まとめ
(日々の感動を増やす30の方法)
日々の感動を増やす30の方法

  • 積極的に感動する機会を作って、心の運動不足を解消させる。
  • 耳を澄まして心で聴いて、平凡な生活音を感動の音に変える。
  • 日記をつける。
  • 積極的に学問して「へえ、なるほど!」と目からうろこが落ちる機会を積極的に作っていく。
  • 感動したら、思い出ができたことに気づく。 ちょっとしたことですぐ感動する人になる。
  • 自分の足音は「音楽」として楽しむ。
  • 何か変化を持たせたいと思ったら「いつもの逆」に取り組む。
  • 自分が感じたことを、信じる。
  • 1カ月に1回、普段絶対買わない本を買って読んでみる。
  • 好きなことに熱中して燃える状態になったら、もっと燃えるように努力する。
  • 大きな心は、1ミリの成長実感を大切にする。
  • 思いどおりにいかないことは「人生のスパイス」として受け止める。
  • 中古本を購入する際、わざと線引きや書き込みのある本を選んで、独自のコンテンツを楽しんでみる。
  • 過去も未来も現在も、楽観的になる。
  • 「生きていてもいいことがない」と思ったら「生きていればおいしいものを食べることができる」という楽しみに気づく。
  • 驚く基準を下げて、素直に驚く人になる。
  • 昔の自分を思い出し、ゲーム感覚で水たまりをよけて楽しむ。
  • 見たことがあると思うものでも、視点を変えて、別の景色を見つける。
  • 日記のネタ作りのために、行動をしてみる。
  • たまには歩道橋の上から風景を楽しむ。
  • 毎日、新しいスタートを意識して、気分も気持ちも盛り上げる。
  • 手っ取り早く人生を変えたいときは、引っ越しをする。
  • 自宅の近所を旅して、新しい発見と感動を楽しむ。
  • 勇気を出して、初めてのことに挑戦する。
  • 食べ物の好き嫌いの矛盾に気づいたら「寛大な心の糧」とする。 時には好き嫌いの矛盾を「共通の話題」として生かしてみる。
  • 天体望遠鏡がなくても、手持ちの普通の双眼鏡で、月の天体観察を楽しんでみる。
  • 興味の火がついているうちに、行動する。
  • 友人宅に初訪問の際は、いいところを見つけて褒めるようにする。
  • 無理にかっこつけるのはやめて、自然体を大切にする。
  • 太陽が昇る瞬間と沈む瞬間を、きちんと見て、感動を味わう。

同じカテゴリーの作品

4:10
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION