執筆者:水口貴博

感じのいい人になる
30の方法

8
3

謝る場面で
「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。

謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。 | 感じのいい人になる30の方法

謝る場面で、的外れな返事をする人がいます。

「ご指摘ありがとうございます」です。

たとえば、お客さまからクレームを言われたとき「ご指摘ありがとうございます」と感謝する。

上司から仕事上のミスを指摘されたとき「ご指摘ありがとうございます」と感謝する。

一見するとよいことのように思えます。

貴重な指摘を重く受け止め、誠実な対応をしているように思えます。

きちんと感謝もしているため問題ないように思えますが、要注意です。

この対応はよくありません。

相手をますます不快にさせる可能性が高いからです。

あらためて考えると、失礼な光景です。

自分の不手際で相手に迷惑をかけているにもかかわらず、素直に謝っていません。

謝るどころか感謝の言葉でごまかしています。

結局のところ、謝罪から逃げているだけです。

相手はこう思っています。

「感謝の言葉なんて聞きたくない。まずきちんと謝ってほしい。話はそれからだ」と。

謝る場面で感謝の言葉を述べるのは、お門違いです。

謝ることから逃げていると感じた相手は、むっとします。

相手は「そこは、お礼を言うところではなくて、謝るところだろ」とますます不快になるのです。

こういう人に限って、同じミスや失敗を何度も繰り返します。

素直に反省していないため改善もされず、しばらく経ってから同じ過ちを繰り返します。

問題が改善されないことにうんざりした相手は「もういいよ」と突き放すことになる。

人間関係に致命的な亀裂を生むのです。

こうした対応に心当たりがあれば、十分注意してください。

感謝は大切ですが、何でも感謝の言葉で済ませないことです。

感謝の言葉は有効範囲が広く、謝罪の場面でも、それなりの体裁で使えてしまうため注意が必要です。

謝る場面では、素直に謝る

間違いを指摘されたときは、どう対応するのが適切なのか。

まず素直に謝ることです。

謝る場面では、感謝の言葉ではなく、まず謝罪の言葉を述べましょう。

回りくどい表現を使わず、ストレートに謝ることが大切です。

「申し訳ございません」

「ごめんなさい」

「大変失礼いたしました」

そうすれば、相手の興奮が収まるのも早くなります。

素直に謝ると反省することができるので、自分の成長にもつながります。

どうしても指摘に対する感謝を言いたいなら、謝った後に述べることです。

「申し訳ございません」と謝った後、最後に「ご指摘ありがとうございます」と締めくくるなら、悪い気はしません。

感謝の言葉が前後するだけで、これほど印象が変わるのです。

感じのいい人になる方法(8)
  • 自分が謝るべきときに、感謝の言葉でごまかさない。
  • 謝るべきときは、素直に謝る。
お礼の言葉を強調する一工夫。

感じのいい人になる30の方法
感じのいい人になる30の方法

  1. 感じをよくするために意識することは1つだけ。<br>「相手を尊重すること」。
    感じをよくするために意識することは1つだけ。
    「相手を尊重すること」。
  2. 命令系でお願いするから、感じが悪くなる。<br>疑問形でお願いすれば、感じが良くなる。
    命令系でお願いするから、感じが悪くなる。
    疑問形でお願いすれば、感じが良くなる。
  3. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
    物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
  4. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。<br>「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
    「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
  5. 人相をよくする基本は「真似」にある。
    人相をよくする基本は「真似」にある。
  6. 否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。<br>肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
    否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
    肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
  7. 相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。
    相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。
  8. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
    謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
  9. お礼の言葉を強調する一工夫。
    お礼の言葉を強調する一工夫。
  10. 人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
    人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
  11. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
    素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
  12. マウンティングほど見苦しい行為はない。<br>すればするほど品位を下げる。
    マウンティングほど見苦しい行為はない。
    すればするほど品位を下げる。
  13. 相手が喜ぶ褒め言葉は、嘘でもお世辞でもいいから、どしどし言ったほうがいい。
    相手が喜ぶ褒め言葉は、嘘でもお世辞でもいいから、どしどし言ったほうがいい。
  14. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
    「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
  15. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
    言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
  16. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
    自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
  17. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。<br>「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
    科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
  18. お礼を伝える場面で「すみません」と言わない。<br>「ありがとうございます」と言ったほうが好印象。
    お礼を伝える場面で「すみません」と言わない。
    「ありがとうございます」と言ったほうが好印象。
  19. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。<br>感じの悪いルール違反。
    「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。
  20. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。<br>二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
    アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
  21. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
    「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
  22. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
    肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
  23. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
    人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
  24. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。<br>意味もなくポケットに手を入れない。
    ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。
  25. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
    寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
  26. より良い人間関係には、意思表示が必要。<br>相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
    より良い人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
  27. 感じのいい人は、言い訳をしない。<br>素直に謝るから、感じがよくなる。
    感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。
  28. 感じのいい対応と出会ったら絶好のチャンス。<br>すぐ取り入れ、真似をしよう。
    感じのいい対応と出会ったら絶好のチャンス。
    すぐ取り入れ、真似をしよう。
  29. 贈り物をいただいたら「ちょうど欲しいと思っていたところです」と言おう。<br>1ミリでも気持ちがあれば、嘘にはならない。
    贈り物をいただいたら「ちょうど欲しいと思っていたところです」と言おう。
    1ミリでも気持ちがあれば、嘘にはならない。
  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。<br>上品な人は、静かな足音で歩く。
    下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION