日々の感動を増やす
30の方法

  • 感動の音は、
    すぐそこにある。
    耳を澄まして心で聴くだけでいい。
日々の感動を増やす30の方法

「心の運動不足」になっていませんか。

「心の運動不足」になっていませんか。
「心にも運動不足があるの?」と思うかもしれませんが、体の運動不足があるように、心にも運動不足があります。
目に見えないものなので実感が湧きにくいかもしれませんが、大切なポイントなので想像力を膨らませて考えてみましょう。

「心の運動不足」になっていませんか。

感動の音は、すぐそこにある。
耳を澄まして心で聴くだけでいい。

感動の音はどこにあるのでしょうか。
手持ちの音楽プレイヤーでお気に入りの曲を楽しみ、心を動かされることがあるでしょう。
音楽コンサートに足を運んで、素晴らしい演奏に鳥肌が立つこともあるでしょう。

感動の音は、すぐそこにある。耳を澄まして心で聴くだけでいい。

日記をつけるだけで、日々の感動が増える。

日々の感動を増やすためには、日記が役立ちます。
「どうして日記なのだろう?」と不思議に思うかもしれませんが、大いに有効な手段です。
ポイントは「気づきの力が高まること」にあります。

日記をつけるだけで、日々の感動が増える。

感動したいなら、学問するのが手っ取り早い。
目からうろこが落ちる機会を作ろう。

面白い雑学を知ったとき「へえ、なるほど!」と声に出すことがあるでしょう。
雑学に驚いただけのことに思えますが違います。
点と点が結びついて線になった瞬間は、感動です。

感動したいなら、学問するのが手っ取り早い。目からうろこが落ちる機会を作ろう。

何かに感動したら「思い出ができた」と呼んでいい。

私たちはあるとき「感動に包まれる瞬間」があります。
・素晴らしい映画を見て感動する
・ためになる本を読んで感動する

何かに感動したら「思い出ができた」と呼んでいい。

あなたが歩く足音も、音楽。

歩くと、必ず聞こえてくる音があります。
「足音」です。
歩くたびに足が地面に当たって音が出ます。

あなたが歩く足音も、音楽。

何か変化を持たせたいと思ったときのキーワード。
「いつもの逆」。

私たちの日常では「何か変化を持たせたい」と思うことがあります。
毎日同じ食事、同じ服装、同じライフスタイル。
同じことの繰り返しでは単調に感じてきます。

何か変化を持たせたいと思ったときのキーワード。「いつもの逆」。

自分が感じたことは、常に正しい。
人の感じ方に合わせる必要はない。

あなたが「美しい」と感じたら、その感覚を大切にしてください。
あなたが「素晴らしい」と感じたら、その感覚を大切にしてください。
周りの人は「そうかな?」「間違っている」「あなたの感性はおかしい」と言ってくるかもしれません。

自分が感じたことは、常に正しい。人の感じ方に合わせる必要はない。

1カ月に1冊でいい。
普段絶対買わない本を買って読んでみよう。

1カ月に1冊でいいのです。
普段絶対買わない本を買って読んでみましょう。
興味も感心もなくてかまいません。

1カ月に1冊でいい。普段絶対買わない本を買って読んでみよう。

熱中しているときは、がんがん燃えてしまおう。
好きなことなら、どれだけ燃えても燃え尽きることはない。

好きなことに熱中しているときは時間を忘れます。
周りが見えなくなり、目の前のことだけになります。
楽しくて面白くて盛り上がって、たまらない状態になるでしょう。

熱中しているときは、がんがん燃えてしまおう。好きなことなら、どれだけ燃えても燃え尽きることはない。

心は、1ミリ大きくなるだけでいい。

人生における憧れの1つ。
それは「大きな心」です。
「いらいらしない人になりたい」

心は、1ミリ大きくなるだけでいい。

思いどおりにいかないことがあるから、人生は楽しい。

私たちの日常では思いどおりにいかないことが多々あります。
仕事、勉強、スポーツ、人間関係、子育てなど、思いどおりにいかないことは日常茶飯事でしょう。
思いどおりにいかないことがあって、落ち込んでいませんか。

思いどおりにいかないことがあるから、人生は楽しい。

線引き・書き込みのある中古本には、新品にはない面白さがある。

古本屋に行くと、線が引かれた中古本を見かけることがあります。
中古本ですからすでに誰かが読み終わった本です。
前回読んだ人が目立つように線を引いていて、そのまま残っています。

線引き・書き込みのある中古本には、新品にはない面白さがある。

過去は楽観するのが大切。
未来も楽観するのが大切。
現在も楽観するが大切。

厳しい人生をたくましく生きるためには、楽観主義が大切です。
何事もよいほうに考え、くよくよ心配しないことです。
楽観主義になれば常に心が明るい状態でいられるので、いつも幸せ気分でいられます。

過去は楽観するのが大切。未来も楽観するのが大切。現在も楽観するが大切。

「生きていてもいいことがない」と嘆く人は、大切な幸せを見落としている。

お金も仕事もない。
家庭も人間関係もぼろぼろ。
楽しいことも嬉しいことも何もない。

「生きていてもいいことがない」と嘆く人は、大切な幸せを見落としている。

意地を張って驚くのを拒むと、感動できない。
素直に驚くと、人生で多くの感動を楽しめる。

なかなか驚こうとしない人がいます。
役立つ話を聞いても「ふ~ん」の一言だけ。
すごい話を聞いても「別に普通だね」で済ませる。

意地を張って驚くのを拒むと、感動できない。素直に驚くと、人生で多くの感動を楽しめる。

水たまりは、自然が生み出したアスレチック。
いらいらするものではなく、ゲーム感覚で楽しむもの。

雨の日や雨上がりにできるものといえば「水たまり」です。
地面のくぼみに雨水がたまっています。
小さな水たまりもあれば大きな水たまりもあり、水はけが悪い道ではあちらこちらにできています。

水たまりは、自然が生み出したアスレチック。いらいらするものではなく、ゲーム感覚で楽しむもの。

視点が変われば、景色が変わる。
1つの対象から無限の景色を見いだす。

江戸時代、富士山を描いた絵師として、葛飾北斎が有名です。
北斎は膨大な数の富士山を描いています。
特に有名なのは、浮世絵風景画『富嶽三十六景』です。

視点が変われば、景色が変わる。1つの対象から無限の景色を見いだす。

日記のネタ作りのために行動するのも悪くない。

日頃から日記をつけている人もいるでしょう。
日記で困るのが、まったくネタがないときです。
少しでも何か変わった出来事があればいいのですが、変化も何もない日もあるでしょう。

日記のネタ作りのために行動するのも悪くない。

夢を追いかけるあなたは素晴らしい。
あなたを熱くさせるその夢も素晴らしい。

夢を追いかけるあなたは素晴らしい。
夢の実現に向けて、日々こつこつ努力しているあなたは輝いています。
「生まれたからには夢を持って生きる」と決断しました。

夢を追いかけるあなたは素晴らしい。あなたを熱くさせるその夢も素晴らしい。

毎朝目が覚めたら「新しいスタート」を意識する。

目が覚めたら、こう思いましょう。
「さあ、新しいスタートが始まった!」と。
時間の流れで見ると昨日も今日も一続きですが、日付で見ると新しい1日です。

毎朝目が覚めたら「新しいスタート」を意識する。

手っ取り早く人生を変えたければ、引っ越しがベスト。

手っ取り早く人生を変えるにはどうすればいいのでしょうか。
ベストな方法は「引っ越し」です。
引っ越しをすれば、環境ががらりと変わって大きな変化を作り出せます。

手っ取り早く人生を変えたければ、引っ越しがベスト。

遠くの土地に行くだけが旅ではない。
近所を巡ることも素晴らしい旅。

「旅をする」
そう聞いたときにイメージするのは、国内旅行や海外旅行が多いのではないでしょうか。
住む土地を離れ、遠くの知らない土地に行くことをイメージする人が多いでしょう。

遠くの土地に行くだけが旅ではない。近所を巡ることも素晴らしい旅。

感動を増やすには、初めてのことに挑戦すればいい。

感動を増やすのはシンプルです。
初めてのことに挑戦しましょう。
あなたにはまだ一度も経験のないことがあるでしょう。

感動を増やすには、初めてのことに挑戦すればいい。

食べ物の好き嫌いの矛盾に気づく。

好き嫌いは誰もが持つ感覚です。
嫌いなものが1つもない人はいないでしょう。
好き嫌いは自分のことですから「これは食べられる」「これは食べられない」とはっきり区別できるはずです。

食べ物の好き嫌いの矛盾に気づく。

「死ぬまで○○すること」という夢があれば、人生が素晴らしくなるのは間違いない。

すべての人のおすすめできる夢があります。
もちろんあなたにもおすすめできる夢です。
「死ぬまで○○すること」という夢です。

「死ぬまで○○すること」という夢があれば、人生が素晴らしくなるのは間違いない。

夢は1つでなくていい。
たくさんあってもいい。

あなたの夢は何ですか。
人生を真剣に生きているあなたなら、きっと何か夢を持って生きているでしょう。
夢に向かって日々こつこつ精進しているに違いありません。

夢は1つでなくていい。たくさんあってもいい。

友人宅に初訪問したら、いいところを見つけて褒めよう。

友人宅に初訪問したとき、心がけたいことがあります。
いいところを見つけて褒めるようにしましょう。
1つでいいのです。

友人宅に初訪問したら、いいところを見つけて褒めよう。

かっこつけるのはかっこ悪い。
かっこつけないのがかっこいい。

かっこつけるのがかっこいいとは限りません。
むしろかっこ悪いことです。
かっこつける行為は、自分をよりよく見せようと体裁を整えることです。

かっこつけるのはかっこ悪い。かっこつけないのがかっこいい。

軽々しく人におすすめを聞かない。
自分で探して選ぶことも、勉強の1つ。

ときどき軽々しく人におすすめを聞く人がいます。
「おすすめの本はありませんか」
「おすすめの映画はありませんか」

軽々しく人におすすめを聞かない。自分で探して選ぶことも、勉強の1つ。

同じカテゴリーの作品

2:04:11
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION