公開日:2020年5月15日
執筆者:水口貴博

運とチャンスに恵まれる
30の方法

  • ベストを尽くす人に、
    運とチャンスが舞い込んでくる。
運とチャンスに恵まれる30の方法

ベストを尽くす人に、運とチャンスが舞い込んでくる。

運とチャンスが舞い込んでくるのはどんな人でしょうか。
ベストを尽くす人です。
「100点を取る」「完璧にする」ということではありません。

ベストを尽くす人に、運とチャンスが舞い込んでくる。

「私は運がいい」と思っただけで、運がよくなる。

あなたの運を上げる簡単な方法があります。
今すぐ「私は運がいい」と思ってください。
根拠はなくていいのです。

「私は運がいい」と思っただけで、運がよくなる。

玄関を掃除すると、運気がアップする。
玄関に植物を置くと、さらに運気がアップする。

運気を上げたいなら、玄関を掃除しましょう。
すべての気は、玄関から入ってきます。
玄関が汚くなってくると、気の流れが悪くなります。

玄関を掃除すると、運気がアップする。玄関に植物を置くと、さらに運気がアップする。

チャンスは、探すものではなく、気づくもの。

チャンスがなくて嘆く人がいます。
「チャンスが探していますが、なかなか見つかりません」
その人は、チャンスは探すものだと思っています。

チャンスは、探すものではなく、気づくもの。

感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。

感謝や謝罪を後回しにしていませんか。
「後からにしよう」
「時間があるときにしよう」

感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。

長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。

長い行列を見たときどうするか。
ときどき街なかで見かける光景ですが、ここはあなたのチャンス力を決める瞬間の1つです。
目的地に向かったところ、長い行列になっていることがあります。

長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。

嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。
喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

相手と意見や利害が対立しているときに必要なことは何か。
それは「妥協」です。
意地を張って譲歩を拒んでいては、物事が進展しません。

嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

いつでもできることであっても、今しかできないと思って生きるのがいい。

私たちの日常には「いつでもできること」があります。
お礼を伝えることは、いつでもできます。
締め切りのない仕事なら、いつでもできます。

いつでもできることであっても、今しかできないと思って生きるのがいい。

「器用貧乏」という言葉があるなら「不器用お金持ち」という言葉もあっていいよね。

「器用貧乏」という言葉があります。
器用であることはいいことのように思えますが、そうとは限りません。
何でも一応は上手にできてしまうと、いろいろなことに手を出してしまいます。

「器用貧乏」という言葉があるなら「不器用お金持ち」という言葉もあっていいよね。

準備をしない人は、チャンスをつかめない。
きちんと準備している人が、チャンスをつかむ。

チャンスをつかみたいなら「準備」を大切にしてください。
準備とは、仕事をうまく行うために必要なものをそろえたり態勢を整えたりすることをいいます。
「なんだ、そんなことか」と思うかもしれませんが、準備は非常に重要です。

準備をしない人は、チャンスをつかめない。きちんと準備している人が、チャンスをつかむ。

すでに決定していることを、わざわざ先延ばしにしない。

ビジネスでは「検討時間」をいただける場面があります。
契約や手続きなど大きな買い物の際は、先方から検討時間をいただけるのが一般的です。
「今ここでお返事されなくても大丈夫です」

すでに決定していることを、わざわざ先延ばしにしない。

チャンスは意外なところにある。
だから、意外なところに行こう。

チャンスはどこにあるのでしょうか。
あなたの人生を振り返ってみてください。
出会いのチャンス、恋愛のチャンス、勉強のチャンス、仕事のチャンス、遊びのチャンス。

チャンスは意外なところにある。だから、意外なところに行こう。

うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。

うっかり同じ本を買ってしまうことがあります。
すでに持っているにもかかわらず、すっかり忘れていて記憶になく、同じ本を買ってしまうことがあるものです。
本を買って、自宅に戻って本棚を眺めているとき、同じ本を見つけ「しまった!」と気づきます。

うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。

連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。

旅行、コンサート、テーマパーク、習い事。
こうしたところは、誰かと一緒に行くことが多いでしょう。
誰かと一緒に行くほうが、心強かったり思い出を共有できたりなどのメリットがあります。

連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。

人生を変えるアイデアは、日中にひらめくとは限らない。
睡眠中にひらめくこともある。

「そうだ、素晴らしいアイデアがひらめいたぞ!」
難しい問題も、1つのアイデアによってあっさり解決することは珍しくありません。
人生が一変して、素晴らしい未来が切り開かれることもあります。

人生を変えるアイデアは、日中にひらめくとは限らない。睡眠中にひらめくこともある。

運やチャンスは人が運んでくる。
ご縁を大切にすると、あなたは運とチャンスに恵まれる。

運やチャンスはどこにあるのか。
運もチャンスも、ご縁の中にあります。
運もチャンスも人が運んでくるものなので、ご縁を大切にすると、結果として運やチャンスに恵まれることになります。

運やチャンスは人が運んでくる。ご縁を大切にすると、あなたは運とチャンスに恵まれる。

野球も仕事も、送りバントが欠かせない。
送りバントができる人は、後から運とチャンスに恵まれる。

野球の作戦の1つに「送りバント」があります。
打者がアウトになる代わりに、走者を次の塁に進めることを目的としたバントのことです。
送りバントは、別名「犠牲バント」とも呼ばれます。

野球も仕事も、送りバントが欠かせない。送りバントができる人は、後から運とチャンスに恵まれる。

「チャンスがない」と文句を言っているから、チャンスに恵まれない。

「恋のチャンスがない」
「出会いのチャンスがない」
「仕事のチャンスがない」

「チャンスがない」と文句を言っているから、チャンスに恵まれない。

あなたは、周りにとって大勢の1人でも、自分にとっては特別な存在。

世界には今、およそ80億もの人がいます。
街では多くの人が行き交っています。
会社にも学校にも飲食店でも、多くの人がいて出入りしています。

あなたは、周りにとって大勢の1人でも、自分にとっては特別な存在。

言うことがころころ変わる人にも、見習う点はある。

言うことがころころ変わる人がいます。
言っていることが、前に言ったことと違っています。
もちろん言うことが、1回や2回変わるくらいならいいのです。

言うことがころころ変わる人にも、見習う点はある。

チャンスをつかんで油断しない。
チャンスの周辺には、次のチャンスが隠れている。

チャンスをつかんだら、ほっとします。
「ああ、よかった。ラッキーだね。これで一安心だね」
念願のチャンスであればあるほど大喜びでしょう。

チャンスをつかんで油断しない。チャンスの周辺には、次のチャンスが隠れている。

チャンスは、使い切った歯磨き粉のチューブ。
ぎゅっと力を入れれば、もう1回分はいける。

使い切った歯磨き粉チューブがあります。
ぺしゃんこの形になっていて、もう歯磨き粉は残っていません。
しかし、捨てるのはまだ早い。

チャンスは、使い切った歯磨き粉のチューブ。ぎゅっと力を入れれば、もう1回分はいける。

逃げる人をばかにしてはいけない。
逃げることも立派な戦術。

逃げる人をばかにする人がいます。
「逃げるなんてかっこ悪いね。恥ずかしいね。情けないね」
逃げるのは、負けを認めたようなものです。

逃げる人をばかにしてはいけない。逃げることも立派な戦術。

悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。

悪いことがあったとき、私たちはくよくよ嘆くことが多い。
慌てたり落ち込んだり愚痴や恨み節を吐いたりすることもあるでしょう。
「困ったものだ」「ついてないなあ」を叫ぶこともあるでしょう。

悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。

新しいチャンスは、あなたが無駄と思っていることにある。

新しいチャンスはどこにあるのでしょうか。
あなたが無駄と思っていることにあります。
無駄と思っていることは「無駄になるからやめておこう」「無駄だから関わらないでおこう」となっています。

新しいチャンスは、あなたが無駄と思っていることにある。

運動が苦手な人は、激しく体を動かすことだと思っている。
歩くことも運動。

運動が苦手という人がいます。
「昔から運動が苦手です」
「運動が嫌いで、めっきり運動不足です」

運動が苦手な人は、激しく体を動かすことだと思っている。歩くことも運動。

チャンスを逃しても油断してはいけない。
もう一度チャンスがやってくる。

うっかりチャンスを逃してしまうことがあります。
「遅かったか」
「見落としたか」

チャンスを逃しても油断してはいけない。もう一度チャンスがやってくる。

けがや病気でダウンしているときは、こう考えよう。
「人に優しくなる気持ちを育てる時間」

人生では、けがや病気をして寝込むことがあります。
部屋の中にじっとすることになり、自由が制限されることになるでしょう。
窓から見える景色がいつもよりまぶしく感じたり、遠く恋しく感じたりするものです。

けがや病気でダウンしているときは、こう考えよう。「人に優しくなる気持ちを育てる時間」

あなたの目の前にある壁は、壁ではない。
間仕切りカーテン。

あなたの目の前には、壁が見えているでしょう。
高くそびえ立つ壁は、とても越えられそうにありません。
「行き止まりだね、先に進めないね」

あなたの目の前にある壁は、壁ではない。間仕切りカーテン。

あなたはすでにチャンスを持っている。

「チャンスがない」
「チャンスがほしい」
「どこにチャンスがあるのだろう」

あなたはすでにチャンスを持っている。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION