運とチャンスに恵まれる
30の方法

  • 準備をしない人は、
    チャンスをつかめない。
    きちんと準備している人が、
    チャンスをつかむ。
運とチャンスに恵まれる30の方法

「私は運がいい」と思っただけで、運がよくなる。

あなたの運を上げる簡単な方法があります。
今すぐ「私は運がいい」と思ってください。
根拠はなくていいのです。

「私は運がいい」と思っただけで、運がよくなる。

準備をしない人は、チャンスをつかめない。
きちんと準備している人が、チャンスをつかむ。

チャンスをつかみたいなら「準備」を大切にしてください。
準備とは、仕事をうまく行うために必要なものをそろえたり態勢を整えたりすることをいいます。
「なんだ、そんなことか」と思うかもしれませんが、準備は非常に重要です。

準備をしない人は、チャンスをつかめない。きちんと準備している人が、チャンスをつかむ。

年齢を聞く癖をなくす。
年齢を知りたい気持ちもなくす。

「いろんな人と出会っているのにもかかわらず、関係が長く続かない」
そんな人によく見られるのは「初対面で年齢を聞く」というケースです。
初対面で年齢を聞く癖はありませんか。

年齢を聞く癖をなくす。年齢を知りたい気持ちもなくす。

お礼の言葉を強調する一工夫。

「ありがとうございます」
代表的なお礼の言葉です。
感謝の気持ちを表す基本的な言葉であり、人間関係になくてはならないフレーズです。

お礼の言葉を強調する一工夫。

長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。

長い行列を見たときどうするか。
ときどき街中で見かける光景ですが、ここはあなたのチャンス力を決める瞬間の1つです。
目的地に向かったところ、長い行列になっていることがあります。

長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。

嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。
喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

相手と意見や利害が対立しているときに必要なことは何か。
それは「妥協」です。
意地を張って譲歩を拒んでいては、物事が進展しません。

嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

いつでもできることであっても、今しかできないと思って生きるのがいい。

私たちの日常には「いつでもできること」があります。
お礼を伝えることは、いつでもできます。
締め切りのない仕事なら、いつでもできます。

いつでもできることであっても、今しかできないと思って生きるのがいい。

「器用貧乏」という言葉があるなら「不器用お金持ち」という言葉もあっていいよね。

「器用貧乏」という言葉があります。
器用であることはいいことのように思えますが、そうとは限りません。
何でも一応は上手にできてしまうと、いろいろなことに手を出してしまいます。

「器用貧乏」という言葉があるなら「不器用お金持ち」という言葉もあっていいよね。

感じのいい対応と出会ったら絶好のチャンス。
すぐ取り入れ、真似をしよう。

あるとき「感じのいい対応」と出会うことはありませんか。
・取引先を訪問すると、受付の対応の感じがよかった
・仕事で電話をかけると、相手の受け答えの感じがよかった

感じのいい対応と出会ったら絶好のチャンス。すぐ取り入れ、真似をしよう。

すでに決定していることを、わざわざ先延ばしにしない。

ビジネスでは「検討時間」をいただける場面があります。
契約や手続きなど大きな買い物の際は、先方から検討時間をいただけるのが一般的です。
「今ここでお返事されなくても大丈夫です」

すでに決定していることを、わざわざ先延ばしにしない。

チャンスは意外なところにある。
だから、意外なところに行こう。

チャンスはどこにあるのでしょうか。
あなたの人生を振り返ってみてください。
出会いのチャンス、恋愛のチャンス、勉強のチャンス、仕事のチャンス、遊びのチャンス。

チャンスは意外なところにある。だから、意外なところに行こう。

うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。

うっかり同じ本を買ってしまうことがあります。
すでに持っているにもかかわらず、すっかり忘れていて記憶になく、同じ本を買ってしまうことがあるものです。
本を買って、自宅に戻って本棚を眺めているとき、同じ本を見つけ「しまった!」と気づきます。

うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。

けがや病気でダウンしているときは、こう考えよう。
「人に優しくなる気持ちを育てる時間」

人生では、けがや病気をして寝込むことがあります。
部屋の中にじっとすることになり、自由が制限されることになるでしょう。
窓から見える景色がいつもよりまぶしく感じたり、遠く恋しく感じたりするものです。

けがや病気でダウンしているときは、こう考えよう。「人に優しくなる気持ちを育てる時間」

人生を変えるアイデアは、日中にひらめくとは限らない。
睡眠中にひらめくこともある。

「そうだ、素晴らしいアイデアがひらめいたぞ!」
難しい問題も、1つのアイデアによってあっさり解決することは珍しくありません。
人生が一変して、素晴らしい未来が切り開かれることもあります。

人生を変えるアイデアは、日中にひらめくとは限らない。睡眠中にひらめくこともある。

チャンスを逃しても油断してはいけない。
もう一度チャンスがやってくる。

うっかりチャンスを逃してしまうことがあります。
「遅かったか」
「見落としたか」

チャンスを逃しても油断してはいけない。もう一度チャンスがやってくる。

野球も仕事も、送りバントが欠かせない。
送りバントができる人は、後から運とチャンスに恵まれる。

野球の作戦の1つに「送りバント」があります。
打者がアウトになる代わりに、走者を次の塁に進めることを目的としたバントのことです。
送りバントは、別名「犠牲バント」とも呼ばれます。

野球も仕事も、送りバントが欠かせない。送りバントができる人は、後から運とチャンスに恵まれる。

「チャンスがない」と文句を言っているから、チャンスに恵まれない。

「恋のチャンスがない」
「出会いのチャンスがない」
「仕事のチャンスがない」

「チャンスがない」と文句を言っているから、チャンスに恵まれない。

あなたは、周りにとって大勢の1人でも、自分にとっては特別な存在。

世界には今、およそ80億もの人がいます。
街では多くの人が行き交っています。
会社にも学校にも飲食店でも、多くの人がいて出入りしています。

あなたは、周りにとって大勢の1人でも、自分にとっては特別な存在。

言うことがころころ変わる人にも、見習う点はある。

言うことがころころ変わる人がいます。
言っていることが、前に言ったこと違っています。
もちろん言うことが、1回や2回変わるくらいならいいのです。

言うことがころころ変わる人にも、見習う点はある。

怠け者でも、やればできる。

「怠け者は何をやってもダメ」という言う人がいます。
怠け者は、身も心もたるんでいるので、ろくな仕事ができないと考える人が少なくありません。
たしかに怠け者には、やるべきことを真面目にしない姿勢が目立ちます。

怠け者でも、やればできる。

チャンスをつかんで油断しない。
チャンスの周辺には、次のチャンスが隠れている。

チャンスをつかんだら、ほっとします。
「ああ、よかった。ラッキーだね。これで一安心だね」
念願のチャンスであればあるほど大喜びでしょう。

チャンスをつかんで油断しない。チャンスの周辺には、次のチャンスが隠れている。

ずっと気になっていることを放置しない。
気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。

ずっと気になっていることがありませんか。
・ずっと気になっている本
・ずっと気になっている人

ずっと気になっていることを放置しない。気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。

逃げる人をばかにしてはいけない。
逃げることも立派な戦術。

逃げる人をばかにする人がいます。
「逃げるなんてかっこ悪いね。恥ずかしいね。情けないね」
逃げるのは、負けを認めたようなものです。

逃げる人をばかにしてはいけない。逃げることも立派な戦術。

心が死んでいるときは、今すぐ直射日光を浴びよう。
ハワイのビーチで落ち込む人はいない。

心が死んでいるとき、簡単に生き返らせる方法があります。
「心を生き返らせることなんてできるの?」と思うかもしれませんが、もちろんできます。
直射日光を浴びてください。

心が死んでいるときは、今すぐ直射日光を浴びよう。ハワイのビーチで落ち込む人はいない。

なぜ親からの仕送りには、いつも余計なものが入っているのか。

学生時代のころ、親から仕送りをしてもらうことがあるでしょう。
社会人になって働き始めたばかりのころも、親からの仕送りに助けられることがあるのではないでしょうか。
生活に苦しいときの仕送りは本当に助かりますね。

なぜ親からの仕送りには、いつも余計なものが入っているのか。

運動が苦手な人は、激しく体を動かすことだと思っている。
歩くことも運動。

運動が苦手という人がいます。
「昔から運動が苦手です」
「運動が嫌いで、めっきり運動不足です」

運動が苦手な人は、激しく体を動かすことだと思っている。歩くことも運動。

うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。

うっかり言いすぎてしまった経験はありませんか。
議論が白熱して言い合う状況になると、つい感情的になるもの。
うっかり言いすぎてしまい、相手を傷つけることがあるでしょう。

うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。

「ありのままの私」とは「そのままの私」「何もしない私」のことではない。

世間では「ありのままの私」という言葉がはやっています。
「ありのままの私でいたい」
「ありのままの私を大切にする」

「ありのままの私」とは「そのままの私」「何もしない私」のことではない。

あなたの目の前にある壁は、壁ではない。
間仕切りカーテン。

あなたの目の前には、壁が見えているでしょう。
高くそびえ立つ壁は、とても越えられそうにありません。
「行き止まりだね、先に進めないね」

あなたの目の前にある壁は、壁ではない。間仕切りカーテン。

あなたはすでにチャンスを持っている。

「チャンスがない」
「チャンスがほしい」
「どこにチャンスがあるのだろう」

あなたはすでにチャンスを持っている。

同じカテゴリーの作品

2:05:35
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION