緊張・あがり症

緊張との付き合い方がうまくなる
30の言葉

2
10

人として大切なのは、
緊張したかどうかではなく、
緊張してどうしたか。

人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。 | 緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

人として大切なのは何でしょうか。

緊張に関しては「緊張する・しない」という2択で考えがちです。

  • 「緊張しないのは、人として立派」
  • 「緊張するのは、人として情けない」

 

たしかに緊張しない人のほうが、強い心と精神力が感じられ、人として素晴らしく思えるでしょう。

多くの場数を踏んで、すっかり緊張に慣れているような印象もあります。

 

しかし、ここが要注意。

人として大切なのは、緊張したかどうかではありません。

緊張は、してもいいのです。

人間なら大舞台で緊張するのは当たり前。

人前に立って、多くの人から注目されれば、心身がこわばって当然です。

むしろ緊張したほうがいいこともあります。

緊張は仕事のパフォーマンスを上げる効果もあります。

重要な局面では、緊張を避けるより求めたほうが、よりよい結果を発揮しやすくなります。

本当に大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたかです。

  • 緊張を放置したのか
  • 緊張と向き合ったのか

この2つは大きな違いです。

緊張を放置する人より向き合う人のほうが、精神的に立派です。

緊張を放置すれば、変化も進歩もありません。

緊張と向き合い、生かしたりほぐしたりすると、変化と進歩があります。

上手に緊張を処理できたかどうかに関係なく、まず緊張と向き合い、前向きに取り組んでいる姿勢が大切です。

困難から逃げずに立ち向かえる人には、向上心があります。

そのときは上手に緊張を操れなくても、努力を続けていれば、いずれ操れるようになるでしょう。

緊張と向き合っていくと、どんどん成長できるのです。

緊張との付き合い方がうまくなる言葉(10)
  • 「緊張したかどうか」より「緊張してどうしたか」に着目する。
まったく緊張がないのも、ストレスになる。

もくじ
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉
人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。 | 緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

  1. 1日1回は、緊張する時間を作ろう。
    1日1回は、緊張する時間を作ろう。
  2. 人間関係に比べれば、緊張との付き合い方はまだ優しい。
    人間関係に比べれば、緊張との付き合い方はまだ優しい。
  3. 普段から緊張を感じている人は、ぼけない。
    普段から緊張を感じている人は、ぼけない。
  4. 「大舞台への挑戦」と考えるのではない。<br>「自分への挑戦」と考えるのだ。
    「大舞台への挑戦」と考えるのではない。
    「自分への挑戦」と考えるのだ。
  5. 緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。
    緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。
  6. 無理に緊張を隠すより、素直に白状できるほうが、かっこいい。
    無理に緊張を隠すより、素直に白状できるほうが、かっこいい。
  7. その気になれば、いつでも緊張することができる。
    その気になれば、いつでも緊張することができる。
  8. 受動的な緊張は、不快なストレスになる。<br>能動的な緊張は、心地よいストレスになる。
    受動的な緊張は、不快なストレスになる。
    能動的な緊張は、心地よいストレスになる。
  9. 緊張とストレス解消は、1セット。
    緊張とストレス解消は、1セット。
  10. 人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。
    人として大切なのは、緊張したかどうかではなく、緊張してどうしたか。
  11. まったく緊張がないのも、ストレスになる。
    まったく緊張がないのも、ストレスになる。
  12. 緊張した経験は、どんどん人に話そう。<br>笑いながら話すことで、心は軽くなり、メンタルも強くなる。
    緊張した経験は、どんどん人に話そう。
    笑いながら話すことで、心は軽くなり、メンタルも強くなる。
  13. 緊張を不快に感じるなら、まだ楽しみ方を知らないだけ。
    緊張を不快に感じるなら、まだ楽しみ方を知らないだけ。
  14. 緊張とは、もう1人の自分を発見するのと同じ。<br>「新しい自分を発見した」と思うくらいでちょうどいい。
    緊張とは、もう1人の自分を発見するのと同じ。
    「新しい自分を発見した」と思うくらいでちょうどいい。
  15. 緊張ばかりしていると、人はダメになる。<br>リラックスばかりしていても、人はダメになる。
    緊張ばかりしていると、人はダメになる。
    リラックスばかりしていても、人はダメになる。
  16. 「こんなに緊張した」という最高記録を作ろう。
    「こんなに緊張した」という最高記録を作ろう。
  17. 緊張を乗り越えるコツは、注射と同じ。<br>構える前に、さっと終わらせること。
    緊張を乗り越えるコツは、注射と同じ。
    構える前に、さっと終わらせること。
  18. 緊張するから目的を忘れるのではない。<br>目的を忘れるから緊張する。
    緊張するから目的を忘れるのではない。
    目的を忘れるから緊張する。
  19. 過度に緊張したときは、人体の偉大な力を体験する機会。
    過度に緊張したときは、人体の偉大な力を体験する機会。
  20. 前回は緊張して取り乱したから、次回も同じことになると思わないこと。
    前回は緊張して取り乱したから、次回も同じことになると思わないこと。
  21. 緊張で悩んだときの対応を見れば、その人の将来が見える。
    緊張で悩んだときの対応を見れば、その人の将来が見える。
  22. 「緊張したことがない」と言う人より「緊張することばかり」と言う人のほうが、信用できる。
    「緊張したことがない」と言う人より「緊張することばかり」と言う人のほうが、信用できる。
  23. 緊張と上手に付き合うコツは、カウントダウン。<br>残り日数を意識すると、次の3つの効果が得られる。
    緊張と上手に付き合うコツは、カウントダウン。
    残り日数を意識すると、次の3つの効果が得られる。
  24. 緊張しない心を持つことは大切。<br>緊張をほぐす方法を知ることはもっと大切。
    緊張しない心を持つことは大切。
    緊張をほぐす方法を知ることはもっと大切。
  25. 自分の緊張を笑われても、不機嫌にならない。<br>緊張の苦労と努力を理解されなくても、ふてくされない。
    自分の緊張を笑われても、不機嫌にならない。
    緊張の苦労と努力を理解されなくても、ふてくされない。
  26. 緊張と上手に付き合うには、力を入れるより抜いたほうがうまくいく。
    緊張と上手に付き合うには、力を入れるより抜いたほうがうまくいく。
  27. 緊張しても、八つ当たりはしない。
    緊張しても、八つ当たりはしない。
  28. 大舞台を経験する前と後では、別人になっている。
    大舞台を経験する前と後では、別人になっている。
  29. 急に緊張を解くのはNG。<br>ゆっくり緊張を解くのはOK。
    急に緊張を解くのはNG。
    ゆっくり緊張を解くのはOK。
  30. 緊張を嫌がっているうちは、半人前。<br>緊張を喜べるようになったら、一人前。
    緊張を嫌がっているうちは、半人前。
    緊張を喜べるようになったら、一人前。

同じカテゴリーの作品