執筆者:水口貴博

成功体質になる
30の方法

23
5

10年後の成功した自分をイメージするだけで、
成功に近づく。

10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。 | 成功体質になる30の方法

10年後の自分をイメージしましょう。

ただイメージすればいいわけではありません。

「成功した自分」をイメージすることが大切です。

「イメージするだけでは何も変わらない」と思うかもしれませんが、変わります。

イメージには、夢の実現を促す力があります。

人は、イメージに向かって進んでいく生き物です。

イメージは、やる気とモチベーションに変わります。

自己暗示になり、実現したい気持ちが強くなります。

無意識のうちに心と体が動き始め、実現に向けて現実が動き始めます。

成功に必要な情報も目につきやすくなり、夢に向かう階段が目の前に現れます。

引き寄せの力が発動して、実現のスピードが加速します。

イメージしたことは神様にも届く

イメージしたことは神様にも届きます。

「あなたはこういう10年後を送りたいのですね」

神様にあなたの叶えたいイメージが伝わることで、必要な運やチャンスをいただけるでしょう。

不思議と奇跡に恵まれやすくなります。

結果として実現の可能性が高まっていくのです。

10年後の成功した自分をイメージする

イメージすらできなくて、どうやって成功するのでしょう。

成功することは、まずイメージすることから始まります。

10年後の成功した自分をイメージしましょう。

イメージしただけで成功率が高まるのですから、これほど簡単なことはありません。

その気になれば、今すぐできるはずです。

あくまでイメージなのですから、あなたの理想でいいのです。

たっぷり想像力を働かせ、自由にイメージしてください。

「10年後はこんな自分でいたい。こういう仕事をしていたい。こんなライフスタイルでありたい」

実現できるかどうかは後の話です。

たとえ実現しなくてもペナルティーはないのですから、全力でイメージしましょう。

イメージが湧きにくいなら、雑誌から写真を切り抜いてノートに貼り付ければ、イメージの手助けになります。

定期的にイメージすると、効果が倍増する

イメージは定期的に行いましょう。

一度や二度で終わらせるのではなく、定期的であることが大切です。

散歩中・入浴中・マッサージ中など、リラックスした時間を使うといいでしょう。

生活習慣に組み込むことで、自然と定期的になります。

定期的にイメージすると、それだけ心に深く刻まれ、効果が倍増します。

10年後の成功した自分をイメージすることは、成功体質になることです。

きっと10年もしないうちに実現しているはずです。

成功体質になる方法(23)
  • 10年後の自分をイメージして、成功に近づく。
言い訳をしない人が成功する。

成功体質になる30の方法
成功体質になる30の方法

  1. 人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
    人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
  2. その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
    その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
  3. 間違った選択は、神様からのお導き。
    間違った選択は、神様からのお導き。
  4. 仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
    仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
  5. 仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
    仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
  6. 健康は、成功体質に欠かせない要素。
    健康は、成功体質に欠かせない要素。
  7. 形のないものにお金を使う人が、成功する。
    形のないものにお金を使う人が、成功する。
  8. 同じことをするのではない。<br>少しずつ改善を加えながら同じことをする。
    同じことをするのではない。
    少しずつ改善を加えながら同じことをする。
  9. 向いていることは、才能のタネ。<br>適性は、神様からのプレゼント。
    向いていることは、才能のタネ。
    適性は、神様からのプレゼント。
  10. 賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
    賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
  11. 「明日からやります」は禁句。
    「明日からやります」は禁句。
  12. 清掃員も会社で一緒に働くパートナー。<br>1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
    清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
    1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
  13. 熱くなってはいけない。<br>仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
    熱くなってはいけない。
    仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
  14. 落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
    落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
  15. ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
    ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
  16. 他責思考の人は成功できない。<br>自責思考の人が成功する。
    他責思考の人は成功できない。
    自責思考の人が成功する。
  17. 成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
    成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
  18. 仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
    仕事リストを作るときは「字」にも注意を払おう。
  19. やる気に頼る人は成功できない。<br>習慣に頼る人が成功する。
    やる気に頼る人は成功できない。
    習慣に頼る人が成功する。
  20. ときどき変化するから、緊張する。<br>普段から変化すれば、平気になる。
    ときどき変化するから、緊張する。
    普段から変化すれば、平気になる。
  21. 社交性がなくても、成功できる。
    社交性がなくても、成功できる。
  22. 肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
    肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
  23. 10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
    10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
  24. 言い訳をしない人が成功する。
    言い訳をしない人が成功する。
  25. 仕事だけ楽しむのではない。<br>準備と後片付けも楽しもう。
    仕事だけ楽しむのではない。
    準備と後片付けも楽しもう。
  26. 恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。<br>大切なのは挫折を回避すること。
    恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
    大切なのは挫折を回避すること。
  27. 負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。<br>素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
    負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
    素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
  28. 「人脈、人脈」と言ってはいけない。<br>騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
    「人脈、人脈」と言ってはいけない。
    騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
  29. 説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。<br>本当に理解できているなら、一言で説明できる。
    説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
    本当に理解できているなら、一言で説明できる。
  30. 知識より知恵を学ぶ人が、成功する。
    知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION