成功哲学

成功体質になる
30の方法

  • 人より先に失敗する人が、
    人より先に成功する。
成功体質になる30の方法

もくじ

人より先に失敗する人が、人より先に成功する。

人より先に失敗する人が、人より先に成功する。

人より先に成功するためには、あることを心がけましょう。
それは「失敗」です。
失敗は、大半の人が避けようとします。

形のないものにお金を使う人が、成功する。

形のないものにお金を使う人が、成功する。

買い物に迷ったら、形のないものにお金を使いましょう。
形のないものにお金を使うことは、成功の近道だからです。
私たちは、形のあるものにお金を使う傾向があります。

間違った選択は、神様からのお導き。

間違った選択は、神様からのお導き。

間違ったことを選んでしまうことがあります。
正しいと思って選んだものの、結果を見ると間違いでした。
「油断した。しくじってしまった。できればやり直したい」

仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。

仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。

「マルチタスク」という言葉があります。
マルチタスクとは、いくつかの仕事を同時並行で進めることをいいます。
もともとコンピューター処理の世界で使われていた言葉ですが、ビジネスでもよく使われます。

仕事は、やらされるものではなく、するものだ。

仕事は、やらされるものではなく、するものだ。

仕事は「やらされるもの」と思っていませんか。
・仕事は、与えられるものだと思っている
・仕事を与えられるまで動かない

健康は、成功体質に欠かせない要素。

健康は、成功体質に欠かせない要素。

成功体質になるためには、健康が欠かせません。
健康とは、心身に悪いところがなく、良好な状態のことをいいます。
健康は人生の土台です。

その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。

その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。

プロになるための、基本ルールがあります。
「その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない」ということです。
プロを目指しているにもかかわらず、その分野の勉強代を節約していませんか。

同じことをするのではない。
少しずつ改善を加えながら同じことをする。

同じことをするのではない。少しずつ改善を加えながら同じことをする。

同じ仕事を繰り返してはいけません。
同じ仕事を繰り返すだけでは、同じままです。
仕事は進んでも、発見や向上がありません。

向いていることは、才能のタネ。
適性は、神様からのプレゼント。

向いていることは、才能のタネ。適性は、神様からのプレゼント。

「向いている」と思うことがありますか。
・少し取り組んだだけ、簡単に上達できたこと
・最初から手応えがよく、スムーズにできてしまうこと

賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。

賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。

賛同できない忠告をされることがあります。
忠告とはいえ、さまざまです。
役立つ忠告であれば納得の返事ができますが、そうでない場合もあるでしょう。

「明日からやります」は禁句。

「明日からやります」は禁句。

人からアドバイスをもらったときは、受け入れる返事をしましょう。
「明日からやります」
明るく元気のいい返事で、よいように思えます。

清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。

清掃員も会社で一緒に働くパートナー。1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。

会社で働く清掃員と友達になっておきましょう。
「清掃員と友達になっても仕方ない」
そう思うかもしれませんが誤解です。

熱くなってはいけない。
仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。

熱くなってはいけない。仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。

仕事を長く続けたいなら、熱くなってはいけません。
めらめら情熱を燃やしてはいけません。
熱意や意欲を発揮するのは注意が必要です。

もしものことを考えすぎてはいけない。
限度を超えると、かえって毒になる。

もしものことを考えすぎてはいけない。限度を超えると、かえって毒になる。

「もしものこと」を考えることは大切です。
前もって将来に起こりそうなリスクを考えておけば、回避策や対処策を立てることができます。
策を講じて備えておけば安心です。

ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。

ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。

ビジネスの場で、個性的な服装の人を見かけることがあります。
自分の個性を見せようとしているのでしょう。
派手なワイシャツ、キャラクター刺しゅうのネクタイ、奇抜な上着、ユニークなハンカチ、アンティークなカバン。

恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
大切なのは挫折を回避すること。

恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。大切なのは挫折を回避すること。

あらかじめ設定した目標にまったく届きそうにないときがあります。
実際に始めてみたところ、見積もりが甘く、目標設定に無理があったとわかることがあります。
頑張ればぎりぎり届きそうならまだいいのですが、目標に届かないのは明らかとわかるときがあるでしょう。

成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。

成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。

「私は実力に自信がない」
「実力がないから成功できない」
そういう人は「諦めない力」で勝負してください。

初心者は、初心を思い出させてくれる先生。

初心者は、初心を思い出させてくれる先生。

ときどき初心者をばかにする人がいます。
相手は初心者で、自分のほうが上とわかった瞬間、ばかにする人がいます。
つい相手を見下した態度になりやすい。

やる気に頼る人は成功できない。
習慣に頼る人が成功する。

やる気に頼る人は成功できない。習慣に頼る人が成功する。

成功できないパターンの1つ。
それは「やる気に頼る人」です。
もちろんやる気が悪いわけではありません。

ときどき変化するから、緊張する。
普段から変化すれば、平気になる。

ときどき変化するから、緊張する。普段から変化すれば、平気になる。

変化が怖い人は「必要の有無」で考える傾向があります。
「必要があれば、変化をする」
「必要がなければ、変化しない」

社交性がなくても、成功できる。

社交性がなくても、成功できる。

「成功するためには社交性が欠かせない」
「人付き合いが上手でなければ成功できない」
「自分には社交性がないから成功できない」

肩書は、実力がつく前に名乗っていい。

肩書は、実力がつく前に名乗っていい。

仕事をするためには、まず肩書を名乗ってください。
肩書は、実力がつく前に名乗っていいのです。
仕事は、名乗ることから始まります。

10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。

10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。

10年後の自分をイメージしましょう。
ただイメージすればいいわけではありません。
「成功した自分」をイメージすることが大切です。

下品な人には、上品に接するのがスマート。

下品な人には、上品に接するのがスマート。

下品な人と接するときは、態度に気をつけましょう。
下品な人は、がさつで乱暴でとげとげしく、不快感があるため、むっとすることが増えるでしょう。
態度や言葉遣いの悪い様子が目立つと、感情が刺激され、いらいらすることが増えます。

仕事だけ楽しむのではない。
準備と後片付けも楽しもう。

仕事だけ楽しむのではない。準備と後片付けも楽しもう。

料理が好きな人は、調理だけ楽しんでいません。
準備している時間も楽しんでいます。
・食材を買いに行くことを楽しむ

スランプになれるのは、上位3割。
残りの7割は、スランプ前に脱落する。

スランプになれるのは、上位3割。残りの7割は、スランプ前に脱落する。

スランプになったら喜んでください。
スランプになるのは名誉なことです。
立派なことであり、幸せなことです。

負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
素直に負けを認めたほうが、かっこいい。

負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。素直に負けを認めたほうが、かっこいい。

勝負に負けたとき、負け惜しみを言う人がいます。
「運がなかっただけ」
「ちょっとタイミングが悪かっただけ」

「人脈、人脈」と言ってはいけない。
騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。

「人脈、人脈」と言ってはいけない。騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。

「人脈が欲しい!」
「人脈を広げたい!」
「いい人脈を築きたい!」

説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
本当に理解できているなら、一言で説明できる。

説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。本当に理解できているなら、一言で説明できる。

本当に理解できているか確かめたいなら、シンプルな方法があります。
「一言で説明できるかどうか」です。
本当に理解できているなら、必ず一言で説明できます。

知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

成功するために大切なのは、知識ではありません。
知恵です。
知識と知恵は、似ていますが違います。

同じカテゴリーの作品