公開日:2021年10月9日
執筆者:水口貴博

不要なトラブルを避ける
30の注意ポイント

  • あなたの身の回りに
    「借りたままになっているもの」はありませんか。
不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。

人生のトラブルを減らしたいなら、言葉遣いの悪い人と距離を置いてください。
縁を切る必要はありませんが、少なくとも距離は置くほうがいいでしょう。
もちろん人間ですから、ちょっとした油断から言葉遣いが悪くなることはあります。

言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。

あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。

自分の身の回りを振り返ってみましょう。
「借りたままになっているもの」はありませんか。
「あるはずがない」「ないに決まっている」と思うかもしれませんが、決めつけはよくありません。

あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。

どんなことがあっても、違法な業者とは関わらない。

残念ながら、世の中には違法な業者が存在しています。
違法な業者は、条件や待遇が良い代わりに、法律を無視した仕事をしています。
あるとき違法な業者があなたの前に現れ、甘い言葉で誘ってくるかもしれません。

どんなことがあっても、違法な業者とは関わらない。

自分がされて嫌なことは、人にしない。

円滑な人間関係を構築するコツは何でしょうか。
「自分がされて嫌なことは、人にしない」です。
とてもシンプルな判断基準です。

自分がされて嫌なことは、人にしない。

その日のトラブルは、その日のうちに解決する。

トラブルが起こったら、当日中の解決を目指しましょう。
その日のトラブルは、その日のうちに解決するのが理想です。
トラブルが起こったとき、後回しにする人がいます。

その日のトラブルは、その日のうちに解決する。

黄色信号の意味を誤解していないか。
黄色信号でダッシュしていると、交通事故を起こすのは時間の問題。

黄色信号になるやいなや、ぐっとアクセルを踏んで猛スピードを出す人がいます。
もうすぐ赤信号に変わるので、早く進まないといけないと焦っているのです。
これは非常に危険です。

黄色信号の意味を誤解していないか。黄色信号でダッシュしていると、交通事故を起こすのは時間の問題。

小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。

突然大きなトラブルが起こって、慌てることがあります。
・突然恋人から振られた
・急に契約を打ち切られた

小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。

車の運転中、ぶつかりそうなときは、ブレーキを踏みます。
特に交差点では、車の行き交いが激しく、ぶつかりそうになることが多い。
こういうとき、アクセルを踏むのは大変危険です。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。

予定を詰め込みすぎる癖は、時限爆弾。
なるべく早めに直しておくほうがいい。

予定表を詰め込むことに快感を覚える人がいます。
少しでも効率良く時間を使おうと、予定を入れられるだけ入れようとします。
たしかに予定が隙間なく組み込まれていれば、それだけたくさんの予定をこなせます。

予定を詰め込みすぎる癖は、時限爆弾。なるべく早めに直しておくほうがいい。

失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。

失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておきましょう。
メモでもノートでも何でもいいのです。
日頃から日記をつけているなら、今日のネタとして書き留めておくといいでしょう。

失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。

音によるストレスを軽視しない。
生命の危険に及ぶことすらある。

生活における大きなトラブル要因にもかかわらず、軽く考えがちなことがあります。
「音」です。
音は見ることも触れることもできません。

音によるストレスを軽視しない。生命の危険に及ぶことすらある。

せきやくしゃみを繰り返す人がいれば、こっそり距離を置く。
距離を置けない状況なら、マスクをする。

駅や街角で、せきやくしゃみを繰り返している人を見かけることがあります。
せきやくしゃみを繰り返している人がいれば、距離を置くことです。
もちろんその人が体調不良とは限りません。

せきやくしゃみを繰り返す人がいれば、こっそり距離を置く。距離を置けない状況なら、マスクをする。

備えがあれば、大地震が来ても怖くない。
面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。

日本は地震大国です。
世界で発生している、マグニチュード6以上の地震の2割は、日本で発生しています。
日本という小さな国で世界の2割を占めているのは大きな割合です。

備えがあれば、大地震が来ても怖くない。面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。

病院の問診票は、正直に書く。
結局は自分のため。

初診の際、必ず記入しなければいけないものといえば「問診票」です。
初診に欠かせないものであり、必ず記入を求められます。
なかなか書き込む項目が多くて、漏れのない記入を求められます。

病院の問診票は、正直に書く。結局は自分のため。

悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。

悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしないことです。
店の前を行ったり来たりしたり、不自然にきょろきょろしたり、何かを隠すようなそぶりをしたりなどなど。
法に触れていなくても罪を犯していなくても、人から見て怪しい印象が伴うことは控えておくのが無難です。

悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。

すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。

すれ違いざまに肩がぶつかったとき、どうするか。
よくある日常の一瞬ですが、トラブルに関わるポイントの1つです。
すれ違いざまに人と肩がぶつかってしまうことがあるでしょう。

すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。

危険な場所でふざけるのは絶対NG。

ときどき橋の上や崖の上など危険な場所でふざけている人がいます。
大きな声で驚かせたり、わざと突き落とすふりをしたりです。
これは大変危険です。

危険な場所でふざけるのは絶対NG。

貧血を「仕方ない」で終わらせていませんか。

「貧血だから仕方ない」
この言葉に心当たりがあれば要注意です。
貧血とは、血流中の赤血球数・ヘモグロビン量が減少している状態のことをいいます。

貧血を「仕方ない」で終わらせていませんか。

事情がないかぎり、インフルエンザの予防接種は受ける。
防げるものは防ぐのがプロ。

インフルエンザの予防接種は、事情がないかぎり、きちんと受けるようにしましょう。
もちろんインフルエンザの予防接種は「任意」ですから、必ず受けなければいけないものではありません。
「時間がない」「お金がもったいない」などの理由から受けない人もいるでしょう。

事情がないかぎり、インフルエンザの予防接種は受ける。防げるものは防ぐのがプロ。

久しぶりに会う友人が急に契約の話を持ち出してきたら、即中座すること。

社会人になったある日のこと、学生時代の友人から連絡が来ました。
「久しぶりだね。○○だよ。覚えている?」
数カ月ぶり、数年ぶりです。

久しぶりに会う友人が急に契約の話を持ち出してきたら、即中座すること。

クレーム対応のコツは1つだけ。
余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。

仕事で苦情を受ける担当になり、クレームの電話を受けることがあるでしょう。
誰にとっても嫌な仕事ですが、誰がやらなければいけない仕事でもあります。
クレーム対応が好きな人はいません。

クレーム対応のコツは1つだけ。余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。

「みんな」という言葉に惑わされてはいけない。

「みんな」という言葉であなたを誘ってくる人はいませんか。
「みんなやっていますよ」
「みんな持っていますよ」

「みんな」という言葉に惑わされてはいけない。

舌打ちの癖はやめたがほういい。
舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。

むっとしたとき、舌打ちをする人がいます。
一瞬の音で響き続けるではありません。
小さな音でうるさいわけでもありません。

舌打ちの癖はやめたがほういい。舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。

星を眺めながら歩かない。

天気がいい日の夜は、夜空に美しい星が輝きます。
空気が澄み切っていると、星がくっきり見えて心を奪われます。
きらきらした光の一つ一つは、小さな宝石のようです。

星を眺めながら歩かない。

なかなかお金の話を出さないクライアントとは関わらないのが賢明。

商談の際、なかなかお金の話を出さないクライアントがいます。
「いつお金の話になるのだろうか」と思っていると、結局お金の話が出ないまま、1回目の商談が終了です。
次の商談でお金の話が出てくるかと思いきや、2回目もスルーで終了です。

なかなかお金の話を出さないクライアントとは関わらないのが賢明。

水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。

ときどき水分を取らずに頑張ったことを誇らしげに語る人がいます。
「水を取らないで頑張った!」
「喉の渇きに負けなかった!」

水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。

喉が渇いてから水を飲むのでは遅い。
喉が渇く前に水を飲もう。

喉が渇いてから水を飲んでいるなら要注意です。
それでは遅いのです。
喉の渇きとは、脱水症状の初期サインです。

喉が渇いてから水を飲むのでは遅い。喉が渇く前に水を飲もう。

真夏日にもかかわらず「我慢が美徳」と思ってクーラーをつけないでいるのは、命の問題に関わる。

真夏日にもかかわらず、クーラーに頼らない人がいます。
毎年夏の時期になると、クーラーを我慢したせいで命を落とした人のニュースが流れます。
残念ながら、それは現在も絶えません。

真夏日にもかかわらず「我慢が美徳」と思ってクーラーをつけないでいるのは、命の問題に関わる。

真夏日の昼間に犬を散歩させない。

真夏日に犬を散歩させないことです。
お天気がいいと犬との散歩日和に思うかもしれませんが、実際は逆です。
地面が熱すぎるのです。

真夏日の昼間に犬を散歩させない。

トラブルが去っても油断しない。
トラブルが去った後こそ、気持ちを引き締める。

トラブルが去った後、どんな姿勢でいるかです。
トラブルが去った後の姿勢は、人生を左右するほど大切なポイントです。
トラブルが発生して、粘り強く対応した結果、ようやく解決できました。

トラブルが去っても油断しない。トラブルが去った後こそ、気持ちを引き締める。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION