感じのいい人になる
30の方法

24
3

よりよい人間関係には、
意思表示が必要。
相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、
薄っぺらい人間関係になる。

よりよい人間関係には、意思表示が必要。相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。 | 感じのいい人になる30の方法

「これを言ったら傷つくかな」

相手の顔色をうかがって、言いたいことを我慢していませんか。

言いたいことがあっても、相手を傷つけそうなら、ぐっと我慢して言わないことがあるでしょう。

本音を隠して、建前で話します。

表面的な会話なら、相手を傷つけることもありません。

人間関係を維持するためには、相手の顔色をうかがっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、相手の顔色をうかがっていると、言いたいことを言えなくなります。

相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になってしまいます。

表面的な薄っぺらい人間関係ほど、悲しいことはありません。

言いたいことも言えない人間関係では、意味がありません。

人間関係のストレスだけが増えてしまいます。

人とつながっていても、孤独や寂しさを感じます。

相手の顔色をうかがわず、きちんと意思表示をする

勇気を出しましょう。

相手の顔色をうかがわず、きちんと意思表示をすることです。

きちんと意思表示をしなければ、きちんとした人間関係を築けません。

本気で相手のことを思うなら、反対意見であっても、ずばっと言ったほうがいいこともあります。

素晴らしい人間関係を築くためには、本音が欠かせません。

大切なのは、言い方

相手を傷つけそうなら「言い方」を工夫してください。

厳しい本音であっても、言い方によっては、大きく印象が変わります。

たとえば、丁寧な言葉遣いです。

乱暴な言葉・とげとげしい言い方は控え、優しい言葉・丁寧な言い方を心がけましょう。

きちんと言葉を選べば、穏便な雰囲気のまま、言いたいことを言えます。

クッション言葉も大切です。

「言いにくいことなんだけど」

「傷つけてしまったらごめんなさい」

「気分を悪くさせてしまったらごめんなさい」

前置きしてから話し始めれば、相手も受け入れやすくなるでしょう。

「本音を言ってもいいかな」と許可を得る前置きも悪くありません。

許可を得てから話し始めると、相手も心の準備が整っているので受け入れやすくなるでしょう。

もし言いすぎてしまったときは「言いすぎてしまってごめんなさい」と謝ればいい。

発言直後に謝れば、ほぼ100パーセント許してもらえます。

謝るのが少し遅くなっても、きちんと謝って誠意が伝われば、許してくれます。

本音を言えば、相手を傷つけるというのは誤解です。

大切なのは「言い方」です。

丁寧な言葉遣いやクッション言葉を使えば、きちんと本音を伝え、意思表示ができます。

多少回りくどい言い方になってもいいので、きちんと意思表示をすることです。

きちんと意思表示をするから、きちんとした人間関係を築けます。

感じのいい人になる方法(24)
  • 相手の顔色をうかがわず、きちんと意思表示をする。
感じのいい人は、言い訳をしない。
素直に謝るから、感じがよくなる。

感じのいい人になる30の方法
感じのいい人になる30の方法

  1. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
    物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。
  2. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
    寝起きが悪くても、八つ当たりしない。
  3. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
    自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。
  4. 下品な人には、上品に接するのがスマート。
    下品な人には、上品に接するのがスマート。
  5. 人相をよくする基本は「真似」にある。
    人相をよくする基本は「真似」にある。
  6. 否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。<br>肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
    否定の言葉を使うと、感じが悪くなる。
    肯定の言葉を使うと、感じが良くなる。
  7. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
    謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。
  8. 人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
    人に振り回されたくないと言いつつ、人を振り回していないか。
  9. マウンティングほど、見苦しい行為はない。<br>すればするほど、品位を下げる。
    マウンティングほど、見苦しい行為はない。
    すればするほど、品位を下げる。
  10. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
    素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。
  11. 感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
    感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。
  12. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
    「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。
  13. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
    言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。
  14. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
    美しい花を見ながら、雑な電話はできない。
  15. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。<br>「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
    科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。
  16. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。<br>プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
    相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
  17. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。<br>感じの悪いルール違反。
    「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。
  18. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。<br>二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
    アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。
  19. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
    「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。
  20. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
    肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。
  21. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
    人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。
  22. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。<br>意味もなくポケットに手を入れない。
    ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。
  23. 相手を変えようとしない。<br>自分が変わればいい。
    相手を変えようとしない。
    自分が変わればいい。
  24. よりよい人間関係には、意思表示が必要。<br>相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
    よりよい人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。
  25. 感じのいい人は、言い訳をしない。<br>素直に謝るから、感じがよくなる。
    感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。
  26. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
    感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。
  27. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。<br>「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
    「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。
  28. 舌打ちの癖はやめたがほういい。<br>舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
    舌打ちの癖はやめたがほういい。
    舌打ちをされて喜ぶ人は1人もいない。
  29. 利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
    利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。
  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。<br>上品な人は、静かな足音で歩く。
    下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

同じカテゴリーの作品

3:56

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION