感じのいい人になる
30の方法

5
3

人相をよくする基本は
「真似」にある。

人相をよくする基本は「真似」にある。 | 感じのいい人になる30の方法

人相をよくするにはどうすればいいのでしょうか。

本を読むことでしょうか。

経験を積むことでしょうか。

優しい心を持つことでしょうか。

もちろんどれも効果的な方法です。

人相をよくするくらいですから「心が大切になる」と考える人が多いでしょう。

人の内面は、自然と表情に出てしまうもの。

たしかに優しくて寛大な心があれば、おのずと表情も柔らかくなり、人相がよくなっていくでしょう。

しかし、もっと基本的な方法があります。

人相のいい人を見つけ、表情を真似すればいいのです。

あなたの身近に人相のいい人はいませんか。

人相のいい人なら誰でもかまいません。

仲のいい友人、頼りになる先生、尊敬している上司。

行きつけのお店で働く店員さんや店長さん。

近所にいるお兄さん、お姉さん、おじさん、おばさん。

面識がなくてもかまいません。

人相のいい人に恵まれた環境でなくても、日常生活を見渡せば、1人くらいはいるのではないでしょうか。

1人でも見つかれば、後は簡単です。

徹底的にその人の表情を真似すればいいのです。

本を読んだり心を磨いたりする必要はありません。

実際に見よう見まねで習得するのが早い。

人は、真似をする生き物です。

私たちが言語を習得したのは真似のおかげであるように、人相をよくするためにも真似がポイントです。

真似をすることに、罪悪感や抵抗感を持つ必要はありません。

もちろん真似をしたところで、肝心の心が伴っていなければいけませんが、少なくとも基本は身につくでしょう。

真似は、習得の基本であり、王道です。

私たち人間にとって、最も自然な方法です。

そして大きな可能性を秘めています。

人相のいい人をお手本にして、堂々と真似しましょう。

その人とは個性も考え方も違うでしょうが、細かいことは気にせず、とにかく表情だけ真似をします。

口角の上げ方、眉の動かし方、独特のほほ笑み方。

なかなかうまく真似ができなくても、諦めないでください。

少し時間はかかりますが、根気よく続けていけば、少しずつできるようになっていきます。

完全にコピーするつもりで、とことん真似をしましょう。

人相のいい人を真似することも、心を磨く修行の1つ

人相のいい人を参考に真似ができるようになると、不思議なことが起こります。

表情を真似しただけにもかかわらず、自然と心まで穏やかになっていくのです。

心を磨くような苦労や経験がなくても、心が磨かれていきます。

寛大になるから人相がよくなるのではありません。

人相をよくするから寛大になります。

表情と心はつながっているからです。

心の器が大きくなり、穏やかな気持ちが広がります。

つまり、人相のいい人を真似することも、心を磨く修行の1つです。

人相をよくする基本は「真似」にある

下手でも不器用でもいいので、自分なりに見よう見まねをすると、だんだんあなたの表情は柔和になります。

実際にその人と会わなくても、頭の中で思い出せば、今すぐ練習ができるでしょう。

人相をよくする基本は「真似」にあるのです。

感じのいい人になる方法(5)
  • 人相のいい人を見つけて、表情の真似をする。
否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。

感じのいい人になる30の方法
感じのいい人になる30の方法

  1. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
    物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
  2. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
    寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
  3. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
    自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
  4. 下品な人には、上品に接するのがスマート。
    下品な人には、上品に接するのがスマート。
  5. 人相をよくする基本は「真似」にある。
    人相をよくする基本は「真似」にある。
  6. 否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。<br>肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
    否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
    肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
  7. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
    謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
  8. 人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
    人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
  9. マウンティングほど、見苦しい行為はない。<br>すればするほど、品位を下げる。
    マウンティングほど、見苦しい行為はない。
    すればするほど、品位を下げる。
  10. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
    素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
  11. 感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
    感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
  12. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
    「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
  13. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
    言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
  14. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
    美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
  15. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。<br>「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
    科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
  16. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。<br>プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
    相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
  17. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。<br>感じの悪いルール違反。
    「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。
  18. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。<br>二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
    アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
  19. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
    「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
  20. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
    肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
  21. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
    人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
  22. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。<br>意味もなくポケットに手を入れない。
    ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。
  23. 相手を変えようとしない。<br>自分が変わればいい。
    相手を変えようとしない。
    自分が変わればいい。
  24. よりよい人間関係には、意思表示が必要。<br>相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
    よりよい人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
  25. 感じのいい人は、言い訳をしない。<br>素直に謝るから、感じがよくなる。
    感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。
  26. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
    感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
  27. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。<br>「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
    「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
  28. 舌打ちの癖はやめたがほういい。<br>舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
    舌打ちの癖はやめたがほういい。
    舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
  29. 利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
    利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。<br>上品な人は、静かな足音で歩く。
    下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION