執筆者:水口貴博

頑張る力がみなぎる
30の言葉

7
10

慰めの言葉を待つのは、
もうやめる。

慰めの言葉を待つのは、もうやめる。 | 頑張る力がみなぎる30の言葉

慰めてもらうのを待っていませんか。

落ち込んだとき、慰めの言葉が欲しくなります。

「誰かに慰めてもらいたい」

「慰めてくれないと元気が出ない」

「嘘でもいいから私を元気づけてほしい」

たしかに人に優しい言葉をかけてもらうと、精神が安らぎ、元気も出やすくなるでしょう。

つらいときほど、優しい言葉が心に染み渡ります。

救われた気持ちになり、癒されるはずです。

共感の言葉をかけてもらえると、一時的でも笑顔になれるでしょう。

気にかけてもらえると、自分の存在価値が感じられ、落ち込みから立ち直るのも早くなります。

元気になる言葉に触れたくなるのはとても自然なことです。

しかし、慰めの言葉を待ち続けるのはよくありません。

じっと待っていると、時間が過ぎていくばかり。

時間は、あっという間に過ぎていきます。

慰めの言葉を待っていると、人生が停滞します。

落ち込むたびに慰めてくれるのを待っていると、停滞時間も長くなります。

慰めてもらうまでぐずっているのは、未熟な子どもと変わりません。

かまってもらいたい様子が目立つと、あなたの魅力が下がってしまいます。

慰めの言葉を待ってばかりいると、慰めの言葉を待つのが癖になります。

慰めの言葉を待つのが癖になると、慰めの言葉がないと、立ち直れない人になってしまいます。

受動的な生き方では、なかなか幸せにはなれません。

偶然や成り行きに任せていると、流された生き方になります。

慰めの言葉を待つのは、もうやめましょう。

誰かに慰めてもらわなくても、なけなしの力を振り絞り、自分の力で立ち直るのです。

誰かに言われるのではなく、自分で自分に前向きな言葉を言い聞かせればいい。

「さっさと立ち直ろう!」

「早く気持ちを切り替えよう!」

「次のステージに進もう!」

自分に語りかけ、気持ちを奮い立たせます。

前向きな言葉すら出てこないなら、落ち込んだまま行動してもかまいません。

やる気や元気がなくても、体は動くはずです。

行動していると、だんだんテンションが上がってきて、元気が出てきます。

だんだん心が熱くなり、勢いもつきます。

気づけば、落ち込みが吹き飛んでいるでしょう。

慰めの言葉があれば「ラッキー」と思うくらいでちょうどいい。

慰めてもらえなくても、できるだけ自分の力で立ち直るようにしましょう。

自分の足で立ち上がり、自分の力で前に進みます。

慰めの言葉を待たなくても、意外とやればできることに気づくはずです。

「慰めの言葉がないと立ち直れない」と思い込んでいただけでした。

誤った思い込みがあると、悪い自己暗示にかかってしまい、自分の可能性を制限してしまいます。

慰めの言葉がなくても行動できるようになれば、落ち込むことも怖くなくなります。

頑張る力がみなぎる言葉(7)
  • 落ち込んだとき、慰めの言葉がなくても、自分で立ち直れるようにする。
小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。
小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。

頑張る力がみなぎる30の言葉
頑張る力がみなぎる30の言葉

  1. 頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。<br>頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
    頑張る人をばかにすると、自分も頑張れなくなる。
    頑張る人を応援すると、自分も頑張れるようになる。
  2. 「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
    「さあ、今日も頑張ろう!」と思うのと言うのとでは、効果が違う。
  3. 頑張り方には、2種類ある。<br>「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
    頑張り方には、2種類ある。
    「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。
  4. 「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
    「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。
  5. 1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。<br>笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
    1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。
    笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。
  6. 勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
    勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。
  7. 慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
    慰めの言葉を待つのは、もうやめる。
  8. 小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。<br>小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
    小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。
    小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。
  9. 無気力というのは思い込み。<br>気力の出し方がわからないだけ。
    無気力というのは思い込み。
    気力の出し方がわからないだけ。
  10. 自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
    自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。
  11. 苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
    苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。
  12. 頑張っても、うまくいかないときもある。<br>頑張らなくても、うまくいくときもある。
    頑張っても、うまくいかないときもある。
    頑張らなくても、うまくいくときもある。
  13. チャンスは「足」でつかみに行こう。
    チャンスは「足」でつかみに行こう。
  14. チャンスは、トラブルの中にある。
    チャンスは、トラブルの中にある。
  15. 行き止まりではない。<br>行き止まりに見えるだけだ。
    行き止まりではない。
    行き止まりに見えるだけだ。
  16. 「頑張る」と「無理をする」は、違う。
    「頑張る」と「無理をする」は、違う。
  17. 失敗することを恐れるな。<br>本気でないことを恐れろ。
    失敗することを恐れるな。
    本気でないことを恐れろ。
  18. 「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
    「疲れた」が口癖の人は、そう言うことでストレスを発散させている。
  19. 小さなことに、いちいちかっかしない。
    小さなことに、いちいちかっかしない。
  20. 悪条件に怒る人がいる。<br>悪条件を喜ぶ人がいる。
    悪条件に怒る人がいる。
    悪条件を喜ぶ人がいる。
  21. 最初は不純な動機であってもいい。<br>後から純粋な動機になればいい。
    最初は不純な動機であってもいい。
    後から純粋な動機になればいい。
  22. どうせダメなら、当たって砕けろ。
    どうせダメなら、当たって砕けろ。
  23. 成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
    成功に向かう階段は、上向きとは限らない。
  24. 苦しいときは、自分に問いかける。<br>「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
    苦しいときは、自分に問いかける。
    「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」
  25. 相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
    相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。
  26. 個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
    個人プレーでも、架空のライバルを意識する。
  27. 成功は、難しいから意味がある。
    成功は、難しいから意味がある。
  28. 犬ですら待つことができる。<br>待つことができないと、犬以下になる。
    犬ですら待つことができる。
    待つことができないと、犬以下になる。
  29. 失敗したから辞めるのではない。<br>失敗したから続けて頑張る。
    失敗したから辞めるのではない。
    失敗したから続けて頑張る。
  30. 最高のライバルは、過去の自分。
    最高のライバルは、過去の自分。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION