暮らし

生活の質を向上させる
30のマナー

  • 最初の一口目は、
    もっともっと大事にしたほうがいい。
生活の質を向上させる30のマナー

もくじ
  1. 最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。

    板状のチョコレートがあるとします。
    甘い物好きには、定番のお菓子ですね。
     

  2. ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。

    駅の改札を通ってホームに入ると、出発寸前の電車にぎりぎり間に合うことがあります。
    「よかった。ぎりぎり間に合った」
    何とか間に合って電車に乗れました。

  3. わざわざスーツに着替えてから来るお客さんが、ブランドショップに好かれる。

    ブランドショップに行くときの理想的な服装は、ずばりスーツです。
    もちろんブランドショップは、カジュアルな服装でも入店が可能です。
    店側としては、私服のお客様も大歓迎。

  4. 相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。

    相手はあなたに興味を持ち、名前を聞いてくることがあります。
    「お名前を伺ってもいいですか」
    そのとき、嬉しく感じませんか。

  5. 同じ飲み物でも、ちびちび飲むのと、ごくごく飲むのとでは、味わいが変わる。

    飲み物の雰囲気を変えたいときは、飲み方を変えてみましょう。
    普通に考えると、飲み物の内容成分が同じなら、味も同じのはずです。
     

  6. 人の品性が表れるのは、何かを終えたとき。

    人の品性が表れるのは、どんなときでしょうか。
    普段私たちは、何かを始める前や最中は、しっかり注意するものです。
     

  7. 今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。

    ハンカチとティッシュの持参は、エチケットの基本です。
    隣の人が困っているとき、ハンカチやティッシュをさっと差し出せれば、かっこいいですね。
    まるで映画のようなワンシーンです。

  8. 初対面は、自己紹介のベストタイミング。

    行きつけのお店で、初めて見る店員さんがいたとします。
    とっさに「新人さんなのかな」と思うでしょう。
    そう思ったときが、自己紹介のチャンスです。

  9. 面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。

    「おはようございます」
    朝、知り合いと会ったときに、挨拶をしますね。
    知っている人には挨拶をして、知らない人には挨拶をしない状況が多いのではないでしょうか。

  10. 品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。

    ドアを閉める瞬間は、品性の表れやすい瞬間です。
    ドアを開けるときではありません。
    閉めるときも、開けるときと同じくらい重要です。

  11. 美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。

    美術館に行くと、不思議な人たちを見かけることがあります。
    作品を見ている時間より、タイトルや解説を読んでいる時間のほうが長い人たちです。
    タイトルと解説をじっくり読んだ後、作品をちらっと見て、次に移ります。

  12. ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。

    急いでいるときにかぎって、ボタンが留められない。
    いつもなら簡単に留められるボタンが、急いでいるときにかぎって、妙に難しく感じられます。
    手元が震え、うまく指が動かなくなります。

  13. 部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。

    生活の中で、意外と忘れがちな洗濯物があります。
    カーテンです。
    部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。

  14. 部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所とは。

    部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所があります。
    天井です。
    壁や床は掃除をしますが、意外に天井を掃除することはなかなかありません。

  15. なぜ服装によって、建物に入る前の脱着マナーが異なるのか。

    ビジネスで企業を訪問する際、スーツは、建物に入る前に着るのがマナーです。
    よほど暑い状況を除いて、スーツを着てから訪問しましょう。
    外のお手洗いで身だしなみを整えてから、企業を訪問すると、スムーズです。

  16. 自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。

    家を出るときに「いってきます」と言っていますか。
    家に戻ったとき「ただいま」と言っていますか。
    相手がいるから、言うのではありません。

  17. お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。

    行きつけのお店は、何軒ありますか。
    飲食店・喫茶店・洋服店。
    パン屋・雑貨屋・おもちゃ屋。

  18. 使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。

    あなたの家にある傘を見てみましょう。
    見てほしいのは、使い終わった傘の状態です。
    雨の日に傘を使った後、どうしていますか。

  19. 電車で痴漢に遭ったら、どうするか。

    満員電車の中で女性が遭う被害と言えば、痴漢です。
    痴漢に遭ったことはありますか。
    痴漢に遭ったとき、どう対処していますか。

  20. 使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。

    使い終わった物を捨てるとき、どうしていますか。
     
    たとえば、ボールペンの芯です。

  21. 自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。

    勉強や仕事をしていると、ふと、あくびが出ることがあります。
    大きな口を開けると、誰もがだらしなく見えます。
    あくびのタイミングは不規則に思えますが、実際はきちんと意味があります。

  22. タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。

    タクシーでは、運転手に細かい指示を出すことがあります。
    「次の交差点を右に曲がってください」
    「あの曲がり角のところで停車してください」

  23. レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。

    お店のレジで、店員さんと雑談することがあるでしょう。
    毎日通うお店では、店員さんと顔なじみになり、話しやすくなります。
    仲良くなれば、時にはプライベートな話をすることもあるでしょう。

  24. 宅配の人に、どんな対応をしていますか。

    宅配の人に対する自分の対応を思い出してください。
    チャイムが鳴り、ドアを開ける。
    宅配の人から荷物を受け取って、サインをして、ドアを閉める。

  25. 探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。

    「ここに置いていたはずなんだけどな」
    「おかしいな。どこに置いたのだろうか」
    探し物がすぐ見つからなくて、あたふたすることはありませんか。

  26. 急に大きな音が聞こえたときこそ、平常心。

    盲導犬になる訓練の1つに「急に大きな音を聞かせる」というメニューがあります。
     
    たとえば、目の前で風船を割ったり、車のクラクションを鳴らしたりなどです。

  27. バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。

    バナナの皮を踏んで滑って転んだら、喜びましょう。
    とても珍しい経験だからです。
    バナナの皮をうっかり踏んで、滑って転ぶシーンは、漫画やアニメではよく見かけます。

  28. アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。

    舞台を見に行ったとき、帰り際に余裕があれば、ぜひアンケートを書きましょう。
    素直な感想を書くのもよし。
    改善したほうがいい点を書くのもよし。

  29. 「寝具で寝る」と考えるのではない。
    「偉大な存在に癒されている」と考える。

    寝るときの様子を思い浮かべてください。
    私たちが寝るときは、敷布団と掛け布団があり、普通に寝ると考えがちです。
     

  30. 親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

    仕事関係で食事に行ったとき、相手からおごってもらうときがあります。
    おごってもらったときは、食事の後に「ごちそうさまでした」とお礼を言うのが、マナーですね。
    金額の大小は関係なく、相手の心遣いに感謝しましょう。

同じカテゴリーの作品