感じのいい人になる
30の方法

6
6

否定の言葉を使うと、
感じが悪くなる。
肯定の言葉を使うと、
感じが良くなる。

否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。 | 感じのいい人になる30の方法

人は否定の言葉を聞いたとき、感じの悪い印象を受ける

あるとき人から注意を受けることがあります。

「満席で申し込めません」

「前から入らないでください」

「ふたをあけないでください」

意味はわかります。

意味はわかりますが、どことなくすっきりしない印象にお気づきでしょうか。

なぜ感じが悪いのか。

それは「否定」だからです。

人は否定の言葉を聞いたとき、感じの悪い印象を受けます。

否定の言葉には、とげとげしさがあります。

突き放された感じがあり、ストレスを感じます。

言っていることは正しくて、意味も内容も理解できても、少し元気を奪われます。

否定の言い方がとげとげしいと、反発が生まれ、気分を害することもあるでしょう。

悪気はなくても、ネガティブな印象を与えることが少なくありません。

感じのいい人になりたいなら、なるべく否定の言葉を使わないよう心がけるのが得策です。

肯定の言葉を多用する

どうすれば、感じのいい言葉遣いができるのか。

そのポイントの1つが「肯定」です。

できるだけ肯定の言葉を使うようにしていきましょう。

「否定の言葉を肯定に言い換えるなんて無理だ」と思うかもしれませんが、誤解です。

言い方を工夫すれば、否定の言葉のほとんどは肯定に言い換えられます。

たとえば「○○ができない」ではなく「○○ならできる」という言い方にします。

「○○はしないでください」ではなく「○○でお願いします」という言い方にします。

肯定の言葉には、明るくて前向きで爽やかな雰囲気があります。

ポジティブな印象があるため、自然と感じが良くなるのです。

「満席で申し込めません」は「別の日であれば申し込めます」と、肯定に言い換えます。

「前から入らないでください」は「後ろからお入りください」と、肯定に言い換えます。

「ふたをあけないでください」は「ふたは閉じたままでお願いします」と、肯定に言い換えます。

ほとんど意味は同じであっても、受ける印象が変わります。

否定より肯定の言葉のほうが、好印象で感じがいい。

肯定の言葉を聞くと、スムーズな印象があって受け止めやすくなります。

元気がもらえたりテンションが上がったりします。

言葉遣いのちょっとした工夫ですが、あなたの印象を大きく左右するポイントです。

否定で言うしかない場面もありますが、状況が許すなら、なるべく肯定に言い換えるよう心がけましょう。

肯定の言葉を使うようになると、感じが良くなります。

肯定の言葉を使えば使うほど、感じのいい人になれるのです。

感じのいい人になる方法(6)
  • できるだけ肯定の言葉を使うようにする。
  • 否定の言葉は、肯定に言い換える。
謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。

感じのいい人になる30の方法
感じのいい人になる30の方法

  1. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
    物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
  2. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
    寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
  3. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
    自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
  4. 下品な人には、上品に接するのがスマート。
    下品な人には、上品に接するのがスマート。
  5. 人相をよくする基本は「真似」にある。
    人相をよくする基本は「真似」にある。
  6. 否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。<br>肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
    否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
    肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
  7. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
    謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
  8. 人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
    人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
  9. マウンティングほど、見苦しい行為はない。<br>すればするほど、品位を下げる。
    マウンティングほど、見苦しい行為はない。
    すればするほど、品位を下げる。
  10. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
    素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
  11. 感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
    感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
  12. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
    「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
  13. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
    言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
  14. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
    美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
  15. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。<br>「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
    科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
  16. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。<br>プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
    相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
  17. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。<br>感じの悪いルール違反。
    「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。
  18. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。<br>二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
    アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
  19. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
    「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
  20. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
    肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
  21. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
    人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
  22. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。<br>意味もなくポケットに手を入れない。
    ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。
  23. 相手を変えようとしない。<br>自分が変わればいい。
    相手を変えようとしない。
    自分が変わればいい。
  24. よりよい人間関係には、意思表示が必要。<br>相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
    よりよい人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
  25. 感じのいい人は、言い訳をしない。<br>素直に謝るから、感じがよくなる。
    感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。
  26. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
    感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
  27. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。<br>「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
    「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
  28. 舌打ちの癖はやめたがほういい。<br>舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
    舌打ちの癖はやめたがほういい。
    舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
  29. 利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
    利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。<br>上品な人は、静かな足音で歩く。
    下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION