執筆者:水口貴博

成功体質になる
30の方法

2
7

その道のプロになりたければ、
勉強代を惜しんではいけない。

その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。 | 成功体質になる30の方法

プロになるための、基本ルールがあります。

「その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない」ということです。

プロを目指しているにもかかわらず、その分野の勉強代を節約していませんか。

もちろん節約は大切です。

節約とは、お金の効率のいい使い方です。

節約は、すべての人にとって大切な生活習慣です。

無駄な部分を切り詰めることで、お金を効率よく使えます。

節約するからこつこつお金が貯まり、お金が貯まるから大きなことを実現できるようになります。

節約が大切なのは当然のことですが、プロを目指している分野に関しては例外です。

プロを目指している分野に関しては、節約にこだわる必要はありません。

むしろ節約を忘れて取り組むほうがいいでしょう。

プロを目指している分野に関して、節約は不要

プロを目指しているにもかかわらず、その分野の勉強で節約をするのは矛盾しています。

プロを目指している分野で節約していると、全力になれません。

節約がブレーキになり、スピードを出したくても出せなくなります。

学びたいことがあっても、節約のことを考えると、足かせになって制限されます。

全力で勉強できなくて、どうやってプロになれるのでしょう。

知識やスキルが伸びても、普通止まりになります。

節約が足を引っ張ることになり、自分の可能性を最大限に引き出せなくなります。

これでは、プロになれないのも当然です。

プロを目指している分野には、どんどんお金を使っていくこと

時には効率を無視した使い方も必要です。

無駄遣いも、常識の範囲であればOKです。

そのときしかないチャンスであれば、少しくらい無駄遣いがあろうと、学びを最優先にすることです。

経験にお金を使うことも有益です。

頭ではわからないことがわかり、その分野の理解がますます深まるでしょう。

生の経験に勝るものはありません。

プロを目指している分野には、どんどんお金を使っていきましょう。

たっぷりお金をかけるようにしてください。

お金を使えば使うほど、知識が豊かになり、スキルも伸びていき、可能性が広がっていきます。

無駄な経験であろうと、経験は経験です。

役立たなくても頭脳に蓄積され、あるとき別の場面で役立ちます。

「自分が最もお金を使ったこと=自分の専門分野」となるのが理想

あなたが今まで最もお金をかけていることは何ですか。

趣味であれば、その内容を思い出してください。

本を読むのが趣味であれば、どんな本を読んだのか思い出してください。

今まで最もお金をかけたことが、あなたの専門分野と一致しているでしょうか。

もし一致していないなら、違うところでお金を使っているということです。

もし不一致が見られるなら、一致するように生活を見直しましょう。

「自分が最もお金を使ったこと=自分の専門分野」となるのが理想です。

成功体質になる方法(2)
  • 自分がプロを目指している分野では、お金を惜しまず使っていく。
間違った選択は、神様からのお導き。

成功体質になる30の方法
成功体質になる30の方法

  1. 人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
    人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
  2. その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
    その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
  3. 間違った選択は、神様からのお導き。
    間違った選択は、神様からのお導き。
  4. 仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
    仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
  5. 仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
    仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
  6. 健康は、成功体質に欠かせない要素。
    健康は、成功体質に欠かせない要素。
  7. 形のないものにお金を使う人が、成功する。
    形のないものにお金を使う人が、成功する。
  8. 同じことをするのではない。<br>少しずつ改善を加えながら同じことをする。
    同じことをするのではない。
    少しずつ改善を加えながら同じことをする。
  9. 向いていることは、才能のタネ。<br>適性は、神様からのプレゼント。
    向いていることは、才能のタネ。
    適性は、神様からのプレゼント。
  10. 賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
    賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
  11. 「明日からやります」は禁句。
    「明日からやります」は禁句。
  12. 清掃員も会社で一緒に働くパートナー。<br>1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
    清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
    1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
  13. 熱くなってはいけない。<br>仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
    熱くなってはいけない。
    仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
  14. 落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
    落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
  15. ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
    ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
  16. 他責思考の人は成功できない。<br>自責思考の人が成功する。
    他責思考の人は成功できない。
    自責思考の人が成功する。
  17. 成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
    成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
  18. 仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
    仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
  19. やる気に頼る人は成功できない。<br>習慣に頼る人が成功する。
    やる気に頼る人は成功できない。
    習慣に頼る人が成功する。
  20. ときどき変化するから、緊張する。<br>普段から変化すれば、平気になる。
    ときどき変化するから、緊張する。
    普段から変化すれば、平気になる。
  21. 社交性がなくても、成功できる。
    社交性がなくても、成功できる。
  22. 肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
    肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
  23. 10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
    10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
  24. 言い訳をしない人が成功する。
    言い訳をしない人が成功する。
  25. 仕事だけ楽しむのではない。<br>準備と後片付けも楽しもう。
    仕事だけ楽しむのではない。
    準備と後片付けも楽しもう。
  26. 恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。<br>大切なのは挫折を回避すること。
    恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
    大切なのは挫折を回避すること。
  27. 負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。<br>素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
    負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
    素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
  28. 「人脈、人脈」と言ってはいけない。<br>騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
    「人脈、人脈」と言ってはいけない。
    騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
  29. 説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。<br>本当に理解できているなら、一言で説明できる。
    説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
    本当に理解できているなら、一言で説明できる。
  30. 知識より知恵を学ぶ人が、成功する。
    知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION