普通の日常を冒険に変える
30の方法

  • 冒険は、
    与えられるものではなく、
    作り出すもの。
普通の日常を冒険に変える30の方法

冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。

「どこに冒険があるのだろうか」
「自然と冒険が始まらないだろうか」
「誰か冒険に連れていってくれないだろうか」

冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。

社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
気づく力が向上すると、日常が冒険になる。

学生時代の勉強は「記憶力」「思考力」が中心でした。
重要なことをきちんと覚え、難しい問題をしっかり考えて解けるようになることで、高得点が得られました。
記憶力と思考力が優れている人ほど、よい成績を取ることができました。

社会人の勉強とは、気づく力を上げること。気づく力が向上すると、日常が冒険になる。

知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。

「冒険の旅に出る」
そう聞いてイメージするのは、どんな場面でしょうか。
・1人で海外に旅すること

知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。

過去も未来も考えない。
今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。

過去を振り返っていませんか。
過去を振り返って、懐かしい気分に浸ることもあるでしょう。
たまには過去を振り返るのもいいですが、振り返ってばかりではいけません。

過去も未来も考えない。今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。

経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。

普通の日常を冒険に変えるなら「経験」に注目しましょう。
「経験のあること」ではありません。
「経験のないこと」です。

経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。

人生につまらないことは1つもない。

「つまらないことは楽しめない」
「つまらないものはつまらない」
「つまらないものはどうしようもない」

人生につまらないことは1つもない。

頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。

私たちは常識や先入観にとらわれて生きています。
「これはこういうものだ」
「こういうときは、こうしなければいけない」

頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。

迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。

私たちは日常のあるとき、迷うことがあります。
2択で迷うこともあれば、3択以上の選択肢で迷うこともあるでしょう。
迷ったときはどんな基準で選びますか。

迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。

当たり前に幸せがある。
当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。

幸せになりたいなら、今日から「ある習慣」を身につけましょう。
それは「当たり前に感謝する習慣」です。
当たり前は軽視されがちです。

当たり前に幸せがある。当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。

「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。

好きなことには2種類あります。
「小さな好き」と「大きな好き」です。
小さな好きとは「ちょっとだけ好き」「まあまあ好き」「少し気に入っている」という状態のことをいいます。

「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。

普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。

平凡な日常を冒険に変えるには、ちょっとしたところにあります。
それは「話しかける行為」です。
あなたが普段話しかける人を思い出してください。

普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。

新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。

あなたにとって新しい冒険は「普段よく行く場所」にあります。
見慣れた光景があり、見慣れた人がいるでしょう。
隅々まで知り尽くしているでしょう。

新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。

普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。

あなたは普段、どのくらい明るい言葉に触れていますか。
私たちが生きる世界は、ネガティブな言葉や情報が多数存在しています。
テレビや新聞では、ネガティブなニュースのオンパレードです。

普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。

笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
目安は、相手の1.2倍。

相手から笑顔で挨拶されることがあります。
にこにこした明るい表情で「おはよう!」「こんにちは!」と声をかけてもらえると、嬉しいですね。
笑顔には華があります。

笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。目安は、相手の1.2倍。

「当たり前」を「ありがたい」に言い換えるだけで、幸福感に満たされる。

日常の中にある「当たり前」に注目してください。
あなたの日常には「当たり前」と思うことがたくさんあるでしょう。
特別感はゼロでかまいません。

「当たり前」を「ありがたい」に言い換えるだけで、幸福感に満たされる。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
これを「冒険」と言う。

あなたの日常には「怖い」「恥ずかしい」と思うことはありますか。
おそらく誰もが「ある」と答えるはずです。
怖いことや恥ずかしいことがない人はいません。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。これを「冒険」と言う。

「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。

人生を明るくするために、禁句にしたい一言があります。
「できるわけがない」です。
日常会話によく登場するセリフです。

「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。

成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。

あなたが大切にしているのは結果ですか。
それともプロセスですか。
おそらく誰もが「結果のほうが大切」と答えるはずです。

成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。

あらゆる人が、先生。
あらゆる場所が、学校。

あらゆる人が先生です。
あなたの身近にいる人たちは、老若男女に関係なく、すべて先生です。
知人や友人も先生です。

あらゆる人が、先生。あらゆる場所が、学校。

いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。

いいことがあったときのことを思い出してください。
・試合に勝った
・友人と前より仲良くなった

いいことが起こる前は悪いことが起こっている。悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。

生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。

人が生まれ変わるのは、どんなときでしょうか。
人生では、生まれ変わるシーンがいくつかあります。
失恋から立ち直ったとき。

生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。

「人生は何色か」
そう聞かれたとき、あなたならどう答えますか。
人によって答え方はさまざまです。

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。

何事も取りかかった時点で、半分終わっている。

仕事で一番苦労するのはどこでしょうか。
実は「仕事そのもの」ではありません。
「取りかかるまでの一踏ん張り」です。

何事も取りかかった時点で、半分終わっている。

料理をお金で味わっていないか。
きちんと自分の舌で味わおう。

一般的に値段の高い食べ物は、おいしく感じる傾向があります。
たとえば、高級料理です。
調理に手が込んでいたり品質の高い食材が使われていたりするため、おいしく感じることが多いでしょう。

料理をお金で味わっていないか。きちんと自分の舌で味わおう。

人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。

人生を深く味わうとは何か。
それは「2回目を楽しむこと」をいいます。
同じ物事なら、同じ刺激しかないと思うのは誤解です。

人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。

「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。

私たちの日常には「宝探し」があります。
宝探しといえば、隠された財宝などを探すことをいいます。
スマホゲームの宝探しもあれば、テーマパークの宝探しもあります。

「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。

「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。

成功するための鉄則が、2つあります。
・「やめたほうがいい」と言われることは、やる
・「やったほうがいい」と言われることは、やめておく

「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。

過去の挫折は、乗り越えるためにある。
諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。

平凡な日常を冒険に変えるポイント。
それは「あなたが諦めていること」にあります。
あなたが諦めていることは何ですか。

過去の挫折は、乗り越えるためにある。諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。

回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。

回転寿司屋に入れば、どんな順番でネタを食べ始めますか。
食べ方は人それぞれですが、たまには次のような食べ方はいかがでしょうか。
回転寿司屋に入れば、さっと座ります。

回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。

条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
「いよいよ冒険らしくなってきた!」

事情があって条件が悪くなることがあります。
条件が厳しくなると想定外で焦ります。
急であればあるほど、焦りも驚きも大きくなります。

条件が悪くなったら、こうつぶやこう。「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

2:03:53
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION