優しい人になる
30の方法

7
8

優しい人になっても、
甘やかす人になってはいけない。

優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。 | 優しい人になる30の方法

優しい人になるには、優しい言動を心がけましょう。

たとえば、仕事に苦しんでいる人がいれば手伝ったり、悩んでいる人がいれば相談に乗ったりなどです。

優しく接することが、優しい人になることでもあります。

ギブ&ギブの精神で徹底的に優しく接すると、周りの人から喜ばれるでしょう。

とことん優しく接するなら、優しい人になれると思われがちですが、ここに注意点があります。

「とにかく何でも優しく接すればよい」と考えるのは、少し違うのです。

優しく接するのはよくても、それが甘やかす行為になってはいけません。

相手が困っているなら、どんな宿題でも無条件に肩代わりする。

相手が抱えている仕事なら、どんな内容でも手伝う。

相手が借金に困っていたら、言われるがままに資金援助する。

これはよくないのです。

優しいのではなく、甘やかしている状態です。

優しく接するのはいいですが、甘やかすのはNGです。

「優しい」と「甘やかす」は違います。

優しい行為には、純粋な愛と親切心があり、相手のためになっています。

甘やかす行為は、無条件にわがままな行動を許している状態であり、相手のためになっていません。

甘やかす行為がエスカレートすると、相手を怠けさせ、堕落させてしまいます。

優しくしているつもりが、相手を堕落させる行為になっていることが少なくありません。

本当に相手のことを考えるなら、優しく接したくても、我慢しなければいけない場面があります。

たとえば、相手が勉強の宿題で苦しんでいるときです。

特別な事情があるなら手伝うこともあっていいですが、無条件に手伝うのは甘やかすだけ。

本人が宿題をしなければ意味がありません。

知識を覚えるのも、意味を理解するのも本人です。

本人がしなければいけない宿題なら、助けたくてもぐっとこらえることが大切です。

仕事を助ける場面でも同じです。

相手が仕事で困っているなら、何でも助ければいいわけではありません。

助けすぎると、本人の成長や変化を奪うことになります。

相手のためになる仕事なら、あえて見守ることも必要でしょう。

相手が借金に困っているとき、言われるがままに資金援助をするのはNGです。

言われるがままにお金を貸していると、本人の金銭感覚はますます鈍くなる一方です。

お金を返してくれない場合、最悪、人間関係の縁も切れてしまう危険もあります。

たとえ親友からのお願いであっても、きちんと断った上で、一緒に返済計画を立てたほうが、相手のためになります。

本当に優しい人は、優しくなることはあっても、甘やかすことはありません。

一言で言えば「優しい人になっても、甘やかす人にはなるな」です。

自分がしようとしている行為が、優しさなのか甘さなのか、きちんと区別することが大切です。

優しい人になる方法(7)
  • 優しい人になっても、甘やかす人にはならないようにする。
優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。

優しい人になる30の方法
優しい人になる30の方法

  1. すでにあなたは、優しい心を持っている。<br>表現方法が少し不器用なだけ。
    すでにあなたは、優しい心を持っている。
    表現方法が少し不器用なだけ。
  2. 優しさとは何か。
    優しさとは何か。
  3. 快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。
    快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。
  4. 悪口を言う人に、優しい人はいない。
    悪口を言う人に、優しい人はいない。
  5. 人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。
    人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。
  6. ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。
    ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。
  7. 優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。
    優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。
  8. 優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。
    優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。
  9. 「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。
    「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。
  10. 丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。
    丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。
  11. 優しい人になるなら、外見は関係ない。
    優しい人になるなら、外見は関係ない。
  12. 本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。
    本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。
  13. 優しい人は、常に平常心を保っている。
    優しい人は、常に平常心を保っている。
  14. 優しい人は、3つの配慮がある。<br>目配り・気配り・心配り。
    優しい人は、3つの配慮がある。
    目配り・気配り・心配り。
  15. 優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。
    優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。
  16. 優しい人は、自分にも優しい。
    優しい人は、自分にも優しい。
  17. 気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。<br>時間・健康・お金。
    気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。
    時間・健康・お金。
  18. 優しい人は、笑顔を絶やさない。
    優しい人は、笑顔を絶やさない。
  19. むっとした場面こそ、にこにこしよう。<br>余裕を見せるチャンス。
    むっとした場面こそ、にこにこしよう。
    余裕を見せるチャンス。
  20. 相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。<br>相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。
    相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
    相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。
  21. さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。
    さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。
  22. 相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。
    相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。
  23. 優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。
    優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。
  24. えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。
    えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。
  25. 小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。
    小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。
  26. つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。
    つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。
  27. 時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。
    時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。
  28. 優しい人には、許す習慣がある。
    優しい人には、許す習慣がある。
  29. 「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。
    「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。
  30. 人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。
    人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION