だから、赤く描かなければいけない決まりはありません。

赤いバラでも、青のような印象を受ければ、青く描いてもいい。

バラでも、ヒマワリのように見えれば、大きく書いてもいい。

絵を描くとはいえ、多種多様です。

漫画のような描き方でもあるはずです。

そこで、親や先生が「花はこういうものだ」という教え方をすると、子どもは伸び悩みます。

まったく叱る場面ではありません。

私は、今になって思います。

もしや、Mさんは何か才能があったのではないかと。

それ以来、Mさんが登校拒否になってしまって会えなくなったので、詳しいことはわかりませんが、可能性はあったはずです。

往々にして、才能のある人の絵は、変な絵です。

ピカソの絵も「きれいな絵」というより「変な絵」です。

大人ですら理解できないもの。

言い方は悪いかもしれませんが、天才の描く絵ほど、子どもが適当に描いたような絵に見えます。

素晴らしい才能は、一般人には理解できないということです。

一般の人には理解できない印象を受け、一風変わった表現をするから、そう見えるだけ。

大人にはふざけているように見えても、才能かもしれません。

もしかしたらMさんは何か才能を秘めていたのかもしれないと、今になって思いました。

あのとき、先生が叱らずに褒めていれば、Mさんはまた別の道を歩んでいたかもしれません。

子どもの感じ方を尊重してあげましょう。

子どもが見たまま、感じたままに絵を描かせてあげましょう。

子どもの才能を伸ばす習慣(13)
  • 子どもの見方、感じ方などを、尊重する。
子どもの才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!

子どもの才能を伸ばす30の習慣
子どもの才能を伸ばす30の習慣

  1. 子どもの才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
    子どもの才能発揮は、マズローの5段階欲求説が鍵を握る。
  2. 愛情の注がれた子どもは、自然と才能を伸ばしていく。
    愛情の注がれた子どもは、自然と才能を伸ばしていく。
  3. 子どもに約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
    子どもに約束を守りなさいという前に、親がきちんと約束を守る。
  4. 子どもに完璧を求めすぎない。
    子どもに完璧を求めすぎない。
  5. 子どもの悪いところではなく、いいところを見る。
    子どもの悪いところではなく、いいところを見る。
  6. 子どもの成長を喜ぶと、子どもの伸びはもっとよくなる。
    子どもの成長を喜ぶと、子どもの伸びはもっとよくなる。
  7. 子育て上手な親は演技がうまい。<br>見ていないふりをしながら、しっかり見る。
    子育て上手な親は演技がうまい。
    見ていないふりをしながら、しっかり見る。
  8. 社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
    社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
  9. 子どもの「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
    子どもの「やってみたい」という言動を、親はできるだけ支える。
  10. 夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
    夢中になって本を読むとき、その先に才能の可能性があるのかもしれない。
  11. 成功した親に育てられると、子どもも成功しやすくなる。
    成功した親に育てられると、子どもも成功しやすくなる。
  12. 単に否定するしつけで終わらせない。<br>代替案を与えながらしつける。
    単に否定するしつけで終わらせない。
    代替案を与えながらしつける。
  13. 子どもの見方や感じ方を、最大限尊重する。
    子どもの見方や感じ方を、最大限尊重する。
  14. 子どもの才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
    子どもの才能を伸ばすとき、親はエジソンの母を見習うべし!
  15. さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
    さまざまな経験を積むことは、自分の向き・不向きを知るきっかけになる。
  16. 心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
    心より技能を重視すると、才能は伸び悩む。
  17. 何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
    何事も「楽しさ」から教えることが肝心。
  18. 特定分野で、親より秀でた子どもに嫉妬しない。
    特定分野で、親より秀でた子どもに嫉妬しない。
  19. 子どもの「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
    子どもの「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
  20. 失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子どもに教えてあげる。
    失敗は、成功の対義語ではなく同義語であると、子どもに教えてあげる。
  21. 「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
    「やりたいことをやる」という教育方針を貫く。
  22. 親がプラス発想だと、子どももプラス発想になる。
    親がプラス発想だと、子どももプラス発想になる。
  23. 子どもが親を理解するのではなく、親が子どもを理解してあげないといけない。
    子どもが親を理解するのではなく、親が子どもを理解してあげないといけない。
  24. 私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
    私たちの元をたどれば、同じ親にたどり着く。
  25. 短所があるから、子どもは伸びる。
    短所があるから、子どもは伸びる。
  26. わが子はわが子。<br>他人の子と比べる必要はない。
    わが子はわが子。
    他人の子と比べる必要はない。
  27. 才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
    才能に制限時間を設けないほうが、伸びやすくなる。
  28. 子どもは、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
    子どもは、親が思いもしない方向へ育っていくもの。
  29. 勉強ができない分野があってもいい。<br>大切なことは「得意分野」があること。
    勉強ができない分野があってもいい。
    大切なことは「得意分野」があること。
  30. 「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。
    「学ぶ楽しさ」から「生かす楽しさ」へスイッチを促す。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION