執筆者:水口貴博

日々の感動を増やす
30の方法

6
0

何かに感動したら
「思い出ができた」と呼んでいい。

何かに感動したら「思い出ができた」と呼んでいい。 | 日々の感動を増やす30の方法

私たちはあるとき「感動に包まれる瞬間」があります。

  • 素晴らしい映画を見て感動する
  • ためになる本を読んで感動する
  • 美しい音楽を聴いて感動する
  • 素晴らしい景色を見て感動する
  • 美術館で偉大な芸術を鑑賞して感動する
  • レストランでおいしい料理を食べて感動する
  • サプライズプレゼントをされて感動する

どれも日常的なことですね。

思っていたとおりの感動もあれば、思いもよらない感動もあるでしょう。

意外なタイミングで感動することもあるはずです。

感動の瞬間、心が震えたり鳥肌が立ったりするでしょう。

時には涙を流して感動することもあるかもしれません。

さて、感動に包まれる瞬間があったとき、気づいてほしいことがあります。

何かに感動したら「思い出ができた」と喜んでください。

一つ一つの感動は、一つ一つが思い出だからです。

「感動した経験=思い出」

何気なく感動しただけと思うかもしれませんが、実際はそれ以上です。

ただ感動したのではありません。

感動した瞬間、思い出ができたのです。

感動が強ければ強いほど脳に深く刻み込まれ、記憶としてしっかり残ります。

しかも美しくて素晴らしい記憶として残ります。

感動した瞬間は驚きや喜びで興奮して胸がいっぱいですが、しばらくして落ち着けば「素晴らしい時間だった」と気づきます。

すなわち、思い出ができたのです。

感動しやすいほうがいい

感動とは「心が感じて動くこと」をいいます。

心が感じて動くことがあれば、れっきとした感動です。

もしあなたが感動しやすい人ならラッキーです。

人生を豊かにしたいなら、感動しやすいほうがいい。

なかなか感動しない人ではなく、よく感動する人になりましょう。

ちょっとしたことでも、きちんと感動してください。

「こんなことで感動してたまるか」と思うのはよくありません。

意地を張って感動を拒んでいると、それだけ思い出の数も減ってしまいます。

刺激をブロックすることになり、頭も固くなってしまいます。

ちょっとしたことで感動する性格になることです。

目指すは「感動屋」です。

感動屋は人生で得をします。

感動するたびに思い出ができます。

「なんて素晴らしいのだろう」と感動できれば、素晴らしい思い出ができたのと同じことです。

感動屋は、思い出作りの天才なのです。

日々の感動を増やす方法(6)
  • 感動したら、思い出ができたことに気づく。
  • ちょっとしたことですぐ感動する人になる。
あなたが歩く足音も、音楽。

日々の感動を増やす30の方法
日々の感動を増やす30の方法

  1. 「心の運動不足」になっていませんか。
    「心の運動不足」になっていませんか。
  2. 感動の音は、すぐそこにある。<br>耳を澄まして心で聴くだけでいい。
    感動の音は、すぐそこにある。
    耳を澄まして心で聴くだけでいい。
  3. 大人になると感動が減る、本当の理由。
    大人になると感動が減る、本当の理由。
  4. 感動したいなら、学問するのが手っ取り早い。<br>目からうろこが落ちる機会を作ろう。
    感動したいなら、学問するのが手っ取り早い。
    目からうろこが落ちる機会を作ろう。
  5. 日記をつけるだけで、日々の感動が増える。
    日記をつけるだけで、日々の感動が増える。
  6. 何かに感動したら「思い出ができた」と呼んでいい。
    何かに感動したら「思い出ができた」と呼んでいい。
  7. あなたが歩く足音も、音楽。
    あなたが歩く足音も、音楽。
  8. 何か変化を持たせたいと思ったときのキーワード。<br>「いつもの逆」。
    何か変化を持たせたいと思ったときのキーワード。
    「いつもの逆」。
  9. 自分が感じたことは、常に正しい。<br>人の感じ方に合わせる必要はない。
    自分が感じたことは、常に正しい。
    人の感じ方に合わせる必要はない。
  10. 1カ月に1冊でいい。<br>普段絶対買わない本を買って読んでみよう。
    1カ月に1冊でいい。
    普段絶対買わない本を買って読んでみよう。
  11. スキーもスノーボードも、雪の季節しか楽しめない。<br>もたもたしていると、遊ぶタイミングを逃してしまう。
    スキーもスノーボードも、雪の季節しか楽しめない。
    もたもたしていると、遊ぶタイミングを逃してしまう。
  12. 驚くことは感動することだ。<br>感動を増やしたいなら、驚く機会を増やせばいい。
    驚くことは感動することだ。
    感動を増やしたいなら、驚く機会を増やせばいい。
  13. 感動を増やすには、初めてのことに挑戦すればいい。
    感動を増やすには、初めてのことに挑戦すればいい。
  14. 線引き・書き込みのある中古本には、新品にはない面白さがある。
    線引き・書き込みのある中古本には、新品にはない面白さがある。
  15. 過去は楽観するのが大切。<br>未来も楽観するのが大切。<br>現在も楽観するのが大切。
    過去は楽観するのが大切。
    未来も楽観するのが大切。
    現在も楽観するのが大切。
  16. どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。
    どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。
  17. 意地を張って驚くのを拒むと、感動できない。<br>素直に驚くと、人生で多くの感動を楽しめる。
    意地を張って驚くのを拒むと、感動できない。
    素直に驚くと、人生で多くの感動を楽しめる。
  18. 水たまりは、自然が生み出したアスレチック。<br>いらいらするものではなく、ゲーム感覚で楽しむもの。
    水たまりは、自然が生み出したアスレチック。
    いらいらするものではなく、ゲーム感覚で楽しむもの。
  19. 視点が変われば、景色が変わる。<br>1つの対象から無限の景色を見いだす。
    視点が変われば、景色が変わる。
    1つの対象から無限の景色を見いだす。
  20. 日記のネタ作りのために行動するのも悪くない。
    日記のネタ作りのために行動するのも悪くない。
  21. 面白い景色を楽しめる穴場は「歩道橋」にある。
    面白い景色を楽しめる穴場は「歩道橋」にある。
  22. 思いどおりにいかないことがあるから、人生は楽しい。
    思いどおりにいかないことがあるから、人生は楽しい。
  23. 「素晴らしい」という一言は、感謝と感動を引き出す言葉。
    「素晴らしい」という一言は、感謝と感動を引き出す言葉。
  24. 遠くの土地に行くだけが旅ではない。<br>近所を巡ることも素晴らしい旅。
    遠くの土地に行くだけが旅ではない。
    近所を巡ることも素晴らしい旅。
  25. 食べ物の好き嫌いの矛盾に気づく。
    食べ物の好き嫌いの矛盾に気づく。
  26. 天体望遠鏡がなくてもいい。<br>普通の双眼鏡でも、月の天体観察を楽しめる。
    天体望遠鏡がなくてもいい。
    普通の双眼鏡でも、月の天体観察を楽しめる。
  27. 興味の火は、ずっと燃え続けるとは限らない。<br>何事も興味があるうちに行動するのが吉。
    興味の火は、ずっと燃え続けるとは限らない。
    何事も興味があるうちに行動するのが吉。
  28. 友人宅に初訪問したら、いいところを見つけて褒めよう。
    友人宅に初訪問したら、いいところを見つけて褒めよう。
  29. 「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
    「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
  30. 太陽が昇る瞬間、沈む瞬間に、感動がある。
    太陽が昇る瞬間、沈む瞬間に、感動がある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION