賢い人になる
30の方法

5
13

賢い人は、
論理的思考力を身につけている。

賢い人は、論理的思考力を身につけている。 | 賢い人になる30の方法

賢い人の特徴の1つ。

それは「論理的思考力を身につけている」という点です。

論理的思考力とは、筋道を立てて考える力のことをいいます。

支離滅裂な考え方や感情に任せた話し方では、上手に説明することができません。

思考や判断が的外れでは、笑われるだけで、相手にされません。

もちろん気軽な雑談ならいいでしょう。

自由気ままに発言を楽しむのも、雑談の面白さの1つ。

細かい点は気にせず、とにかく明るく楽しく話すことに集中すれば、どんどん話が盛り上がっていきます。

しかし、説得して自分の主張を通したい場では、筋道を立てて説明する必要があります。

たとえば、プレゼンのときや企画を通したいときです。

根拠もデータもなく、主張したところで、誰も相手にしてくれません。

筋道を立てた話し方だからこそ、自分の主張を正しく相手に伝えられ、説得が実現できます。

そこで必要なのが、論理的思考力です。

論理的思考力を身につけていると、物事の本質を見極めた発言ができるようになります。

論理的思考力が身につくと、筋が通る話し方ができるので、話がわかりやすくなります。

説得力が向上するため、相手から同意や納得を得られやすくなります。

ぜひ、論理的思考力を身につけていきましょう。

絶対必要な能力ではありませんが、人生を切り開く武器になるため、なるべく身につけておくほうがいい能力です。

生活の中で自然と身につくこともありますが、積極的に心がけたほうが早く向上します。

論理的思考力は、日常生活を通して鍛えていける能力です。

論理的思考力に関する本を読んで、筋道が通った話し方の基本を学ぶのもいいでしょう。

本を読めば、論理的思考に関する知識や思考法を効率よく学べます。

ただし、本を読むだけで満足してはいけません。

論理的思考力は、スポーツと似ているところがあります。

本を読むだけで身につくことではありません。

経験と実践を積み重ねていくことで、能力が高めていけます。

知識を得るだけで終わらせず、普段の生活を通して、論理的に考える機会を作っていくことが大切です。

論理的思考力を鍛えるきっかけは、シンプルです。

普段から素朴なことに疑問を持って、理由を考えることから始めるだけで十分です。

たとえば、時事ニュースです。

テレビや新聞で時事ニュースを見聞きしたとき「なぜだろう」と疑問を持って、自分なりに理由を考えてみることが大切です。

すぐ人に正解を聞くのではなく、最初はじっくり自分の頭で考えることが大切です。

早く結論を出すことより、時間がかかってもいいので、正しい結論を出すことに集中しましょう。

自分なりの結論が出るまで考え抜く経験を積み重ねていくうちに、論理的な考え方と話し方が身についていきます。

論理的思考力は、一晩で身につくことではなく、長い時間がかかります。

情報の価値を見抜く。

現象と本質を見極める。

事実と事実以外を区別する。

「結論が出るまで考え抜く」という経験を積み重ねていくことで、論理的思考力を身につけていけます。

賢い人になる方法(5)
  • 素朴なことに疑問を持ち、理由を考える経験を通して、論理的思考力を身につけていく。
速く考えることは後回しでいい。
最初は深く考えることに集中する。

賢い人になる30の方法
賢い人になる30の方法

  1. 賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
    賢い人とは、勉強ができる人のことではない。
  2. 賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
    賢くなるためには、まず知識がなければ始まらない。
  3. 賢い人は、知恵を身につけている。
    賢い人は、知恵を身につけている。
  4. 賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
    賢くなるために必要なのは、知識より、知識を操る力。
  5. 賢い人は、論理的思考力を身につけている。
    賢い人は、論理的思考力を身につけている。
  6. 速く考えることは後回しでいい。<br>最初は深く考えることに集中する。
    速く考えることは後回しでいい。
    最初は深く考えることに集中する。
  7. 普段から深く考える習慣をつけておこう。
    普段から深く考える習慣をつけておこう。
  8. 感情は、思考と判断の大敵。<br>常に理性を大事にする。
    感情は、思考と判断の大敵。
    常に理性を大事にする。
  9. 余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
    余裕と落ち着きは、冷静な思考の土台となるもの。
  10. 賢くなるには、素直が欠かせない。
    賢くなるには、素直が欠かせない。
  11. 目先の損得に惑わされない。<br>長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
    目先の損得に惑わされない。
    長期的な損得を考えて行動する習慣を持つ。
  12. 賢くなるために大切な3つのポイント。<br>遊び心、発想力、想像力。
    賢くなるために大切な3つのポイント。
    遊び心、発想力、想像力。
  13. 賢い人には、本質を考える習慣がある。
    賢い人には、本質を考える習慣がある。
  14. 本質を考える力は、たった一言で強化できる。<br>「本当に大切なことは何だろうか」
    本質を考える力は、たった一言で強化できる。
    「本当に大切なことは何だろうか」
  15. 良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
    良い面と悪い面の両方を確認する習慣をつける。
  16. 段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
    段取りと優先順位を徹底することが、賢くなるための必要条件。
  17. 目的と手段がすり替わっていないか。
    目的と手段がすり替わっていないか。
  18. 賢い人は、好奇心を大切にする。
    賢い人は、好奇心を大切にする。
  19. 古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
    古いものに執着せず、新しいものも取り入れる。
  20. 自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
    自分を知ることも、賢くなるために必要な勉強の1つ。
  21. 食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
    食事・運動・睡眠を通して、賢くなる。
  22. 瞑想をするだけで賢くなれる。
    瞑想をするだけで賢くなれる。
  23. さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
    さまざまな経験を積むことで、賢くなっていける。
  24. 新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
    新しい挑戦を「新しい成長」と言い換えると、勇気が出る。
  25. 雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
    雰囲気に合わせても、流されてはいけない。
  26. 賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
    賢そうな雰囲気を出す4つのポイント。
  27. 相談をためらっているうちは、賢くなれない。
    相談をためらっているうちは、賢くなれない。
  28. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    壁にぶち当たってからが、本当の始まり。
  29. 賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
    賢い人になっても、偉そうな人になってはいけない。
  30. 常に勉強。<br>一生勉強。
    常に勉強。
    一生勉強。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION