執筆者:水口貴博

成功体質になる
30の方法

1
8

人より先に失敗する人が、
人より先に成功する。

人より先に失敗する人が、人より先に成功する。 | 成功体質になる30の方法

人より先に成功するためには、あることを心がけましょう。

それは「失敗」です。

失敗は、大半の人が避けようとします。

悪い印象があり、避けるべきものと考えられています。

しかし、失敗を避けていると、なかなか成功に近づけません。

失敗しないと、なかなか悪いところに気づけません。

悪いところを気づけないと改善ができず、向上のチャンスを失います。

失敗を避けていると、成長の停滞を招くことになるのです。

失敗をしないで成功しようと考えるのは、愚かなこと

失敗をしないで成功しようと考えるのは、愚かなことです。

それができるなら、誰も苦労しません。

大半の人が成功できないのは、みんな失敗を避けているからです。

失敗できたとしても、量が少なかったり時期が遅かったりしています。

「失敗をしないで100パーセント成功できる」というフレーズは、詐欺師の使う決まり文句です。

人より先に成功するためには、人より早く知恵や教訓を学ぶ必要があります。

知恵や教訓を学ぶためには本が役立ちますが、経験が伴っていないため、表面的な知識で終わりがちです。

最も身につくのは、経験が伴った失敗です。

実際に失敗すると、痛みを伴いながら問題点が見つかります。

問題点が見つかるから改善することもできます。

痛みが伴っているので本気で直そうとします。

悪いところを改善していくことで、同じ失敗を防いだり完成度を高めたりできます。

結果として成功に近づいていけるのです。

成功者とは、優れた失敗経験者

成功者とは、言い換えると、優れた失敗経験者でもあります。

世の中の成功者を見てください。

成功者は必ず多くの失敗を経験しています。

失敗していないように見えるなら、そう見えるだけです。

失敗を表に出さず、隠しています。

実際は私たちの見えないところで、膨大な失敗量を経験しています。

しかもかなり早い時期に経験しています。

子どもの頃から積極的で、何度も失敗の山を経験してきましたが、そのたびにい上がってきました。

だから多くを学ぶことができ、飛躍的な改善ができました。

場数を踏むことで、慣れることもできました。

その結果、成功することができたのです。

失敗をしても大したことはない

失敗すると大変なことになると思いますが、考えすぎです。

失敗したところで大したことはありません。

お金を失ったり心に傷を受けたりしますが、小さな程度でしょう。

お金を失ったら、また稼げばいいことです。

心の傷は、時間が経てば自然と回復します。

若いうちの失敗は、守るものが少ないのでやり直しもしやすいはずです。

致命的な失敗とは命を失うことを言います。

命を失うこと以外の失敗は、やり直しが利くものばかりです。

早く失敗したいなら、早く挑戦するのが一番

早く失敗するためにはどうすればいいか。

早く失敗したいなら、挑戦するのが一番です。

挑戦には未知の領域が広がっているため、失敗の確率を高めることができます。

どんどん新しいことに挑戦していけば、どんどん失敗していけます。

「知らなかった」「なるほど、こういうことなのか」「次はこうすればいいよね」ということに出会えます。

新しいことに挑戦には勇気を必要としますが、楽しむつもりになれば、踏み出しやすくなります。

失敗は早い者勝ち

人より先に成功したいなら、人より先に失敗してください。

こちらから「どこかに失敗できるチャンスはないかな」と探していくことです。

失敗できるチャンスがあれば、逃げるのではなく、飛び込んでいきましょう。

「失敗できるチャンス」とは「成長できるチャンス」です。

「失敗できるチャンス=成長できるチャンス」と考えると、見える景色が変わります。

あなたの周りには、成功のタネがちりばめられていて、楽しく感じてくるでしょう。

早く成功のタネを手に入れたくなって、踏み出す勇気が湧いてきます。

失敗するなら、早ければ早いほどいい。

早く失敗するから、早く成長できます。

早く成長できるから、早く成功できます。

「失敗は早い者勝ち」と覚えておきましょう。

人より先に失敗する人が、人より先に成功するのです。

成功体質になる方法(1)
  • 失敗を恐れず、誰よりも早く失敗しに行く。
その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。

成功体質になる30の方法
成功体質になる30の方法

  1. 人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
    人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
  2. その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
    その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
  3. 間違った選択は、神様からのお導き。
    間違った選択は、神様からのお導き。
  4. 仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
    仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
  5. 仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
    仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
  6. 健康は、成功体質に欠かせない要素。
    健康は、成功体質に欠かせない要素。
  7. 形のないものにお金を使う人が、成功する。
    形のないものにお金を使う人が、成功する。
  8. 同じことをするのではない。<br>少しずつ改善を加えながら同じことをする。
    同じことをするのではない。
    少しずつ改善を加えながら同じことをする。
  9. 向いていることは、才能のタネ。<br>適性は、神様からのプレゼント。
    向いていることは、才能のタネ。
    適性は、神様からのプレゼント。
  10. 賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
    賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
  11. 「明日からやります」は禁句。
    「明日からやります」は禁句。
  12. 清掃員も会社で一緒に働くパートナー。<br>1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
    清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
    1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
  13. 熱くなってはいけない。<br>仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
    熱くなってはいけない。
    仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
  14. 落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
    落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
  15. ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
    ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
  16. 他責思考の人は成功できない。<br>自責思考の人が成功する。
    他責思考の人は成功できない。
    自責思考の人が成功する。
  17. 成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
    成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
  18. 仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
    仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
  19. やる気に頼る人は成功できない。<br>習慣に頼る人が成功する。
    やる気に頼る人は成功できない。
    習慣に頼る人が成功する。
  20. ときどき変化するから、緊張する。<br>普段から変化すれば、平気になる。
    ときどき変化するから、緊張する。
    普段から変化すれば、平気になる。
  21. 社交性がなくても、成功できる。
    社交性がなくても、成功できる。
  22. 肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
    肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
  23. 10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
    10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
  24. 言い訳をしない人が成功する。
    言い訳をしない人が成功する。
  25. 仕事だけ楽しむのではない。<br>準備と後片付けも楽しもう。
    仕事だけ楽しむのではない。
    準備と後片付けも楽しもう。
  26. 恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。<br>大切なのは挫折を回避すること。
    恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
    大切なのは挫折を回避すること。
  27. 負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。<br>素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
    負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
    素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
  28. 「人脈、人脈」と言ってはいけない。<br>騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
    「人脈、人脈」と言ってはいけない。
    騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
  29. 説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。<br>本当に理解できているなら、一言で説明できる。
    説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
    本当に理解できているなら、一言で説明できる。
  30. 知識より知恵を学ぶ人が、成功する。
    知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION