感じのいい人になる
30の方法

22
0

ポケットは
「物入れ」のために作られた場所。
意味もなくポケットに手を入れない。

ポケットは「物入れ」のために作られた場所。意味もなくポケットに手を入れない。 | 感じのいい人になる30の方法

ポケットに手を入れる癖があるなら注意しましょう。

手元が寂しいからといって、ポケットに手を入れていませんか。

気温が低いときは、ポケットに手を入れ、冷たい手を温めたくなるでしょう。

ポケットに手を入れている人をよく見かけますが、油断はできません。

プライベートならまだいいのですが、ビジネスでは控えておくのが賢明です。

ポケットに手を入れることはビジネスマナーに反しています。

お客様に失礼だからです。

ポケットに手を入れていると、偉そうな態度に見える

相手からどう見られるか、きちんと考えることが大切です。

ポケットに手を入れていると、偉そうな態度に見えます。

自分では偉そうにしているつもりではなくても、そういう態度としてみられるのが現実です。

威圧的・高圧的な態度に見え、相手を威嚇することになりかねません。

また「手元に何か隠しているのだろうか」と余計な誤解を招くことも少なくありません。

ポケットに手を入れてごそごそしていると、不審な様子に見えます。

ちょっとした態度で悪く誤解されるのは損でしょう。

ポケットに手を入れるのが癖になっている人は注意してください。

プライベートでポケットに手を入れるのが癖になっていると、ビジネスでも無意識にしてしまいがちです。

特に接客業では、言語道断です。

ポケットに手を入れたまま接客していると、間違いなくクレームになります。

ポケットは本来の役割とは

ポケットは本来「物入れ」のために作られた場所です。

ハンカチやティッシュなど、小物を入れる場所であって、手を入れるための場所ではありません。

ポケットに手を入れるポーズは不自然だと気づくことです。

ファッション誌では、ポケットに手を入れたポーズがよく見られますが、それはあくまでファッション誌の話です。

プライベートでは許されても、ビジネスではマナー違反です。

ビジネスで手を組むときは、体の正面で手を重ねるのがマナー

きちんとお客様から見える位置に手を置くようにしましょう。

ビジネスで手を組むときは、体の正面で手を重ねるのがマナーです。

手を重ねるときも、左手を右手の上に重ねます。

左手で右手を覆うのは「あなたに敵意はありません。危害を加えません」という意味になるからです。

見た目は地味ですが、最も安定していて、好印象を与えます。

気温が低いときは、ポケットに手を入れたくなりますが、衝動に負けないことが大切です。

感じのいい人になる方法(22)
  • ビジネスでは、ポケットに手を入れない。
相手を変えようとしない。
自分が変わればいい。

感じのいい人になる30の方法
感じのいい人になる30の方法

  1. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
    物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
  2. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
    寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
  3. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
    自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
  4. 下品な人には、上品に接するのがスマート。
    下品な人には、上品に接するのがスマート。
  5. 人相をよくする基本は「真似」にある。
    人相をよくする基本は「真似」にある。
  6. 否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。<br>肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
    否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
    肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
  7. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
    謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
  8. 人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
    人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
  9. マウンティングほど、見苦しい行為はない。<br>すればするほど、品位を下げる。
    マウンティングほど、見苦しい行為はない。
    すればするほど、品位を下げる。
  10. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
    素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
  11. 感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
    感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
  12. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
    「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
  13. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
    言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
  14. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
    美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
  15. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。<br>「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
    科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
  16. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。<br>プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
    相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
  17. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。<br>感じの悪いルール違反。
    「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。
  18. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。<br>二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
    アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
  19. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
    「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
  20. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
    肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
  21. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
    人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
  22. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。<br>意味もなくポケットに手を入れない。
    ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。
  23. 相手を変えようとしない。<br>自分が変わればいい。
    相手を変えようとしない。
    自分が変わればいい。
  24. よりよい人間関係には、意思表示が必要。<br>相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
    よりよい人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
  25. 感じのいい人は、言い訳をしない。<br>素直に謝るから、感じがよくなる。
    感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。
  26. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
    感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
  27. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。<br>「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
    「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
  28. 舌打ちの癖はやめたがほういい。<br>舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
    舌打ちの癖はやめたがほういい。
    舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
  29. 利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
    利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。<br>上品な人は、静かな足音で歩く。
    下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION