気力

頑張る力がみなぎる
30の言葉

4
10

自分の気持ちは考えても、
相手の気持ちを考える人は少ない。

自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。 | 頑張る力がみなぎる30の言葉

多くの人が注目するのは「自分の気持ち」です。

自分の気持ちについては、誰もがよく考えます。

「嬉しい」「楽しい」「面白い」といった快の気持ち。

「悲しい」「苦しい」「悔しい」といった不快の気持ち。

やはり自分が一番かわいい。

快の気持ちになると、心が明るくなって、幸せを感じます。

人は感情の生き物です。

いつも何らかの感情を持ちながら生きています。

その一方で、相手の気持ちを考える人は少ない。

自分と相手とは、別々の存在です。

別々の存在なので、自分の気持ちを考えることはあっても、相手の気持ちまでなかなか考えが及ばない。

もちろん相手の気持ちを考える人もいますが、自分の気持ちを考える人に比べれば、少ないのが現実です。

自分の気持ちを最優先して、相手の気持ちは二の次にしている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、相手の気持ちを無視するのはよくありません。

自分の気持ちばかり集中して、相手の気持ちを配慮し忘れていることが少なくありません。

コミュニケーションのすれ違いは、気持ちのすれ違いでもあります。

相手の気持ちは考えず、自分の気持ちしか考えていないコミュニケーションは、どこかですれ違い、摩擦を生みます。

コミュニケーションでは、相手の気持ちを考えることが重要です。

自分の気持ちばかり考えるのではなく、相手の気持ちも考えましょう。

相手に喜んでもらうためには、相手の立場を想像する必要があります。

「相手は今、どんな気持ちだろうか」

「これをすると、相手はどんな気持ちになるだろうか」

心や感情は、直接見ることができなくても、態度や表情から読み取れます。

快の気持ちなら、笑顔が多く、声のトーンも高くなり、明るい雰囲気が漂います。

不快の気持ちなら、険しい表情が目立ち、声のトーンも低くなり、暗い雰囲気が漂います。

相手の気持ちを推し量ると、自分が取るべきアクションも見えてきます。

相手の感情に応じて、臨機応変に発言や態度を調整しましょう。

相手が不快にならないよう注意しつつ、快になるような言動を心がけましょう。

自分中心のコミュニケーションが癖になっている人は、気をつけましょう。

自分の気持ちも大切ですが、相手の気持ちはもっと大切です。

コミュニケーションでは、自分より相手の気持ちを優先させたほうがスムーズです。

たとえ十分打ち解けた関係であっても、相手の気持ちを考えることは必要です。

相手の気持ちを軸にしてコミュニケーションを進めると、よりよい人間関係が実現します。

頑張る力がみなぎる言葉(10)
  • コミュニケーションでは、自分の気持ちばかりでなく、相手の気持ちも考える。
苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。

もくじ
頑張る力がみなぎる30の言葉
自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。 | 頑張る力がみなぎる30の言葉

  1. 頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。<br>頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
    頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。
    頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
  2. 「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
    「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
  3. 頑張り方には、2種類ある。<br>「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
    頑張り方には、2種類ある。
    「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
  4. 「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
    「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
  5. 1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。<br>笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
    1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。
    笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
  6. 勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
    勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
  7. 慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
    慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
  8. 小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。<br>小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
    小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。
    小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
  9. 無気力というのは思い込み。<br>気力の出し方がわからないだけ。
    無気力というのは思い込み。
    気力の出し方がわからないだけ。
  10. 自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
    自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
  11. 苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
    苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
  12. 頑張っても、うまくいかないときもある。<br>頑張らなくても、うまくいくときもある。
    頑張っても、うまくいかないときもある。
    頑張らなくても、うまくいくときもある。
  13. チャンスは「足」でつかみに行こう。
    チャンスは「足」でつかみに行こう。
  14. チャンスは、トラブルの中にある。
    チャンスは、トラブルの中にある。
  15. 行き止まりではない。<br>行き止まりに見えるだけだ。
    行き止まりではない。
    行き止まりに見えるだけだ。
  16. 「頑張る」と「無理をする」は、違う。
    「頑張る」と「無理をする」は、違う。
  17. 失敗することを恐れるな。<br>本気でないことを恐れろ。
    失敗することを恐れるな。
    本気でないことを恐れろ。
  18. 「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
    「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
  19. 小さなことに、いちいちかっかしない。
    小さなことに、いちいちかっかしない。
  20. 悪条件に怒る人がいる。<br>悪条件を喜ぶ人がいる。
    悪条件に怒る人がいる。
    悪条件を喜ぶ人がいる。
  21. 最初は不純な動機であってもいい。<br>後から純粋な動機になればいい。
    最初は不純な動機であってもいい。
    後から純粋な動機になればいい。
  22. どうせダメなら、当たって砕けろ。
    どうせダメなら、当たって砕けろ。
  23. 成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
    成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
  24. 苦しいときは、自分に問いかける。<br>「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
    苦しいときは、自分に問いかける。
    「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
  25. 相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
    相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
  26. 個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
    個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
  27. 成功は、難しいから意味がある。
    成功は、難しいから意味がある。
  28. 犬ですら待つことができる。<br>待つことができないと、犬以下になる。
    犬ですら待つことができる。
    待つことができないと、犬以下になる。
  29. 失敗したから辞めるのではない。<br>失敗したから続けて頑張る。
    失敗したから辞めるのではない。
    失敗したから続けて頑張る。
  30. 最高のライバルは、過去の自分。
    最高のライバルは、過去の自分。

同じカテゴリーの作品