夫が心がけたい夫婦円満の
30の心得

14
4

家族の写真は、
やる気と元気の源になる。

家族の写真は、やる気と元気の源になる。 | 夫が心がけたい夫婦円満の30の心得

未婚だったころは、どこか自分にだらしない部分がありました。

お金がなくても、困るのは自分だけ。

特に何かを背負っているわけではありませんでしたから、のほほんとしていました。

しかし、結婚をしてから変わります。

家族ができて、妻がいると、強い使命感や責任を感じるようになるでしょう。

夫としての自分の働きによって、家族運営の将来が決まると実感できれば、ぼうっとしていられないはずです。

特に、子供が生まれると「父親」としての自覚が生まれ、使命感はさらに強くなります。

「子供にいい物を食わせてやりたい」

「子供にいい教育を受けさせてやりたい」

「子供の将来のためにも、しっかりしなければ!」

仕事への使命感もより強くなるでしょう。

家族を思い出すたびに、身も心も引き締まります。

家族を愛する夫なら、どんな夫にとっても家族は常に元気の源になるはずです。

しかし、仕事が忙しいと、そんな家族の存在が頭から離れやすくなります。

忙しいときには、仕事に夢中になりますから、つい、妻や子供の存在を忘れてしまいそうになります。

そんなとき、思い出すためのいい方法があります。

次の3つのポイントに、家族の写真を入れておけばいい。

第1のポイントは「デスクの上」です。

デスクの上に家族の写真があれば、どうなるでしょうか。

仕事中に「営業の電話をかけにくいな」「残業で大変だな」と思ったときに、デスクの上にある家族の写真を見てみましょう。

「へこたれている場合ではない。家で待っている家族がいる。頑張らなければ!」

底力がみなぎってくることでしょう。

へこたれそうになりそうなとき、デスクの上の写真が救ってくれます。

第2のポイントは「財布の中」です。

財布といえば、買い物をするタイミングですね。

夫は買い物をしようとするとき、財布を開け、家族の写真が飛び込んできます。

すると、どうでしょう。

「無駄な買い物はしてはいけないな。食費もあるし、子供の教育費もある。節約しよう」

ふと、家族を背負っていることを思い出し、浪費を防ぐ効果があります。

最後は「手帳の中」です。

仕事のスケジュールを入れようとするときに、手帳を開くと、家族の写真が飛び込んできます。

「そういえば次の日曜は家族で出かける予定があった。楽しみだ」

楽しみにしている予定を思い出すことで、やる気や元気が出てきます。

また、手帳と家族の写真を見ることで、あらかじめ家族の記念日や妻や子供の誕生日など、うっかり忘れることもなくなります。

「デスク」「財布」「手帳」の3カ所に家族の写真を入れておくと、家族を思い出す機会が増えます。

試しに、一度、写真を貼ってみましょう。

効果が強いことに驚くはずです。

家族の写真は、確実にやる気と元気の源になります。

常にパワーみなぎるお父さんになれるのです。

夫が心がけたい夫婦円満の心得(14)
  • 「デスク」「財布」「手帳」の3カ所に、家族の写真を入れておく。
妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。

夫が心がけたい夫婦円満の30の心得
夫が心がけたい夫婦円満の30の心得

  1. 会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。
    会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。
  2. 高級なプレゼントで、本気の気持ちを伝えることができる。
    高級なプレゼントで、本気の気持ちを伝えることができる。
  3. 夫婦関係は、夫は独裁的にならないように気をつける。
    夫婦関係は、夫は独裁的にならないように気をつける。
  4. すぐ謝ると、逆に相手を怒らせてしまう?
    すぐ謝ると、逆に相手を怒らせてしまう?
  5. 喧嘩の火は、小さければ小さいほど消しやすい。
    喧嘩の火は、小さければ小さいほど消しやすい。
  6. 会社を出たら、仕事のことは忘れる。
    会社を出たら、仕事のことは忘れる。
  7. 「いただきます」と「ごちそうさま」は、立派な褒め言葉だった。
    「いただきます」と「ごちそうさま」は、立派な褒め言葉だった。
  8. 妻の食事を褒めるほど、料理の腕も味も向上する。
    妻の食事を褒めるほど、料理の腕も味も向上する。
  9. 食事を褒めながらコメントを残すと、より夫の舌に特化した味に近づく。
    食事を褒めながらコメントを残すと、より夫の舌に特化した味に近づく。
  10. 衝突はいいが、絶対に暴力だけはいけない。
    衝突はいいが、絶対に暴力だけはいけない。
  11. 夫としてヒーローになれるかどうかは「力の使い方」が鍵を握る。
    夫としてヒーローになれるかどうかは「力の使い方」が鍵を握る。
  12. お風呂を一緒に入る夫婦に、仲の悪いカップルはいない。
    お風呂を一緒に入る夫婦に、仲の悪いカップルはいない。
  13. どんなに感情的になっても、絶対に言ってはいけない禁句が1つだけある。
    どんなに感情的になっても、絶対に言ってはいけない禁句が1つだけある。
  14. 家族の写真は、やる気と元気の源になる。
    家族の写真は、やる気と元気の源になる。
  15. 妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。
    妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。
  16. 妻を大事にするからこそ、仕事も安定する。
    妻を大事にするからこそ、仕事も安定する。
  17. 妻が何度も同じ話をするのは、強調しているというサイン。
    妻が何度も同じ話をするのは、強調しているというサイン。
  18. 夫と妻とでは、仕事の「種類」や「立場」が異なるだけで、大変さに大きな差はない。
    夫と妻とでは、仕事の「種類」や「立場」が異なるだけで、大変さに大きな差はない。
  19. もしかしたら、夫より妻のほうが大変かもしれない。
    もしかしたら、夫より妻のほうが大変かもしれない。
  20. 「手伝って」より「手伝わせて」で、夫婦関係はうまくいく。
    「手伝って」より「手伝わせて」で、夫婦関係はうまくいく。
  21. 男が偉そうにする時代は、とっくに終わっている。
    男が偉そうにする時代は、とっくに終わっている。
  22. 無意識のうちに、自分の母親と妻とを比べていませんか。
    無意識のうちに、自分の母親と妻とを比べていませんか。
  23. 夫は嘘をついても、勘の鋭い妻は、すぐ見抜く。
    夫は嘘をついても、勘の鋭い妻は、すぐ見抜く。
  24. マザーコンプレックスから、早く卒業せよ!
    マザーコンプレックスから、早く卒業せよ!
  25. 夫婦関係は、量より質を重視しよう。
    夫婦関係は、量より質を重視しよう。
  26. 理想の妻を求める前に、理想の夫から演じること。
    理想の妻を求める前に、理想の夫から演じること。
  27. 夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。<br>曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。
    夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。
    曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。
  28. 男性は低いところを好む。<br>女性は高いところを好む。
    男性は低いところを好む。
    女性は高いところを好む。
  29. 夫が見落としがちな、妻が喜ぶプレゼント。
    夫が見落としがちな、妻が喜ぶプレゼント。
  30. 責任感の強い夫ほど、控えがちな有給休暇をきちんと消化する。
    責任感の強い夫ほど、控えがちな有給休暇をきちんと消化する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION